身近な絶景 2022年12月10日

池袋にある自販機12台の壁

自販機というと、1台とか2台で街のちょっとしたすき間にたたずんでいるイメージがある。

でも池袋には、そんな自販機が12台もならんでいる場所があったのでご紹介します。

シリーズ・身近な絶景
わざわざ言うほどでもないけどちょっと面白い景色、ついでのふりして人に見せたい景色を短く紹介する記事シリーズです。
記事一覧はこの記事の末にあります。

1984年岐阜県生まれ。変な設定や工作を用意して、その中でみんなでふざけてもらえるような遊びを日々考えています。嫁が世界一周旅行中。

前の記事:韓国の人気アレンジ!?混ぜておいしい袋やきそば ✕ 袋ラーメンをさがす

> 個人サイト 平日と休日のあいだ 嫁が世界一周旅行中の旦那

それは池袋の西口。駅を出てすぐの五差路を右にまがると、

自販機の壁_1.jpg

自販機の壁_2.JPG
壁だ!

自販機が12台、壁のようにならんでいるのだ。

映画を観にいこうと少し急いでいた足が思わず止まった。普段はあまり気にとめない自販機だけど、12台も並ぶとすごい存在感だ。

しかもV字型に整列していて、戦隊ヒーローのようなかっこよさもある。

自販機の壁_3.JPG
「君も仲間に入らないか?」と語りかけてきそうなキリっとした面がまえ。
自販機の壁_4.JPG
さらに夜になると、用がなくても立ちよりたくなるほどトロピカルな雰囲気に。

壁の裏はどうなってる?

でも、どうしてこうなったのだろう。

自販機の壁_5.jpg

よく見ると、12台の自販機は6つのメーカーがきれいに2台ずつ分けあっていた。各社が競って設置したというよりは、なにかしらの計画性を感じる。

自治体が特定の業種の企業をたくさん誘致する経済特区というものがあるが、それとおなじように、なにか目的がある「自販機特区」として各メーカーが招かれたのだろうか。

自販機の壁_6.JPG

そう思って少しはなれてみると、この壁は何かを目隠ししているようにも見える。

見せたくないものがあるのかもしれない。そう思い裏側にまわってみると、

自販機の壁_7.JPG

そこにあったのはレンタルキックボードのステーション。いたって健全で笑ってしまった。

自販機の壁_8.JPG
もっと機械がむき出しになっているかと思っていた自販機の背中は真っ白でつるんとしていた。壁がホワイトボードになっている会議室のよう。
いったん広告です

ソフトドリンクの百貨店

そしてこの自販機コーナー、12台もあるうえに同じメーカーでも台によってラインナップが違うので、えらべる飲みものの数がめちゃくちゃ多くて楽しい。

自販機の壁_9.jpg
同じサントリーでもCCレモンは左だけ、ペプシは右だけとちょっとした間違いさがしのよう。

数えてみたら、ぜんぶで224種類の飲みものが集まっていた。

自販機の壁_10.jpg
いちばん種類が多かったのはコーヒーの65種類。これはもうオールスターだ!
自販機の壁_11.jpg
この季節にうれしいコーンポタージュも4種類から選べる。幸せ…

自販機にいったけどいまいち飲みたいものがないということが時々あるが、これだけの種類があればそんなこととは無縁。もはやソフトドリンクの百貨店だ。

池袋には、東武・西武につづく3つ目の百貨店があったのでした。

自販機の壁_12.jpg
さすがの東武百貨店でも「さつまいもオレ」は売ってないでしょ

 身近な絶景 

友達と歩いてるときに「ねえここの電柱珍しくない?」って見せるような、よく見るとおもしろい景色をとりあげます。あえて「絶景」と呼んでみました。

2022年のゴールデンウイークに集中的に集めて、そのあとは少しずつ追加しています。

 

11/6

9/25

8/28

4/29

4/30

5/1

5/2

5/3

5/4

5/5

▽デイリーポータルZトップへ

banner.jpg

 

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ