2022年ゴールデンウィークとくべつ企画 身近な絶景 2022年4月30日

渋谷道玄坂にある新大宗ビルは平行移動で階が変わる

渋谷区道玄坂エリアの再開発により、2023年から取り壊しが予定されている新大宗ビル。
古い建物ながら飲食店や企業オフィス、イベントスペースなどで賑わうこのビルは、「5階に居たはずが4階にいる」という現象が起こります。

こちらは2022年のゴールデンウイーク「身近な絶景」特集の1本です。
わざわざ行くほどではないけど、友だちと通りかかったら紹介したい。そんな絶景ってほどではない乙な景色を掘り出します。一覧は記事末尾に。

愛知県出身、東京都在住のデザイナー。イラストを描き、写真撮影をして日々を過ごす。
最近は演劇の勉強に熱中。大きなエビフライが好き。

前の記事:手作りのプレゼントをテイクアウト容器で軽くする

> 個人サイト 梅ログ

外観からはわからない

理由はふたつ。複数のビルが連結していること。
そしてそれらは坂の上に建てられているから。

b2.jpg
よく見ると立体駐車場とビルが合体している

さらにこのビル内には、思ってもみない場所に出たり、行き止まりに突き当たる通路が存在する。

b1.jpg
2階から4階までしか止まらないエレベーター。この建物は12階建てである。
b3.jpg
立体駐車場エリアから、通れそうで通れない通行止めの道。

内装に大きな差は無いうえに、入り組んだ構造となっているので、空間認識能力が試されます。

 2022GW特集! 身近な絶景 

 企画のご説明 

4/29

4/30

5/1

5/2

5/3

5/4

5/5

▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ