2022年ゴールデンウィークとくべつ企画 身近な絶景 2022年5月4日

蓼科、白樺高原の忘れられない急な応接室

数年前、コロナ禍に入るぎりぎり前の夏休みに長野県の蓼科に行った。

そこで見た急な応接室のことは、今でも夢じゃないかと思い出す。

 

こちらは2022年のゴールデンウイーク「身近な絶景」特集の1本です。
わざわざ行くほどではないけど、友だちと通りかかったら紹介したい。そんな絶景ってほどではない乙な景色を掘り出します。一覧は記事末尾に。

1979年東京生まれ、神奈川、埼玉育ち、東京在住。Web制作をしたり小さなバーで主に生ビールを出したりしていたが、流れ流れてデイリーポータルZの編集部員に。趣味はEDMとFX。(動画インタビュー)

前の記事:世田谷区の歩道でうさぎとかめが競争していました

> 個人サイト まばたきをする体 Twitter @eatmorecakes

蓼科牧場ゴンドラリフトというやつに乗ったんだ

高原の避暑地というのがそもそもそういうものなのかもしれないが、蓼科にはやたらにロープウェイやゴンドラがあった。

車でふもと(といってもその時点ですでに標高は高い)まで行くとロープづたいにさらにその上まで乗せていってもらえる。

一気に標高が上がって降りるとぐっと寒いのがおもしろい。 

蓼科牧場ゴンドラリフトもそのひとつで、ビーナスラインというドライブ道の途中にあった。 

IMG_3457.jpg
ころころしてかわいいゴンドラ

そもそもは頂上にある御泉水自然園の原生林がすごいぞと噂に聞いて、そちらに興味があって乗たのだ。

IMG_3449.JPG
御泉水自然園、これもこれでだいぶ夢っぽい
IMG_3442.JPG
心理クイズの世界観

実際めちゃくちゃかっこよくて大興奮だったのだが、それにも勝る勢いが応接室にはあった。

大眺望にたたずむ応接室

top.jpg
どういうこと?????

まず言って、大眺望である。本企画の趣旨「身近な絶景」に反する、これは「普通に絶景」だ。

雲がかかってはいるが、向こうには北アルプス、手前には女神湖。長野が本気出したときの、静寂とクールさを感じさせる完璧な景色だと思う。

しかし、しかしなんだ。そこに、しっかりとした応接セットがあるんだ。

IMG_3421.jpg
よく見ると、皮張りなどではない野外で使えるタイプのセットだとは分かるが、それにしても応接しているぞこれは

老舗の企業にあるタイプのやつだ。「会議室」ではない、「応接室」の方の調度である。椅子にかければもはや茶たくに乗ったお茶、待ったなしである。

壮大雄大な景色に合わせ、目を閉じればふしぎとかかげられた社訓や先代社長の肖像、壺(油絵、生けた洋花でも良い)が見えてくる。

「女神のテラス1830」というスポットです

こちらは2018年にオープンした女神のテラス1830という名前のスポットだそうだ。1830というのは、標高1830mの意味である。

応接セットだ応接セットだと騒いだが、ハンモックなどもあり景色を眺めながらゆっくりくつろいで楽しんでいる方々がたくさんいた。

晴れの日には日よけのパラソルも出るそうで、こんな贅沢なことはない。

IMG_3410.JPG
それでもやっぱりこの、狭い応接間から急にテレポーテーションしてきた感じはすごい、かっこいい

何よりも、こうして記事を書くためにあれは何だったのか調べ、今も元気に人気の観光スポットとして存在しているのを知れて良かった。

夢ではなかったのだ。

 身近な絶景 

友達と歩いてるときに「ねえここの電柱珍しくない?」って見せるような、よく見るとおもしろい景色をとりあげます。あえて「絶景」と呼んでみました。

2022年のゴールデンウイークに集中的に集めて、そのあとは少しずつ追加しています。

 

11/6

9/25

8/28

4/29

4/30

5/1

5/2

5/3

5/4

5/5

▽デイリーポータルZトップへ

banner.jpg

 

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ