2022年ゴールデンウィークとくべつ企画 身近な絶景 2022年5月1日

仙台の名刹・輪王寺にひっそりとある「植樹ウーマン コノハ像」

仙台市青葉区に、伊達家ともゆかりの深い名刹・輪王寺がある。

禅寺らしい静謐な境内の片隅に、植樹ウーマンコノハ像はある。

 

こちらは2022年のゴールデンウイーク「身近な絶景」特集の1本です。
わざわざ行くほどではないけど、友だちと通りかかったら紹介したい。そんな絶景ってほどではない乙な景色を掘り出します。一覧は記事末尾に。

平成元年生まれ。令和から原始まで、古いものと新しいものが好き。

前の記事:水餃子inスープカレーはおいしくて白飯いらず

> 個人サイト 畳の夢

681F68CA-7AF0-4B98-9D00-7BEE370937E8.jpeg
庭園の美しさでも有名な輪王寺

仙台旅行でここの庭園を見に行ったのだが、まず驚いたのがその参道の雰囲気。

6C546EC3-8EF4-452C-9644-7F68FD6E6A0B.jpeg
山門を抜けると、仙台市街の喧騒が嘘のように静謐な空間が広がっている
5CF4579A-7572-4EDD-BC85-80D02A6D8B26.jpeg
そんな参道の脇道をのぞくと何やら大きなどんぐりが見えてきて…
3235630E-8E37-4A3B-9183-713CAE3F36E9.jpeg
植樹ウーマン・コノハの石像がたたずんでいる

この植樹ウーマン、B級スポット的な何かなのか…と反射的に思うも、像の完成度の高さと相まってむしろ敬虔な雰囲気が漂っている。

どういう気持ちで対峙すればよいか迷いつつも、これは真面目な像なのだ。

CA8C4066-0B3D-4F34-836E-51D17EAE7BFF.jpeg
地球温暖化を企てるオンダーン一族と闘う植樹ウーマンコノハ

輪王寺は2004年頃から土地本来の植生を取り戻す植樹活動を行っているらしく、参道の緑もその植樹活動の成果なのだそうだ。

そんな植樹活動のイメージキャラクターとしてできたのが植樹ウーマン、そして植樹マンである。仙台でエコ戦隊ショーなどを行い、子供に大人気だったそうだ。

(たぶん)公式の動画も上がっている。

 

今はひっそりと、輪王寺の参道脇にたたずんでいる。

 2022GW特集! 身近な絶景 

 企画のご説明 

4/29

4/30

5/1

5/2

5/3

5/4

5/5

▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ