2022年ゴールデンウィークとくべつ企画 身近な絶景 2022年5月1日

新木場の絶景遊歩道は船とヘリコプターと電車と飛行機がぜんぶ見られる

むかし新木場で働いていた。海沿いに長い遊歩道があって、そこでは船、ヘリコプター、電車、飛行機と4つの乗り物が全部見られる。そのうえ、のどかで最高のくつろぎスポットだ。

 

こちらは2022年のゴールデンウイーク「身近な絶景」特集の1本です。
わざわざ行くほどではないけど、友だちと通りかかったら紹介したい。そんな絶景ってほどではない乙な景色を掘り出します。一覧は記事末尾に。

インターネットユーザー。電子工作でオリジナルの処刑器具を作ったり、辺境の国の変わった音楽を集めたりしています。「技術力の低い人限定ロボコン(通称:ヘボコン)」主催者。1980年岐阜県生まれ。(動画インタビュー)

前の記事:ニュースでもよく見る、大手銀行の看板が一堂に会している場所が豊洲に

> 個人サイト nomoonwalk

遊歩道というか公園というか遊歩道というか

その場所の名前は、新木場緑地公園。タイトルに遊歩道と書いたが本当は公園らしい。でも公園にしては細すぎるし、長すぎる。実質、遊歩道だ。

幅は写真正面に写っている道と、その右側の道で全部。いっぽうで長さは1.5kmくらいある!

 写真左手側は海に面している。このオーシャンビューが絶景なのだ。のりもの的な意味で。

DSC03097.jpg
葛西方面に向かっての眺め。奥に見える観覧車は葛西臨海公園のもの

左に橋が見える。ここには首都高と、JRの線路が通っている。

ボーっと眺めていると京葉線と武蔵野線がやってくる

この海は荒川の河口でもあるので、頻繁に船が行きかう。

大きな荷台(?)を引いた船がゆっくり通っていく。

 この日は平日だったため荒川からくる「働く船」が少し通る程度だったが、休日はヨットやクルーザーがたくさんやってくる。夢の島マリーナが近いためだ。

空からは、飛行機や
ヘリコプターが頻繁にやってくる

 飛行機は羽田発着の便が頻繁に通る。ただちょっと遠くて、もっといい飛行機ビュースポットは他にあるだろう。
しかし特筆すべくはヘリコプター。すごい頻度&近さで頭上を通過していく。なぜなら…

すぐ隣にヘリポートがあるから!

オーシャンビューから180度振り返って逆方向を向くと、そこはヘリポートなのだ。消防ヘリから報道ヘリまで、いろんなヘリコプターの離発着を見ることができる。さらに公園内にはヘリポートを眺める用の特等席ベンチまで設置されている。

そしてダメ押しでこれ。

地下鉄の車両!

東京メトロの車両基地とも隣接しており、歩道橋でその上を渡ることもできる。

まさに船、ヘリコプター、電車、飛行機、すべてを満喫できる遊歩道だ。

ちなみに最寄り駅は新木場駅だが、けっこう距離があるうえに遊歩道自体も長いので、お出かけの際はレンタサイクルがおすすめだ。

 2022GW特集! 身近な絶景 

 企画のご説明 

4/29

4/30

5/1

5/2

5/3

5/4

5/5

▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ