2022年ゴールデンウィークとくべつ企画 身近な絶景 2022年5月2日

横浜、橋の下にある縦列駐車するしかない駐車場

自動車教習所で、縦列駐車に泣かされた人も多いのではないだろうか。

右に切り返し、左に切り返し、それでもどうにもならなくなって、「右から2本目のポールが見えたらハンドルを切る」と言われたりする。でも現実世界にはそんなポールはなく……。

あの苦労を思い出すと震え上がる、そんな市井の人々をパニックに陥れる駐車場が、横浜の平沼橋にある。

 

こちらは2022年のゴールデンウイーク「身近な絶景」特集の1本です。
わざわざ行くほどではないけど、友だちと通りかかったら紹介したい。そんな絶景ってほどではない乙な景色を掘り出します。一覧は記事末尾に。

1975年宮城県生まれ。元SEでフリーライターというインドア経歴だが、人前でしゃべる場面で緊張しない生態を持つ。主な賞罰はケータイ大喜利レジェンド。路線図が好き。(動画インタビュー)

前の記事:新横浜駅直結!新幹線を降りて2分で横丁

> 個人サイト 右脳TV

運転する人は想像すると震える絶景

場所は相模鉄道の平沼橋駅そば。

ここに相模鉄道の線路をまたぐように架けられた、「平沼一之橋」という道路橋がある。

2022-04-19 14.13.29.jpg
こちらが平沼一之橋。両側に脇道がありますよね。

現場はこの脇道に入った先、道路橋の真下にある。

2022-04-19 14.15.55.jpg
こうなってるんです。

橋を支える柱が建つスペースが、縦1台ぶんの駐車場になっているのだ。

2022-04-19 13.17.14.jpg
空いたスペースに違法駐車しているのではなく、ちゃんと駐車場として使われている。どうやら周辺の企業や病院に向けた、法人用の駐車場みたい。
2022-04-19 13.16.58.jpg
駐車スペースには番号と企業名が書いてる(ここは消えてるけど)​​​​

 駐車スペースに番号が振ってあるということは、「駐めやすいところに駐めていいよ」というわけではない。「あなたは○番ね」と決まっているわけで……。

2022-04-19 13.16.12.jpg
これくらい空いていて、場所が端っこなら、先端からヒュッと入れば駐車できるけど……
2022-04-19 13.17.37.jpg
こうやってつながってるところの真ん中に駐める、となったらプレッシャーがすごい。

この駐車場、両側を道路に挟まれているので、枠からはみ出ないようピッタリ納めないといけない。

かといって何度も切り返して調整すると、通行の邪魔になってしまうだろう。

急がなければと思えば思うほど、どんどん我を失い、車も変な方向に曲がちゃったりして……。

頭の中でシミュレーションするだけで緊張する、そんな絶景であった。

2022-04-19 13.16.38.jpg
運転をしない方にはピンとこない絶景ですみません。

 2022GW特集! 身近な絶景 

 企画のご説明 

4/29

4/30

5/1

5/2

5/3

5/4

5/5

▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ