年末年始とくべつ企画 2021年12月31日

ライターが選ぶ、「この記事はすごかった」年間ベスト

大みそかにこんにちは、編集部 石川です。

ミュージシャンズ・ミュージシャンという言葉があります。音楽のプロである同業者からとても人気のあるミュージシャンのことです。

ライターズ・ライターという言葉は聞いたことがありませんが、ライターの中で特に評判のいい記事というのは実際に存在します。しかも世の中でウケたかどうかとは無関係に。

この記事では、ライターが選ぶ「デイリーポータルZ今年のベストセレクション」、挙げてもらいました。

執筆ライターの自薦による「俺の記事ベスト」もあわせてどうぞ

インターネットにラブとコメディを振りまく、たのしいよみものサイトです。

前の記事:2021年 俺が書いた今年のベスト記事

> 個人サイト デイリーポータルZ

今年の神記事

ライター陣より最も多くのリスペクトを集めたのは、伊藤さんのこの記事。当時、入稿を受け取った編集部内も騒然としました。まさに今年の神記事といってもいいでしょう。

マリトッツォを投げたい!(伊藤健史)

Thumbnail
先の見えないコロナ禍で僕たちの心は鬱屈に支配されている。そこに一陣のハッピーでピースな風を吹き込んだのがマリトッツォだ。そこで思いっきりミット目がけて投げ込みたくなるではないか。
地面でバウンドするマリトッツォが最高によかったです!撮影用にGo proを買ったのも気合の入れ方が違うな。と見習いたいと思いました。(ぬっきぃ)
なんだかすごい熱を帯びて始まり、工作もうまくいっており言っていること全てに説得力がありました。〝コロナ禍の後に分断された我々を再びつなぎ止めるのは皆の間を回転しながら飛ぶマリトッツォかもしれない〟で終わるのですが「そうだな」と思いました。(トルー)
「蹴」と書かれた帽子を被って、投げ合っているのがマリトッツォ。筆が乗りまくっている文章で、どの部分を切り取っても最高の記事でした。シリコンコーキングでマリトッツォのクリーム部分を作るのもすごい発明です。(斎藤公輔)
既に何人も挙げられているのでどうしようかなと思ったのですが、やっぱりこの記事は挙げないとだめだ!と思わされる記事でした。伊藤さんの文章がうなっていて最高です。(爲房新太朗)

 

 

今年の記事王

神の次は王かな…ということで今年の記事王は、マリトッツォについで推薦を集めたべつやくさんのこの記事に決定です。我が王国の王はロリータです。

 

ロリータになりたかった(べつやくれい)

Thumbnail
着たい服を着てきた人生だったが、ロリータ系の服だけは着なかった。似合うとか似合わないではなく、未練を残さないために着ておこうではないか。
やりたいことをするというサイトの魂が出た記事でした。おもしろと今の考え方を両立させていて誇らしいです。(林雄司)
自らやるタイプのおもしろレポートと老いについての道が拓けた記事。今後何十年かの大きなマイルストーンとなるのでは。(大北栄人)
ロリータとやさぐれのギャップ。「こうなりたかった」になった直後の「誰だこれ。」に吹きだしました。(つりばんど岡村)

 

今年のスゴ記事

ここから先は票がかなり割れました。続いて2人の推薦者が推薦してくれた記事。全部で9本のスゴ記事をご紹介します。いずれも劣らぬ名作/衝撃作です。

 

ティラノサウルスもろくろを回しがち(べつやくれい)

Thumbnail
インタビューを受けている人はろくろを回しているような手付きをしてしまう。これは人に限った話ではない。
獰猛なティラノサウルスのイメージを一変させてしまう強度を放っている。本当に陶芸しているティラノに笑いながらもおそろしい写真じゃと思いました。(伊藤健史)
中盤からティラノサウルスがデイリーポータルZの記事を書く、というメタ的な展開が新鮮かつかわいくて印象的でした(北向ハナウタ)

 

 

ニットで編んでもトゲの服は怖い(ナミノリ)

Thumbnail
パンクロックが好きで、トゲの服がもっと親しみやすくなったらいいなと思う。今回は「怖い印象を与えない、やさしいのトゲの服」を作ろう!
”ピカソの青の時代みたいな感じで、ほその時代である。”
文章力にうなった記事。ナミノリさんが毎回てらいなく「良いものができた!」と披露するのとても気持ちがいいなと思います(北向ハナウタ)
「乳がいっぱいあるヤマンバ」の言い回しがぐっと来ました。(3yk)

 

 

しゃっくり専門の病院「しゃっくり外来」に行ってきた (高瀬雄一郎)

Thumbnail
しゃっくりが多い体質で、ひどいときは5日間ぐらい止まらない。この度、しゃっくりを専門に扱う病院「しゃっくり外来」というものがあることを知り、行ってきた。
しゃっくりが止まらないという共感できないレア症例なのに、解決の糸口を見つけてからの展開にぐいぐい引き込まれ、結診のパートでは自分自身の悩みが解消されたかのような不思議で爽快な読後感でした。(拙攻)
高瀬さんほどではないのですが私も頻発するしゃっくりに悩んでいて興味津々で読みました。しゃっくりひどい人ってこんなに大変なのかと思い、しゃっくり外来がある驚きと原因に気づけた安心で奇跡体験アンビリーバボーを見終えたような読後感で心がすっきりしてよかったです!(ナミノリ)

 

 

疾走!人生ゲームの車!(爲房新太朗)

Thumbnail
人生ゲームでは、プレイヤーは車をコマとしてマス目を進んでいく。この人生ゲームの車を走らせてみた。
ありそうでなかった。やられた!と思いました。ラジコン化した「人生ゲームの車」に対し「今日は狭い盤面の上を走らなくていいんだよ。」のキャプションが和みました。(ほり)
絶対笑いながら工作してたと思う。楽しそうで、読んでるこっちも楽しくなれて最高でした。(つりばんど岡村)

 

 

たまには私のクッキーも受け入れてほしい(大北栄人)

Thumbnail
私たちは日々クッキーを受け入れているが、一度受け入れてもらう側の気持ちになってみた。
着眼点が流石でした。まさに気を抜くと見逃しがちな日常の切り取りという感じで、なんだか身が引き締まるような思いでした(りばすと)
Webサイトの「クッキーを受け入れる」だけでこんなにも発想を膨らませ面白くできるのかと大変感動ししました。(ほり)

 

 

はじめてのオフショルダー(トル―)

Thumbnail
オフショルダーという服がよく分からない。肩だけを出すことにどんな効果があるというのだろう。分からなければ着てみればいいのだ。はじめてのオフショルダーである。
言葉にしてこなかった「なんかあるなあれ」が見えた好例。「華奢さが際立つ」という効果の仮説で納得できたのもよかった。(大北栄人)
勇気の記事でした(江ノ島茂道)

 

 

カップ焼きそばを夏祭りの焼きそばにして食べる(トルー)

Thumbnail
夏祭りが無くてやはり寂しい。あれは、何がそんなに良かったのだろう。考えてみると『カシャカシャした入れ物に焼きそばをパンパンに入れて外で食べること』であるような気がしてきた。
最高だ!自分もやりたい!とシンプルに思わされる記事でした。短い記事の理想形ってこういう記事なんだなと思っちゃいました。(爲房新太朗)
焼きそばの入れ物を透明の容器にする、そのうえでパンパンに詰め込む。たったこれだけで夏祭り感満載。シンプルでエモおもしろくて最高。(つりばんど岡村)

 

 

謎の大物になってパンダカーに乗る(つりばんど岡村)

Thumbnail
おじさんだってパンダカーには乗りたいし、クレープ屋さんにも行きたい。何ごとにも動じない人になれば行けるんじゃないだろうか。
つりばんど岡村さんの登場は2021年の事件だったと思います。あまりのインパクトとバカバカしさは、私たちが忘れかけていたものを思い出させてくれました。(井上マサキ)
没入感があり、つりばんど岡村さんと一緒に汗をかきながら撮影している気持ちになりました。パンダカーに乗っている様子が最高で、フィギュアになったらなーとか思っています。(トルー)

 

 

網戸越しに景色を撮ると自分ちの庭みたいに見える(斎藤公輔)

Thumbnail
家の中から外を見るとき、私たちは網戸越しに景色を眺めている。ということは……網戸を通せば、どんな場所でも家の中から見ているような錯覚が起きるのではないか。
偉大な気付き。たしかにそう、だからどうなんだ。という私達の生活には未だ知られざる宝石のようなアイデアが落ちていることに気づく(大北栄人)
シンプルな着眼点を掘り下げていく知的冒険の過程が楽しくて、読む人に「自分も見つけたいし、書きたい」というモチベーションを与えてくれる記事ではないでしょうか。こういう記事を書けるようになりたい。(伊藤健史)

 

 

腕ひねり上げられる夏(大北栄人)

Thumbnail
悪いやつが腕をひねり上げられる。われわれが見たいのはそんなシーンなのではないか。
「明日のアー」の大北栄人が夏を描いてしまった。自意識は暴走し、関節は悲鳴を上げ眼鏡は曇る。これが夏でなくて何なのでしょうか。(伊藤健史)
あるあるからなしなしへ、どんどん暴走する大北ワールドがたまりません。(つりばんど岡村)

 

 

チーバくんばっかずるい! 都道府県キャラクターを考える会(北向ハナウタ)

Thumbnail
チーバくんは千葉県の地形を世に知らしめた。そこで千葉県以外のシルエットから新たなキャラクターを作ってみたい。
ハナウタさんと中島先生の掛け合いも面白いし、ハナウタさんのイラストがかわいいしでめちゃ最高でした。どうかしているゆるキャラが急に出てくるのが良かったです。(爲房新太朗)
いろいろな動物がでてきて楽しいです。無理矢理なチョイスを押し通すために大真面目にあれこれ理屈をこね出すあたりが読んでいておもしろかったです。(こーだい)

 

 

ヘリコプターで逃げ去りたい(つりばんど岡村)

Thumbnail
ヘリコプターで大空のはるか彼方へ逃げ去るシーンを撮影してみたい。安全、かつリーズナブルに撮影できる方法を考えた。
やや強引でできてない面白さだと思われているつりばんど岡村さんが世間の誰もが認めるアイデアをぶつけてきた記事。天才の登場に世間は震えるべき。(林雄司)
すごい!発明だ!と思いました。誰もが憧れるシーンを忠実に再現できていて大変羨ましかったです(りばすと)

 

 

今年のスーパーベスト

ここから先は誰かしらの琴線に引っかかった記事、怒涛の80本超の大連発!

端から見ていくもよし、宝探し感覚でざざっと流し見ていくもよしです。ブックマークしておいてお正月にゴロゴロしながら見るのにも最高のラインナップです。

 

まち外れのトタン小屋がみる夢〜オールド・ニュータウン「ゆめみ野」の夢心地調査〜(3yk)

Thumbnail
埼玉県にゆめみ野というニュータウンがあるらしい。街並みや人々の姿に夢心地度が現れていないかと訪れたところ、まちのはずれで夢を見続けるトタン小屋に出会った。
いろんな夢の形があるなと思いました。(玉置標本)

 

 

割れせんべいでカードゲームができた(トルー)

Thumbnail
手間を掛けて作られる割れせんべい。これはカードゲームにならないだろうか。
せんべいをわざわざ割ることに意義を見出そうとしてる姿勢が素敵です。ゲーム説明もしっかりしていて納得感があり、「たしかにこんなゲームもありだなぁ」と思ってしまう謎の説得力がある記事でした。(斎藤公輔)

 

 

定食の皿になりたいんだ(ネッシーあやこ)

Thumbnail
とんかつで顔を覆いたいを思って、5年前に自作した。今年はマスクとしてとんかつを活用してみました。
おいしいものが好きな人が見る夢。ネッシーさんがほんわりいつもの雰囲気のまま、とんでもない方向に邁進していくのですがその無垢な力強さが素晴らしかったです。(3yk)

 

 

建造物に植物があると街になじむ(大北栄人)

Thumbnail
ミヤシタパークのツタ、上だけ枯れている木の原因、街路樹1本の値段、ツツジのメンテナンスが忙しい時期、木を枯らすキノコ、そして本物の根回しとは。街の木を見る目が変わります。
長い記事なんですけど、短文を重ねて作ってあるので読みやすかったです。前編も後編もおもしろかったし、渋谷行くたびにキノコの生えた木の様子をチェックするようになりました。(まいしろ)

 

 

仮装通貨の詐欺にあって30万円損した話(藤原浩一)

Thumbnail
僭越ながら、うっかりおもしろ半分で仮想通貨詐欺にあって30万円ほどやられてしまったので、その経緯を話したい。
淡々と詐欺に引っかかってゆくのを眺めるしかないもどかしさに、読んでいるこちらもなぜか罪悪感が湧きました。(ジーン)

 

 

うちの近所に原さんが多すぎる理由を探った(ほり)

Thumbnail
特定の地域に同じ姓の家が偏っていることがある。たとえば私の近所には原さんが多く住んでいるのだが、理由を調べたところ意外な事実が分かって面白かった。
調べる系記事の醍醐味である、芋づる式に事実が出てくる展開が最高。最後に原家4百年の歴史という本が出てきてこれぞすぎて笑った。(大北栄人)

 

 

ゴールデン☆ベストが出したい(つりばんど岡村)

Thumbnail
歌手でもなく、一曲もレコードを出したことがないがベストアルバムを出したい。自分で作ることにした。
自分も出したい!という気分にしかなりませんでした。うらやましさしかないです.店に置いてもらえたのは本当にすごい(お願いできる勇気も!)(べつやくれい)

 

 

カッコいい!かわいい!野暮ったい!農業用トラクターを愛でる(拙攻)

Thumbnail
農業に使われるトラクターは、いかめしいメカをギュッと押し込んだ細身のボディに、でかくてゴツいタイヤ。まさに質実剛健。だけど見る人が見れば、キュートな魅力にあふれた乗り物でもあるらしい。
丸いライトのついた乗り物が好きなのでトラクターのかわいらしさに終始悶絶しながら読みました。なにか一つのものを収集し続けている趣味人は偉大ですね。(こーだい)

 

 

東京タワーを上から下までぜんぶ見る(三土たつお)

Thumbnail
東京タワーみたいに縦に長いものを、縦スクロールしながらずーっと見たら楽しいんじゃないだろうか。
縦スクロールを活かした記事を書きたいな~という気持ちだけ持て余していたなかで、12月の三土さんの記事を読んで「こういうことか…!」と膝を打ちました(北向ハナウタ)

 

 

商品開発の「これだ!」感だけ味わいたい(大北栄人)

Thumbnail
新商品の開発中、味を調整していって「これだ!」となる瞬間があると思う。そこだけを体験できないか。
本当に楽しそうですし実際こんな感じなのか?と錯覚もしました。すごく混ざりたくなる記事でした。(よざひかる)

 

 

テントを建てても打ち立てよう定礎ペグ(小堀友樹)

Thumbnail
建物を建てた喜びに大きいも小さいもない。何を建てる時にだって定礎を設置してもいいのだ。テントを固定するための道具であるペグを定礎仕様にした。
工作記事を読んで、すごいなあおもしろいなあと思うことはよくありますが、これほど「欲しい!!!」と思うことはありませんでした。「定礎ーっ!」の叫びが本当に最高です(拙攻)

 

 

酒盗をあてに酒を飲むと止まらない(りばすと)

Thumbnail
酒を盗むと書いて酒盗。食べ物が酒を盗むことなんてないだろうと思われるかもしれないが、この食べ物、酒を盗むのである。
しょうもないことを一生真面目に言い続けてほしいとしみじみ思った一作です。「日本酒は『酒盗まれ盗まれ』になってしまう。」じゃあないんだよ(3yk)

 

 

保育士さんから聞く「子供の悪口」のはなし(米田梅子)

Thumbnail
子供時代の悪口を振り返ってみると、子供らしい想像力やユーモアのかたまりだった気がする。今こそ「子供が言う悪口」が聞きたい。
ちびっこ達が放つ、精一杯の悪口が無邪気で可愛い。またそれを見守る大人たちの優しさにほっこりさせられました。(つりばんど岡村)

 

 

サスペンスドラマ終了間際の茶番劇が至高(ヨシダプロ)

Thumbnail
2時間もののサスペンスドラマは終了間際にちょっとしたギャグ劇が展開されがちで、これがグッと来る。まとめて大紹介してみたいと思うッ!
よくこんなの調べてくるなという狂気の調査記事。知りたいけど絶対見るのかったるいはず。おかげでどうでもよさの至高を味わえました。(大北栄人)

 

 

ピースが米粒より小さい!詳しすぎる『地図パズル』がすごい(西村まさゆき)

Thumbnail
最近、SNSなどで市町村レベルの細かい地図パズルをなんどか見かけることがあった。細かい町丁目もかなり正確に再現されている地図パズルだ。これはいったいなんなのか?
地図に興味のない私も読んでいて、この味のある細かい地図はほしくなりました。小栗さんがまた面白い人だし、詳しい人同士の会話は読んでいてどんどん引き込まれました。(つりばんど岡村)

 

 

もらったステッカーはビニール傘の柄に貼っとけば間違いない(パリッコ)

Thumbnail
もらったステッカーに困っていませんか。もう大丈夫。ぜ〜んぶ、ビニール傘の柄に貼っとけば間違いありません!
「ステッカーって嬉しいけど持て余す」と「ビニール傘って他の人のと分からなくなる」。しょっちゅう感じる2つのプチ困りごとがこんなにもマネしてみたくなるやり方で解決されて爽快でした。(高瀬雄一郎)

 

 

スタバの新規オープン「1番目の客」になりたい(小堺丸子)

Thumbnail
近所にスタバが新しくオープンするらしい。1人目のお客になりたくて早起きして行ってみたらそこにはドラマがありました。
どんな分野にでも熱中してる人がいて、その人たちが満を持して集まるのが新規オープンの店とは、相当にドラマチックです。自分が見えてなかった世界を見せてもらえて、ありがたい気持ちになりました。(斎藤公輔)

 

 

SPACE PONG PONG(荻原貴明)

Thumbnail
バウンドする球を打ち返しながら宇宙船を操作するマルチタスクゲーム。クリハラタカシさん考案です。
「……難しいぞこれ」と分かった瞬間に吹き出すタイプの笑いがあるなと気付かされたゲーム。チープな作りで難解なのが笑える。(大北栄人)

 

 

サッカーTシャツに花冠を被ると学祭みたい(ジーン)

Thumbnail
学祭どきの高校生もサッカーのユニフォームを着ている。切ることで学祭どきの高校生気分だって味わえるのだ。
記事のアイデアを聞いたときに全然分からなかったのですが、若い読者からの共感がありました。今後は自分のわからない話を書いてもらおう。そう決めた記念碑的な記事。(林雄司)

 

 

ズレるメガネ(つりばんど岡村)

Thumbnail
人はメガネがズレると愛嬌のある顔になる。もっとメガネがズレた人が増えれば楽しい世界が広がるはずである。
工作のクオリティも、メガネがずれる際の表情も最高です。記事冒頭のイメージ図内の「よきところで」とても良いです。(ジーン)

 

 

母校の制服オリジナルリカちゃんを、当時の自分の着こなしにする(乙幡啓子)

Thumbnail
母校の「制服リカちゃん」が先日ついに届いた。ああこんな制服だったなと思う反面、自分の着こなしとちがうのでピンとこない。このリカちゃん、自分用にカスタマイズすればいいのかもしれない。
「全て合皮製の重いコート」「スピーディーというあだ名の体育教師」若き日の回想にキレキレのパンチラインが飛び交う。乙幡さんの工作クオリティは言わずもがなだが軽妙さの中に狂気を秘めた文章のすごさは事あるごとに言っていきたいです。(伊藤健史)

 

 

ファン付き作業服みたいな服からちっちゃい和菓子を出す(トルー)

Thumbnail
ファン付き作業服を着ている人かと思ったら、ファンのところからちっちゃい和菓子が出てきて人に配っていたらどうだろう。
確か公開日が暑い日で、仕事で外出している合間にに記事を読んで、暑くて変な夢を見たのかなと二度読み直したのを覚えています。意味のわからない記事ほどトル―さんの眼力が強くてその迫力にヒーヒー笑ってしまう。(3yk)

 

 

佐渡島の羽茂川に伝わる伝統鮎漁と鮎の石焼(玉置標本)

Thumbnail
佐渡島に伝わる伝統的な鮎漁を見学しにいったら、石焼という鮎をぎゅっと濃縮したみたいな美味い食べ物に出会いました。
鮎の石焼の意外すぎる見た目もさることながら、そこまでの道のりがものすごすぎて何度も目を見張りました。記事本文1枚目の写真のわけのわからなさは今年一番だと思います。(安藤昌教)

 

 

ゴムパッキンを犬として愛でる(月餅)

Thumbnail
大好きなマンガ「動物のお医者さん」に「犬の口にはゴムパッキンがついている」と主人公が言うシーンがある。
つぶらな瞳でこちらを見つめるかわいい黒柴写真の裏に秘められた狂気!真顔と冗談のあいまいな境目をふらふらする展開がエキサイティングでした。(伊藤健史)

 

 

ラーメンを食べるとちょっとやせる(江ノ島茂道)

Thumbnail
人は食べた分だけ太るのが道理のはず。それなのにラーメンを食べたらやせたので報告します。
読んでいて本当に「えっ!?」と声が出ました。タイトルや導入から、読む人全員が「そんなわけない」と思っていたであろうだけに衝撃的すぎて笑いました(りばすと)

 

 

おしゃれな手術着で会社に行ってもいいですか(3yk)

Thumbnail
おしゃれすぎる白衣屋さんがあると聞いた。手術着なども手掛けていて、社員の人たちも私服として愛用しているらしい。私服として手術服を…?!
3ykさんがどんどん女医さんに見えてくるのが最高でした。白い巨塔を見ているのかと思いました。スクラブの細かなところを知るのも楽しかったです。3ykさんの着こなしで、ほんとに普通に着ていいんだ!と思わせてくれる記事でした!(ナミノリ)

 

 

腕木通信で遊ぼう(斎藤公輔)

Thumbnail
1700年代後半から1800年代の中ごろにかけて、フランスを中心に利用された「腕木通信」という通信方法がある。見た目にも面白いこの腕木通信を、現代技術でよみがえらせてみた。
今年も圧倒的だった斎藤さんの工作。中でも腕木通信は自分の知らなかった通信手段と文化で、それを現代で再現させると言うワクワクが止まらない企画でした(北向ハナウタ)

 

 

温泉卵を焼いたら新しい卵料理になった(トルー)

Thumbnail
温泉卵を焼いたら色々な卵料理のキメラみたいなものができた。
温泉卵を焼く人、はじめて見ました(山田窓)

 

 

大喜利の正解を会議で決める(酒の穴)

Thumbnail
大喜利のまったくのド素人でも、時間をかけてじっくりと会議して答えを出せば、プロの「正解」に近づけるのか?やってみました。
笑点の大喜利をこんな風にして遊べるんだと驚きました。予想しているときがまた楽しそうなんですよね。私もやりたい!と思いました。(つりばんど岡村)

 

 

いつもの自分“じゃないほう”を選ぶご近所散歩(酒の穴)

Thumbnail
いつも乗らないバスに乗って行った先の店で、ふだんの自分ならば絶対に頼まないであろうメニューを頼んでみる。あえていつもの自分“じゃないほう”を選んで過ごした1日を語り合います。
これを読んで私もなにか違う道を選んでみようと、自販機で一風堂のラーメンスープを買いました。まだ飲んでいません。(玉置標本)

 

 

n番煎じのお茶の濃さをグラフにする(ほり)

Thumbnail
n番煎じという言葉がある。n番煎じのお茶って実際どれくらい薄いのだろう。測定してグラフにした。
ネットスラングから着想してカジュアルに始まっているのに、どんどん科学論文のようにまとまっていく流れ、とても好きです。(ジーン)

 

 

特定班出動!「無い地図」が示す場所を探せ(3yk)

Thumbnail
実際には存在しない場所の地図、あるいは地図ですらないものでも、地図好きの手にかかればある程度の土地柄が推定できてしまうのではないか。
そのへんの模様を地図っぽく加工しただけなのに地図マニアからどんどん意見が出てくるのが面白かったです。「無い」とは思えないぐらい、情報量が多かったです。(ほり)

 

 

無言でアレクサを操作できるリモコンを作ったよ(斎藤公輔)

Thumbnail
あまり喋りたくないので無言でアレクサを操作できるリモコンを作りました。
家電を操作するためのアレクサを操作するための音声リモコンという、圧倒的なまわりくどさが最高です。音声操作は便利そうに見えて面倒という気持ちもとても共感できました。(ほり)

 

 

もう、ものまねに真似は必要ない(つりばんど岡村)

Thumbnail
つりばんど岡村さんの記事は毎回発明が多すぎてどれを選んだらいいのか迷ってしまったのですが、その手があったか度合いが一番のこちらを。正直に言うとたまに思い出しては記事に出てくる動画を見返しています。(爲房新太朗)

 

 

セブン-イレブンの塩キャラメルモナカがかっこいい〜モナカアイス撮り比べ〜(伊藤健史)

Thumbnail
近所のコンビニでたまたま手にしたモナカアイスを袋から取り出し、モナカ皮のサーフェスを見つめた時、そのあまりの渋みに心を奪われた。モナカアイスとはかくも美しい物体だったのだ。
伊藤さんの記事は着眼点がすごすぎるので毎回驚嘆しているのですが、驚嘆度合いはこの記事が一番でした。モナカアイスをモノクロ撮影するなんて世界中で何人が思いつくんでしょう…。(爲房新太朗)

 

 

おばさん達のイチャイチャがエモい!『あさこ・梨乃の5万円旅』(プTV)(ヒロエトオル)

hiroe.jpg
広江さんのテレビ番組レビュー。蛭子さん、太川さんの「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」の女性版みたいな番組です!
シーンの切り取り方と、言葉の切れ味がとてつもないです。(拙攻)

 

 

家のトイレを居酒屋のトイレにする(唐沢むぎこ)

Thumbnail
自分の家のトイレを居酒屋のトイレみたいにして、オンライン飲み会をワンランクアップさせました。
自分でポスターを作ったりピースボートのポスターもらったり、度胸があります。アイデアと丁寧さ、勇気が全部あって嬉しくなりました。(林雄司)

 

 

なんでもスクラッチにする(爲房新太朗)

Thumbnail
コインで銀色の部分を削ると当たりが出てくるスクラッチを自作できることを知った。推理小説や契約書、表彰状の一部をスクラッチにしてみよう。
スクラッチでわかる身代金の額が「月々600円」だったのかなり笑いました。身代金のサブスク、いい言葉(北向ハナウタ)

 

 

コピー機に詰まった紙を愛でる(伊藤健史)

Thumbnail
コピー機がピーピーと警告音を発し、「紙詰まり」を示す。カバーを開け駆動部に詰まった紙を取り出す。そのシワの刻まれた紙は窯から焼き上がった工芸品のようである。
塩でお召し上がりくださいタイプのシンプルな素材を表現でおもしろく読ませていただく割烹みたいな記事。これで書けたら無限だ。(大北栄人)

 

 

ペットボトルのキャップにストローを刺すとアイドルの水(ジーン)

Thumbnail
アイドルや芸能人が飲んでいる水には、キャップにストローが刺さっている。それを作ってれば「アイドルのいる空間」にならないだろうか。
ワンアイデアなんだけどアイドルの水という題材がよすぎる。見えないアイドルが見えるという構図がむなしすぎて最高。(大北栄人)

 

 

たぶん日本一でかいカントリーサインを見に行く(西村まさゆき)

Thumbnail
東京都と埼玉県の県境に、異常なほどでかいカントリーサインがあるので見に行きつつ、実寸で模造紙に再現してみた。
日本一でかいカントリーサインが部屋の中でぐしゃあってなってる画が好きで好きで。見に行くというタイトルなのになぜか実物大を作り初めてしまう熱量のおかしさがたまりません。(3yk)

 

 

飲食禁止のアイコンはハンバーガーが多い(パスカ)

Thumbnail
飲食禁止のアイコンが、令和になってもずっとハンバーガーなのが気になったので、集めてみるついでにそのバリエーションなども調べました。
世の中が惰性で流れたものを鋭く掴み取る、熊が川でとったサーモンのようなきらめきを感じる記事。人間がうかうかしてると記事になる。(大北栄人)

 

 

「エリマキトカゲみたい」な服をカッコよく作りたい(ナミノリ)

Thumbnail
襟の大きな服を着て出かけた時、すれ違った人に「エリマキトカゲみたい。」と言われたことがある。エリマキトカゲの襟をクールに作れたら、前向きになれるかもしれない。
今年たくさんの服を作ってくれたナミノリさんが、一気にガチ度を上げてきた記事。すごいモード感なのに個人的な体験談から始まってるのも良いです。(石川大樹)

 

 

鏡の服でまちの色を着てみたい(ナミノリ)

Thumbnail
鏡ばりの服を作るのだ!それを着て歩けば、街や自然の色を着ることができる。春に咲く花も、夕陽の色も、夜の街のネオンも、ひとときの景色を身に纏えるのだ。
ナミノリさんの作ったものの素晴らしさは誰もが認めるところなので割愛するとして、文章のファンです。この記事だと静かな情景描写のあとに「鏡ばりの服を作るのだ!」と強い一文があってハッとします。こんなかわいいである体ないですよね。そのあとの文章も一文一文があちこちからやってくるような、不思議な魅力があります。(林雄司)

 

 

つばの大きな帽子で魅惑なセレブになりたい(ナミノリ)

Thumbnail
映画「SEX and the CITY」でお色気セレブのサマンサが、どでかい麦わら帽子をかぶっていた。つばの大きな帽子があれば魅惑なセレブになれるのだ。直径1メートルの大きさで作った。
ナミノリさんの記事は製作工程がどれもかっこよいんですが、この記事は出来上がったあとの外での撮影がおかしくてクオリティがすごいし笑っちゃうという二面性が良かったです。あと最後に欲しい人は連絡くださいと呼びかけで終わるのが衝撃的でした。(爲房新太朗)

 

 

一品しかないが旅館のご飯のように盛る(トルー)

Thumbnail
一品しか作っていないが、旅館のご飯のようなワクワク感が欲しい。一品を色んな皿に盛ろう。
今年からできた「短い記事」枠、トルーさんをさらに輝かせるフォーマットだと思います(北向ハナウタ)

 

 

重要文化的景観に見る日本各地の原風景(木村岳人)

Thumbnail
文化財保護法には「重要文化的景観」というカテゴリが存在する。全国に残る昔ながらの風景を保護するための制度であり、重文景に選定された地域をたどることで、日本各地の原風景を体感することができる。
100名城や国宝、特別史跡、重伝建などありとあらゆる文化財をほとんどコンプリートされている木村岳人さんの記事。この記事では、重要文化的景観という「風景」の文化財を紹介してるのですが、綺麗な写真の数々とともにその圧倒的取材量に震えます。(山田窓)

 

 

俺はホログラムになる(つりばんど岡村)

Thumbnail
存在しない物体をホログラムで存在するように見せられるのなら、もともと存在している私をホログラムのように見せることだって可能だ
3Dメガネをかけてジャンプする石油王とオーバーアクションなお友達の連続写真の部分が面白すぎてゲラゲラ笑いました。いつもGIFに余韻があるのも大好きです。(高瀬雄一郎)

 

 

ジャッキー・チェンが追い詰められそうな行き止まり(三土たつお)

Thumbnail
行き止まりに追い詰められて絶対絶命、みたいなシーンがあると思う。しかし実際にはそういう絶望感を煽るほどの行き止まりはなかなかない。なんとか探してみたい。
ジャッキー直撃世代としてうんうんと頷きながら読みました。またジャッキーの動き予想の部分は画が浮かんでくるようで楽しかったです。(つりばんど岡村)

 

 

英国有名レシピサイトの人気レシピなら、イギリス料理も美味しいのか(山田窓)

Thumbnail
「イギリス料理=まずい」というステレオタイプを打破したい。イギリス本国のレシピサイトの人気伝統料理レシピを作ってみた。
イギリスにホームステイしたときに豆と芋しか出なかったのでイギリス料理はまずいと思っており、「おいしいイギリス料理が食べたい」と思ったことがなくて新しい!と感じました。イギリスのクックパッドの解読も楽しかったです。窓さんの記事の丁寧さと写真のきれいさに毎回感動します。(ナミノリ)

 

 

春を迎えるカラフル米粉餅を愛でる(3yk)

Thumbnail
ひな祭りのひしもち以外にも、日本各所にたくさん、春を迎えるためにカラフルな米粉餅を作る行事がある。犬の形や鳥の形、花の形など、全国のカラフルかつかわいいお菓子を作ってみました。
今年も花見は難しいのかなと思っていたなか、この記事を見て「春が来るんだ」と穏やかな気持ちになれました。全部好きだけど、特に冒頭の文章が好きです。(ネッシーあやこ)

 

 

チャッカマンができるまでを、作った会社に聞いてきた(井上マサキ)

Thumbnail
夏の夜の花火に、おじいちゃんちの仏壇に、赤いボディと黒いノズルの「チャッカマン」がずっとある。いつどのようにしてできたんだろう。
何気なく使っていたチャッカマン。開発秘話から、多くの種類の紹介まで読み応えあり。まさかガッチャマンがネーミングのヒントになったとは驚きました。(つりばんど岡村)

 

 

ホテルでよく見るキーホルダーを挿すタイプのスイッチがある生活(斎藤公輔)

Thumbnail
ホテルの尾部屋の入口付近の壁に差込口があって、キーホルダーを挿さないと電気やエアコンがつかない仕組みになっていることがある。調べてみると普通に購入できることが分かったので、自宅に設置してみることにした。
逆ポーランド記法電卓、腕木通信、物につけるぜんまいと、斎藤さんの工作は今年もキレキレでしたが、これは電気工事士の資格が必要という他を寄せ付けないオンリーワンの工作記事でした。自作のホテルキーもかっこいい。(井上マサキ)

 

 

一人でイケてる三人組になりたい(3yk)

Thumbnail
「ズッコケ三人組」「映像研には手を出すな!」「Perfume」などなど三人組に惹かれる人生だ。わたしも三人組になりたい。
登場写真の、自信あふれるかっこよさにしびれました。「こうしたい」という欲求の方向性が圧倒的に意外なのも、誰とも相談しない、揉まれていない孤独が生むパワーを感じて良かった。(古賀及子)

 

 

まるでデフォルメされたバッタ、ヒシバッタの寸詰まりっぷりを愛でる(こーだい)

Thumbnail
バッタの中でもとくにお気に入りがヒシバッタだ。なぜならかわいいから!ヒシバッタのかわいらしさをもっと知ってほしい。
ヒシバッタ、そういえばあまり気にした事がなかったが、読めば読むほどその愛らしさに共感していく。足下にある面白さへの気づきと丹念な観察、「見る事」へのモチベーションをもらえる記事でした。(伊藤健史)


 

溶接マスクをして手持ち花火をしたら、溶接しているように見える(ぬっきぃ)

Thumbnail
溶接に憧れています。そこで考えました。溶接マスクをして手持ち花火をしたら溶接をしているように見えるのではないかと。
トップ画像でひとしきり笑いました。洗い物DJの記事もすごい良くて、トップ絵だけで「たしかに~!」と思ってしまういい記事でした。(爲房新太朗)

 

 

毒魚『ゴンズイ』に刺されてみた(平坂寛)

Thumbnail
ゴンズイという魚がいる。この魚はヒレに毒針をもち、刺されると激しく痛む。その痛みは地獄の苦しみだという。というわけで実際に刺されてみた。
痛そうだなと思ってたら、刺された瞬間「痛えー!!」って言ってて笑いました。世界中どこでも通じる笑い。(林雄司)

 

 

ドイツ式のイカダに乗りに行ったら、帰れなくなるところだった(ほりべのぞみ)

Thumbnail
ドイツ式のイカダに、屋根もついてるし泊まることだってできるやつがある。ベルリン郊外の湖へ乗りに行ったら、道中が大変なことになった。
ほりべさんの記事はどれも写真がいいな~ってなっちゃいます。道中もイカダも楽しそうで異文化を学んだぞ!という気持ちになりました。(爲房新太朗)

 

 

フルーツサンドを食べると笑う(デイリーポータルZ)

Thumbnail
生クリームにフルーツ、そんなおいしいに決まっている組み合わせのフルーツサンド。だがあまりきちんと向き合ったことがない。そんな身近な贅沢におぼれてみよう。
当時めちゃくちゃ疲れていたので、美味しいものを食べてニコニコしているのを見るのが湯たんぽ的に心に染みました。(ぬっきぃ)

 

 

フライデー風の写真を撮りたい(ほしあさひ)

Thumbnail
フライデーの写真はポーズやシチュエーションなど共通しているものがある。特徴を調べてフライデー風写真を作ってみる実験をした。
服装やポージングもそれっぽいし、画像加工も芯食ってます。身体と頭の両方を使ってて、しかも笑える。こういうのですよ、デイリーは。(林雄司)


 

「自由が丘駅はとんこつのにおいがする」は本当か?(江ノ島茂道)

Thumbnail
おしゃれを代表するような町「自由が丘」。駅のホームでなぜかとんこつのにおいがするというのだ。謎に迫る。
「それはないだろう」みたいなネタを力技で記事に仕上げてるところが好きです。こういう「誰にも共感してもらえないけどうっすら思ってること」ってあるよな〜と思いました。(まいしろ)

 

 

佐世保のローカルスーパー「エレナ」はいいぞ、超地域密着型だしテーマソングも最高なんだ (山本千尋)

Thumbnail
長崎県佐世保市に住むわたしの推しスーパー、赤いゾウさんがトレードマークの「エレナ」を知ってほしい。地域密着型なのはもちろん、品揃えが楽しく刺身がうまい。
見知らぬ土地の知らないスーパーの物語をへーと唸りながら読む至福の時間、テーマソングからCD製作への展開も圧巻でした。いい歌詞ですよね、エレナ。(伊藤健史)

 

 

立方体を食べる(トルー)

Thumbnail
立方体はきれいな立体だ。しかし野菜や果物が立方体に切られている姿をあまり見ない。見ておきたい、そして食べておきたいと思い、5種類の野菜と果物でやってみました。
トルーの記事がどんどん詩的になっていった時期の記事。ただ面白半分で四角くしているわけではなく、「神が作った完璧な立体」として畏怖の念とともに立方体に対峙しています。(石川大樹)

 

 

面格子から外を見ていると明日を夢見る人(地主恵亮)

Thumbnail
「絵になるね」と言われたい。カッコよく物思いにふけたいのだ。ではどうすればいいのか、答えは「面格子」にあった。
地主恵亮さんの「○○というものがある。」という書き出しフレーズが好きなのですが、このGW記事100連発の時はあえてそのフォーマットを崩されていて痺れました。そしてGWが終わった瞬間また元の形へと戻られました。(山田窓)

 

 

カルピスをカルピスで割ると濃い(鈴木さくら)

Thumbnail
濃いめのカルピスが好きなので、水ではなくカルピスそのものでカルピスを割りました。
GW企画の記事の中で一番のやつでした。冒頭から何を言っているんだろうなという気持ちになるし、手順もわざわざ書いているのが最高に面白かったです。(爲房新太朗)


 

 

舞いあがれ!片づけいらずの紙ふぶき (つりばんど岡村)

Thumbnail
紙ふぶきは底にいる人すべてを幸せにするが、片づけが面倒だ。そこで片づけいらずで紙ふぶきを楽しむ方法を発見した。
ご本人も記事中で書いているように、中盤以降はどこで終わってもいいはずの出来栄えなのに、クライマックス級の展開がラッシュで畳みかけてくるのに圧倒されました。 (拙攻)

 

 

「たべられません」を作った会社に「そもそもこれはなにか」を聞く(井上マサキ)

Thumbnail
食品に入っている「たべられません」と書かれた小さな袋、「脱酸素剤」というらしい。あれはなんなのか、どんな働きをしているんだろう。
あの「たべられません」の秘密についての膨大な情報が端正な文章で伝わる完璧な記事。自分が書いた事にしたいです。してくれるのでは。(伊藤健史)

 

 

小さな地球を見た〜カラーコーンの中で育つ植物コレクション〜(3yk)

Thumbnail
カラーコーンというものがある。通行人の注意喚起に、目印に、通せんぼにと大活躍。コーンの中は空洞になっているが、実はこの空間が野草の住処となっているのをご存知だろうか。
純粋に「すごい発見だ!」と思いました。パイロンが好きでよく写真も撮っていますが、よもやその中にこんな世界が広がっていたとは。唸りました。(斎藤公輔)

 

 

パンパンのパンの袋を吸う秋(トルー)

Thumbnail
秋が来た。パンパンのパンの袋でも吸っておこうかと思う。
トルーさんの記事の空気感が大好きなのですが、特にこの記事は内容に頭がついていく前に読まされるような不思議な感覚が良かったです(りばすと)

 

 

ボラードがE.T.(伊藤健史)

Thumbnail
港の岸壁に立っているサビも麗しい鉄の杭、あれは「ボラード」というらしい。いつしかこれがE.T.にしか見えなくなっていた。
あれがボラードという名前なのも知らなかったし、あれが各地で錆びていることも気に留めてませんでした。知らないことがわかる記事であるにも関わらず、こんなにばかばかしいことってあるだろうかと感動的でした。(べつやくれい)

 

 

「パスタを茹でるには海水くらいの濃度で」が本当なのか海水で茹でる(地主恵亮)

Thumbnail
パスタを茹でるには海水くらいの塩分で、と聞いたことがある。ならばいっそ海水で茹でたらどうなのか。やってみました。
地主さんは頼んでもいないのに毎年冬になると水に入る記事を書いてくるんですが、今年は初めて海に入ることに意味を見出してくれました。すばらしいです。(安藤昌教)

 

 

かぶるのにちょうど良いコンビニ袋は12号かS (小堺丸子)

Thumbnail
雨などコンビニ袋を頭にかぶる必要性が出てきたときのために、主要なコンビニの袋でどのサイズを買えばいいのかを検証してみることにした。
夜の闇に輝くレジ袋、かっこいい。(ネッシーあやこ)

 

 

銅像になるぞ(北向ハナウタ)

Thumbnail
銅像になりたい、という思いにウソはつけない。自分の心に正直に、今日は銅像になりたい。
「銅像になりたい、という思いにウソはつけない」書き出しの良さ。付いてくる人を選別するような強さがありながらも脆さや優しさを内包していて。無論私は付いていきました。(伊藤健史)

 

 

寒中水浴は楽しい(ほりべのぞみ)

Thumbnail
友人に寒中水浴に誘われた。湖の、氷を割って中に入るらしい。まさかと思ったが、続けるうちになんとハマってしまったのだ。
日本でぼんやり暮らしているとちょっとリーチ不可だろうと思われるドイツのカルチャーを、検討と工夫をかさねて楽しく見せてくれるほりべさん、全記事推しですが、意外すぎたのでこの記事をピックアップします。(古賀及子)

 

 

落とし穴も罰ゲームも!テレビで見かける「あの装置」の裏側を聞いた(井上マサキ)

Thumbnail
『M-1グランプリ』のせり上がり、『爆笑!レッドカーペット』の横に流れるベルトコンベア、『スポーツ大将』のカール君。すべて作ってきた会社があるという。目を輝かせて裏側を聞きに行った。
インタビューライターとして今年も活躍してくれた井上さん。こちらはインタビュー先との相性が良すぎてついに「すぐにでも働ける」「うちにこないか」と言われた記念碑的記事となっております。(古賀及子)

 

 

パンをマンにする(ぬっきぃ)

Thumbnail
アンパンマンは、顔があんぱんのヒーローです。登場キャラの大半は顔が食べ物でできています。胴体だけ作って色々乗せたら、何でもマンになるのではないでしょうか。
最後のマンたちのダンスがかわいすぎて頭からはなれません。タイトルのおかしさと語呂の良さと納得感も絶妙ですごく好きです。(高瀬雄一郎)

 

 

「宇宙」の全メニューを知り尽くす(スズキナオ)

Thumbnail
大阪市生野区に「宇宙」という名の中華料理の名店がある。これは「宇宙の全ての料理を見てみたい」と願ってお店に通い、3か月かけて達成するまでの記録です。
スクロールしていくことが楽しみで仕方なかった記事。冒頭に書かれているお店への配慮にもぐっときました。(ネッシーあやこ)

 


おつかれさまでした

ここまで来た方、長いセレクションをよくお読みいただけました…。

読者にもライターにも爆発的な人気を誇る記事があったり、逆に全然ウケなかったのにライター間では妙にウケた記事があったりと、評価の違いがたのしいスーパーベストとなりました。

ライターによる推薦コメントと一緒にお読みいただくと、より一層楽しんでいただけると思います。

ではよいお年を…!

執筆ライターの自薦による「俺の記事ベスト」もあわせてどうぞ

▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ