短い記事 2021年8月20日

カップ焼きそばを夏祭りの焼きそばにして食べる

最高…

夏祭りが無い。もう当たり前のように無いのだ。できない事情はよく分かっていてもやはり寂しい。

あれは、何がそんなに良かったのだろう。考えてみると『カシャカシャした入れ物に焼きそばをパンパンに入れて外で食べること』であるような気がしてきた。

1987年東京出身。会社員。ハンバーグやカレーやチキンライスなどが好物なので、舌が子供すぎやしないかと心配になるときがある。だがコーヒーはブラックでも飲める。動画インタビュー

前の記事:はじめてのオフショルダー


あのシチュエーションの焼きそば

夏祭りの良さ、挙げればきりが無いと思う。

  • 独特の賑わい
  • 浴衣の人々
  • 屋台の食べ物
  • 射的、型抜きなどのゲーム
  • 夜に外を出歩くことが許されてる感じ
  • 更に飲食も許されている感じ
  • 盆踊りなどのイベント など

僕はこの中に『カシャカシャした入れ物に焼きそばをパンパンに入れて外で食べること』がある。あのシチュエーションの焼きそばは脳に電気が走るようなおいしさがある。お祭りのシチュエーションで食べるのが最高なのだが、ない場合は個人的にやっても電気は走るのだろうか。

作ろう

001.jpg
落差があって楽しいかなと思って、カップ焼きそばを買ってきた。
002.jpg
入れ物はカシャカシャしたこれである。フードパックというらしい。
003.jpg
シモジマという包装用品の専門店で買ってきた。いろんなサイズのフードパック。

では準備しよう。せっかくなので焼きそばの他に、屋台になさそうなものも一つ作ってみたいと思い、スパゲッティを茹でる。

004.jpg
いい感じだ。

何を入れてもアリだな、フードパックは。

そしてそれと同時にスパゲッティ100gでこんな感じか、というのが分かる。これはこれでいいんだけど焼きそばにはもっとパンパンに入っていて欲しいのだ。屋台の怖いお兄さんがサービスだと言ってパンパンに入れてくれた焼きそばをいつだって求めている。フードパックに入りきらないようでなきゃフードパックを用意した意味がないのだ。

005.jpg
急遽、台所からこれを引っ張り出す。

袋麺の焼きそばを作り、カップ焼きそばも作り、なんとなくフライパンの上でなじませる。この工程、要るかな。

006.jpg
とにかくすごい量になった。

合わせて235g、麺ばかりの焼きそばになった。フードパックにつめる。理想の焼きそばになれ!

007.jpg
なった!!

求めていたものができた。パックから飛び出したこの感じである。この焼きそば、二人分だったんだ。

008.jpg
ギュムと閉めた姿もこれこれ、という感じである。
009.jpg
閉まってないこの感じ。
010.jpg
フードパックを閉じる赤い輪ゴムは、シモジマにパックと一緒に売っていた。輪ゴムの色が赤いというささやかな非日常。

すごい破壊力だった

あとは食べるだけである。

011.jpg
景色のいい場所に来た。
012.jpg
カップ焼きそばについていたマヨネーズをかける。
013.png
014.png

この日差し、この景色、フードパック、焼きそば、ビールである。この5人がスクラム組んでぶつかって来たら誰だって今日はもう休みだ。休み休み。つまり祭りである。

盛り付けた時点で確信していたが、僕の求めていた脳に電気の走る焼きそばだったのだ。無心で食べて、日差しのせいかビールのせいかクラクラしてきたので家に帰った。帰ったら昼寝した。今日は休みなので。

これで悔いなく9月を迎えられる。

▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ