おぎわら遊技場 2021年6月19日

SPACE PONG PONG

今回は、なななんと、クリハラタカシさん発案&デザインのゲームを作らせてもらいました!

むかし、塊魂(クリハラさんがプロジェクト参加していたゲーム)を遊び倒していた僕ですから、 そりゃあもう尻餅つくほど光栄なことでして、喜びと緊張で震えながらプログラムしました!

1976年群馬県生まれ。幼い頃から東京に憧れ、18歳で故郷を捨てて千葉に移住。その後、幕張→船橋→市川とジワリジワリと東京に近づいている。2003年、東京を通り過ぎて横浜に引っ越す。その後、千葉の外房に移住し、半年で横浜に戻る。 ちくきゅうの反乱

> 個人サイト Poppy

 

  • 【PC】←→キー(または、zキーとxキー)でキャラクターを左右に動かせます
  • 【スマホ】画面の左側をタッチすると左に、右側をタッチすると右にキャラクターを動かせます。
  • 左右のボタンをプレイヤーが押すと、宇宙船を左右に動かすことができます。
  • ボールが天井の黄色いエリアにぶつかると、宇宙船が上に動きます。
  • 壁に当たったり、ボールと落とすとゲームオーバーです。

かいせつ 

当サイトでは「名前はマダない」の連載でもおなじみ、マンガ家で最近は絵本作家としても大活躍中のクリハラタカシさん。かつては塊魂にも参加していた、ゲーム畑の人でもありました。

そんなクリハラさんが温めていたアイデアをおぎわらさんがゲーム化。おふたりにコメントをもらいました。(かいせつ:編集部 石川)

クリハラさんのコメント

ゲーム会社勤務時代から憧れていた『おぎわら遊技場』にご縁があってゲームを採用していただきました!

そういえば最初に遊んだおぎわら遊技場は「となりのブロックくずし」だった気もします。
このゲームはその頃から温めていたものです。

マルチタスクゲームですが、自分にとって実際の車の運転がこんな印象だったりします。
なのでずっとペーパードライバーを貫いています。

 

おぎわらさんのコメント

今回は、ご縁があってクリハラさん発案のゲームを作らせてもらいました。

PONGゲームをプレイしつつ、宇宙船も操作するっていう斬新なアイデアにびっくりして、 実際つくってみたらちゃんと面白くて2度びっくりしました。
あと、個人的にはATARIのゲームみたいなチープなグラフィックもすごく好みです。

普段、ダジャレみたいな出落ちのゲームしか作っていないので、 僕もちゃんとルールとか新しいプレイ感の作品を作ってみたいと思いました!

おぎわら遊技場、次回はまた来月です!

おしらせ

2020年7月に行った、おぎわらさんとのオンライントークイベント「おぎわら遊技場ゲーム夜話」を抜粋、文字起こしした記事が公開されています。内容は、おぎわらさんと新旧担当のお気に入りゲーム、あのゲームの誕生秘話、なぜおぎわらさんはいつまでも心を開いてくれないのか?などなど。ぜひ合わせてごらんください!

top.gif

 

▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ