特集 2021年12月17日

「パスタを茹でるには海水くらいの濃度で」が本当なのか海水で茹でる

パスタというものがある。多くの場合、デュラム小麦で作られたペンネとか、スパゲッティとかのことだ。これを茹でる時に塩を入れる。なんでかは詳しく知らないけれど、幼き頃より、パスタを茹でる時は塩を入れると教えられてきた。

その塩の量は「海水くらい」と聞いたことがある。つまり、ざっくり3%ほどの塩を入れることになる。ただ3%を計算するのは大変だ。計らないとダメだし。ということで、もうマジの海水で茹でてみたいと思う。

1985年福岡生まれ。思い立ったが吉日で行動しています。地味なファッションと言われることが多いので、派手なメガネを買おうと思っています。(動画インタビュー)

前の記事:クリスマスはケーキではなく「パネトーネ」を食べよう

> 個人サイト Web独り者 彼女がいる風の地主恵亮

海への誘い

パスタを茹でる時は塩を入れる。太陽は東から昇り西に沈む、くらい当たり前に言われていることだ。パスタに下味をつけるのが目的だったり、コシを出すのが目的だったりとその理由はいろいろあるようだ。 

002.jpg
パスタを茹でる時は塩ですよね!

この時の塩の量にもいろいろな説があり、1%という話もあれば、海水と同じくらいという話もある。もちろん適当でもいいという人もいるだろう。私は適当でいつもやっている。その理由は面倒だからだ。計るのが面倒なのだ。

003.jpg
海が聞こえる

そんなある日、私に波の音が聞こえた。その波の音はやがて小さな声となり、私に「海水で茹でればいいじゃん」と教えてくれた。そう、パスタを茹でる時は海水くらいという話があるのだから、海水で茹でれば計る手間がないのだ。楽なのだ。

004.jpg
ということで、海に来ました!

海水を汲む

よく考えると私の家から海までは遠かった。計量して塩を入れた方が早い。でも、そんなことは考えないでおこう。波の音の幻聴が聞こえたわけだから。ペットボトルを持ってきているので、そこに海水を汲もうではないか。 

005.jpg
ペットボトルを持ってきました!
006.jpg
汲むぞ、
007.jpg
あ!
008.jpg
寒い!

わかってはいたけれど、考えないことにしていた。今は夏ではないのだ。太陽が全力で降り注ぐ夏ではないのだ。つまり寒いのだ。それは家を出た時からわかっていたのだけれど、水着に着替えると寒く、海に入るとなお寒く、全身浸かるとさらに寒かった。

009.jpg
寒い!

寒いと言っている場合ではない。私には海水を汲んで、パスタを茹でるという使命があるのだ。震えなのか、ペットボトルの穴が小さいからなのか、なかなか海水が満杯にならないけれど、頑張るしかないのだ。

010.jpg
震えながら、
011.jpg
海水を手に入れました!

いろんなパスタ

海水を手に入れることはできた。あとはパスタを茹でるだけだ。今回はいろいろなパスタを揃えてみた。もしするとこのパスタではダメだけど、あのパスタでは美味しい、みたいなことが起きるかと思って。 

012.jpg
ファルファーレ
013.jpg
フジッリ
014.jpg
パッケリ
015.jpg
スパゲッティ
016.jpg
リーゾ

パスタに詳しくないのだけれど、いろいろな種類があることがわかる。「リーゾ」なんてお米みたいだ。初めて食べる。これらを海水と1%の塩でそれぞれ茹でて、どちらが美味しいか比べてみたいと思う。

017.jpg
いろいろあるね!

いざ、茹でて食べる 

茹でる前に一応、汲んできた海水を濾しておこうと思う。ガーゼを通して鍋に注ぐのだ。なるたけ目に見る不純物が入らないように、沖で海水を汲んだけれど念のためだ。全ては美味しいパスタのため。 

018.jpg
濾して、
019.jpg
茹でる!
020.jpg
一種類ごと!

同時進行で別のお鍋で1%程度の塩水でも、同じようにパスタを茹でた。茹でている感じとしては特に違いはない。海水の方はアメリカのお母さんが作るチェリーパイの匂いがするとか、そんなことは全然ないのだ。どちらも普通だ。

021.jpg
茹で上がりました!

見た目は普通だ。とても普通だ。ミラーボールのように輝くというようなこともない。問題は味なのだ。1%程度の塩で茹でたパスタとどちらが美味しいのか、比べようではないかな。

022.jpg
左)海水、右)1%

海水の方が美味しいね、みたいなことが起きればいいのにと強く思っていた。海に入って寒かったし。しかし、現実は上手くいかないものである。いつだって驚きのない結果が目の前に現れるのだ。

023.jpg
海水で茹でたパスタ!
024.jpg
しょっぱ!

海水で茹でたものの方が、コシがある気もしないこともないような気もしないことはないけれど、ないような気はするけれどないのだろうか、とコシついては、1回瞬きをするくらいの時間悩んだけれど、そんなことを置いといて塩辛かった。塩より塩辛い。

025.jpg
とにかく塩辛い!

コシについての議論を行うよりも塩辛さが勝るのだ。とにかく塩辛い。夏の暑い日に1日運動をしてから食べるといいかもしれないけれど、普通の状態ではどう考えても塩辛い。海水は少なからず素人の私には扱えるものではない。

026.jpg
1%程度の塩水で茹でたものは美味しい!

1%程度の塩水の方が美味しかった。いろんなパスタを揃えたので、それぞれの食感の違いなどを感じることができた。海水の方は食感を楽しむとかではないから。全て等しく塩辛い。ただ一つ言えることはある。夏ではない時期に海に入ると達成感があるということだ。

027.jpg
達成感!

普通の塩水で茹でよう

何事も経験なのだ。思いつきでやったことが、驚くような成功になることもあれば、そうでないことも起きる。今回はそうでないことが起きたということだ。しかし、これは経験である。今後は海を見る度に思うことができるのだ。パスタを茹でるにはちょいと塩辛い、と。

028.jpg
いろんなパスタがあることも学んだ!

 

▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ