特集 2021年6月16日

なんでもスクラッチにする

脅迫状さえもスクラッチに!

コインで銀色の部分を削ると当たりが出てくるスクラッチ。
あんまり当たることはないけれど、お手軽にドキドキ感を味わえる。

そんなスクラッチが自作出来ることを知った。
くじに限らず色んなものをスクラッチにしたら面白いのではないだろうか。

1987年兵庫生まれ。会社員のかたわら、むだなものを作る活動をしています。難しい名字のせいで、家族が偽名で飲食店の予約をするのが悩みです。(動画インタビュー

前の記事:サービスエリアに一般道から徒歩で行く

> 個人サイト むだな ものを つくる

スクラッチ、簡単です

イオンで買い物をしたらスクラッチカードをもらった。

001.jpg
3枚ももらったのにハズレました。

そうそう当たるものではない。
しかし削っているときは「どうかな……!?」とちょっと嬉しくなってしまうのでスクラッチは良いな。

002.jpg
しかし最近のスクラッチカードは銀色じゃなくなってるんだな。

調べたら、これは「スクラッチ印刷」という特殊な印刷のようだ。
削りカスがでなくて便利なようだ。

ただ、今回は昔ながらの削るスクラッチを自作していく。
ネットで「スクラッチ 自作」で調べると、おおむねこのような作り方が出てくるのである。

スクラッチの作り方
  1. 削りたい部分にセロハンテープを貼る
  2. アクリル絵の具と食器用洗剤を混ぜ、セロハンテープの上から塗る
  3. 充分乾いたら出来上がり

実に簡単だ。ちょっとやってみよう。

003.jpg
見えづらいがセロハンテープを貼って、
004.jpg
100均で買った銀のアクリル絵の具に食器用洗剤を混ぜて塗り、乾かす。
005.jpg
コインで削ると……お、出てきた!

少し削りづらいけれど、スクラッチが出来た!へー、面白い。

余談だが、先日の自由ポータルZにセロハンテープで銀色の部分を剥がす「銀はがし」の記事が出ているので、合わせてこれも読んでほしい(力作!)。

なつかしのセロテープ銀はがしを作ってみた~自由ポータルZ
なつかしのセロテープ銀はがしを作ってみた~自由ポータルZ」より。今回のネタでいきます!と編集部に言った翌日にこの記事が出てめちゃくちゃ驚いた。こんなピンポイントでかぶることあるのか。

さて「削る方の銀はがし」の方をこれからアレンジしていこう。

日常に現れるスクラッチ

通常なら表に出ているのに、銀色で隠されてコインで削ったらドキドキするものって何かないか……と考えてみたが、一番日常的なものに思い当たった。

007.jpg
ヤマザキパンの点数シールだろう。

春のパンまつりのシーズンではなかったが、別のキャンペーンでシールが貼られていた。
食パンでも買わない限りは大体が1点のシールだと思うが、これが隠されていたら「もしかして2点以上あるのでは!」と思ったりはしないか。

008.jpg
塗りが雑になってしまったが……ほら、もしかして!

削ったら2点シールが表れないか、スーパーのパン売り場で吟味する人がたくさん出てきそうだ。
売り場でこっそりスクラッチをする不届き者が現れるかもしれないな。

009.jpg
現実にはもちろん1点なんだけど。

同じく食品のパッケージに書かれている数字をスクラッチにしてみた。

010.jpg
カロリー表記だ。

ポテトチップスのカロリーが書かれていたので隠してみた。
つまり、カロリー不定の状態だ。いっそゼロカロリーの可能性もある。

011.jpg
ゼロカロリーなら気にせず食べられるな。
012.jpg
そうして食べ終わったあとにカロリーを知って、うわー!などという遊びも出来る。

 

どんどんいこう

推理小説の革新が明らかになる部分をスクラッチにしたら、さらに印象に残るのではないだろうか。

013.jpg
アーサー・コナン・ドイルのシャーロック・ホームズシリーズから、「唇のねじれた男」より。

後ろからババッと斜め読みして、革新っぽいところをあまり見ないようにして銀で隠した。

25年ぶりくらいにホームズを読み返して、核心部分を削る。

014.gif
ははーん、そういうことかー。

これはきっとこういうことなんじゃないかな!と想像しながら削って、それが当たっていたので嬉しい。
スクラッチするというひと手間がかかることで、普通に読むよりもドキドキするような気がする。

同じように「隠されたところを想像して読む」というところで、こんなものもスクラッチにしてみた。

015.jpg
契約書だ。

賃貸物件の契約書で、甲と乙が毎回わからなくなってしまう。
全部隠してしまって、そこが甲なのか乙なのかを当てるのだ。

022.jpg
「えーと、"○は、本契約締結時に敷金を□に振り込む"だから、○に入るのは乙で……?」

めちゃくちゃ頭に入った。
不動産屋での契約書の読み合わせも、一緒にスクラッチで削っていく方式にしてほしい。

脅迫状にもスクラッチだ

最後に、フィクションの中でのドキドキも味わってみたい。

016.jpg
新聞紙で作った脅迫状だ。

「身代金 ○○円 用意せよ」とある。
肝心なところが隠されていて、コインで削らないといけない。

現代の脅迫状が新聞紙で出来ているかはわからないが、おおむねサスペンスドラマの中くらいでしか見ることはない。

新聞紙の脅迫状、一度作ってみたかったのだ。
夢が叶った。

017.jpg
見出しから使える文字を集めていく。

さすがに何紙も買って文字を集めないと出来ないのでは?と思っていたが、シンプルなメッセージだが一紙だけで出来た。
これが全国紙、クオリティペーパーの力か。

018.gif
一体いくら払わないといけないのか。震えながら削ろう。
019.jpg
「月々600円」だ…!

身代金のサブスクだ。

実際にこんなのが送られてきたらめちゃくちゃびっくりする。
毎月コンビニで払うのかな、それとも銀行振込かな。

フリップ芸のようになってきた。
大喜利にも使えることがわかったので、バラエティで導入を検討してほしい。


気軽で楽しい自作スクラッチ

自作スクラッチ、思ったより手軽に出来たので楽しかった。
手紙の一部をスクラッチにすると、相手の印象に残っていいかもしれない。

セロテープの上に絵の具を塗った場合はセロテープの境界が削りづらいので、大きなテープを使うのがいいかもしれない。
ポテチの袋は表面がツルツルしていたのでものすごく削りやすかった。自作スクラッチは研究の余地が多そうだ。

020.jpg

021.jpg
賞状も何の賞かわからなくしたら、削って初めて優勝だ!となって楽しいのではと思ってやってみた。ふざけて入れたブービー賞が当たって微妙な気持ちになった。

 

▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ