特集 2021年10月25日

佐渡島の羽茂川に伝わる伝統鮎漁と鮎の石焼

これが佐渡の珍味、鮎の石焼。食べ終わった後じゃなくて完成形。

佐渡の山奥で行われるハロー!ブックスというイベントの一環として、『羽茂川の伝統鮎漁の見学と鮎の石焼試食』が行われると、島の友人から連絡がきた。

おおお、佐渡の三大珍味の一つだと聞いていた、幻の鮎の石焼を食べるチャンス。その実体は知らないけれど。しかも伝統鮎漁まで見学できるとは。

これは行かないと一生後悔するやつだと海を渡ったら、想像と全く違う料理で驚いた。そして名人と鮎を捕ることができたのだ。

趣味は食材採取とそれを使った冒険スペクタクル料理。週に一度はなにかを捕まえて食べるようにしている。最近は製麺機を使った麺作りが趣味。(動画インタビュー)

前の記事:かんすいの代わりに木灰を使う、伝統製法の沖縄そばを自作したい

> 個人サイト 私的標本 趣味の製麺

鮎の石焼を食べに行こう

イベント前日は用事があったので、当日に新潟港を朝六時に出るフェリーに乗ったものの、八時半から始まる伝統鮎漁の見学には間に合わず。佐渡南部の羽茂大崎地区にある会場へとたどり着いた頃には、おじゃるずという頭の長い大道芸人がショーをやっていた。

その横でシルバーの髪にロッド小さめのパーマをきつめにあてた、おでこにサングラス、白のランニングというダンディな筋肉質のおじさんが、四角い石の上で味噌のようなものを焼いている。

002.jpg
これはどういう状況なのだろう。

この味噌みたいなものが、もしかしたら鮎の石焼なのだろうか。それにしては鮎の姿が見当たらない。来たのが遅い時間だったので、鮎の石焼のタレしか残っていなかったということか。

トランペットに憧れる少年くらい欲しそうな顔で見つめていたら、白飯とキュウリに乗せた状態で差し出してくれた。

003.jpg
佐渡で出会った人の中でも、トップクラスでキャラが濃いおじさんだ。
004.jpg
これはどういった食べ物だろう。

おじゃるずのショーを横目で観つつ、状況がよくわからないまま食べてみると、これがまあびっくりした。鮎の味が濃いのである。

ベースは田楽に塗るような甘い味噌なのだが、そこに鮎だけが持つ香りと旨味と苦味がドーン。塩焼きのお腹部分にかじりつくよりもはっきりと感じられるくらい、鮎がぎゅっと詰まっているのだ。

これは残ったタレなどではない。この茶色いものこそが鮎の石焼の正体なのだと一口で理解した。ものすごく米と合う。焼きおにぎり好きなら泣いて喜ぶ味だろう。これこそ佐渡の三大珍味だ。

005.jpg
これを鮎の石焼ですと出されて納得する人は少ないと思うが、一口食べればわかってもらえるはず。
006.jpg
おじゃるずの長い頭がぶつかりそうになった。

なにをどうすればこの味になるのだろう。石焼の試食は16時にもう一度あるので、そのときに作り方をしっかり教えてもらわねば。そして伝統鮎漁も見学しないと。

いやまてよ、それだけでいいのか。ショーとしての漁を見学するのではなく、できればリアルな漁を一緒にしたいというのが己の本心では。自分が自分に本音を問い詰める。

鮎・ストーリーは突然に

初対面のおじさんに石焼のお礼を伝えつつ、本番の漁を見学することはできますかとドキドキしながら尋ねたところ、夕方にやる次の回まで時間があるから、今から川にいくかと誘ってもらった。わざわざ遠くから来たんだからだと。

ツクツーン(小田和正の「ラブ・ストーリーは突然に」が頭の中で流れた)。

007.jpg
まずは兵九郎さんの家に行って道具をお借りしつつ、鮎の突き方を習う。ヤスを魚の向きと垂直に構え、首のところを狙って刺す。グーで握るのではなく、鉛筆のように持つのがコツ。

おじゃるずに聞いたところ、この方は羽茂川の鮎捕り名人である兵九郎(ひょうくろう)さんというそうで、見た目通りとても優しい方とのこと。

兵九郎は本名ではなく、各家が持つ屋号。佐渡では商売をやっていなくても、屋号が通り名になっている人が多い。

008.jpg
いきなり二人での漁は不安だったので、たまたまその場にいた友人二人にも参加してもらった。右の伊藤君は写真好きの米農家で、兵九郎さんとは顔なじみ。米を買う方はこちら

投網を肩にかけてヤスを持ち、フェルト底の滑りにくい靴を履き、白い帽子をかぶった兵九郎さんを先頭に、4人の即席パーティは羽茂川へと向かう。日常から遠いところにある装備品の雰囲気がちょっとRPGっぽい。

そしてショーとしての漁ではなく、リアルな漁はこういうものだぞとばかりに、兵九郎さんは「この辺からはじめるか」と言い残すと、草ぼうぼうの急な斜面を下っていった。

山菜採りとかキノコ狩りの名人に連れていってもらうとよく直面する、用意された道を進むという社会のルールから物理的に外れたルート選びである。もちろんその先が(比較的)安全であると判断できるからこその無茶に見える進行だ。

私が求めている体験は、この先にある本気の現場にこそあるのだ。がんばってついていこう。

009.jpg
けもの道すらない斜面を降りる。
010.jpg
予想以上に藪が深く、イバラが投網に引っかかって名人も大変そう。
011.jpg
兵九郎さんが作ってくれた道を追いながら、半袖で来たことを強く後悔した。撮影:伊藤竜太郎
いったん広告です

羽茂川の伝統鮎漁

羽茂川の伝統鮎漁は、投網とヤスとカガミ(箱メガネ)が三種の神器。普通の投網漁と違って、網に入ったアユをカガミで覗き、ヤスで突いて捕まえるのだ。

海などでやる投網の場合、網を引き上げれば魚は網目に絡んだり、一番下の袋部分に入るが、石がゴロゴロしている渓流だと隙間から逃げてしまうため、このような方法をとるらしい。鮎は流線型でヌルっとしているため、網に絡まりにくいこともあるのだろう。

012.jpg
羽茂川と書かれた帽子がかっこいい。

ちなみに羽茂川の投網漁は漁業権が設定されているので、遊漁料を払った者のみ網を投げることが許されている。兵九郎さんは日券ではなく年券を持っており、その鑑札が『羽茂川』と書かれた帽子だ。

もともとは蛍光イエローだったが、漁期中は毎日のように川へきているため、すっかり色あせてヴィンテージの風合いを醸し出している。

013.jpg
下流から上流へと網を投げていく。両手を使うのでヤスは口に咥える。

広い場所でやる投網はどれだけ丸く大きく広げられるかが勝負だが、狭くて障害物の多い渓流での投網は、狙った場所の形に合わせて網を投げる必要がある。

さすがは羽茂川の鮎捕り名人と呼ばれるだけあって、横長、縦長、あるいはひょうたん型に網を投げ入れ、見事に石や流木のギリギリを攻めてくる。節分で豆を撒くような独特のフォームがかっこいい。

014.jpg
大きな石をギリギリで避けて網を広げているのがわかるだろうか。撮影:伊藤竜太郎

網が広がると、すぐにヤスを手に持ってパチンパチンと水面を二回叩く。そしてカガミで水中を覗きながら網の上を歩き、鮎がいたらヤスで刺し、その状態で網の外側から手を伸ばして掴めば一丁上がりだ。

網の真ん中にアユがいると回収するのが大変なので、パチンパチンで鮎をびっくりさせて網の外周に突っ込ませたのだろう。

015.jpg
投網の上から鮎を探してヤスで突くのが羽茂川の伝統鮎漁。撮影:伊藤竜太郎
016.jpg
投網に絡まないようヤスにはカエシが付いていない。
017.jpg
見事にアユを捕まえた名人。

これが羽茂川の伝統鮎漁なのだが、投網を打てない我々にも大切な仕事があった。投網が打たれた周囲をカガミで覗き込み、怯えて隠れている鮎を見つけてヤスで突くのだ。

なるほど、そういう役割もあるのかと鵜飼の鵜になった気分で鮎を探すと、確かに大きな石の裏などに潜んでいる姿が見えることもある。

だが相手は動きの速い鮎である。ヤスを構えた頃には逃げていたり、どうにかヤスを放てても一向に刺さってくれない。

018.jpg
カガミはもちろん兵九郎さんの手作り。

全然無理。覗いて探してヤスで突くという一連の動きをよどみなくできる訳がない。考えるよりも体が先に反応しないと一匹も捕れないのだろう。私が子供の頃に網で戦ってきたフナやザリガニとはスピードが違う。 鮎、すげえ。

気持ちはすっかり小学校五年生の夏休み。もう完全に童心に帰った。想像よりもずっと難しい挑戦が、現実の世界からすっかり引き離してくれた。

019.jpg
網の周りで隠れている鮎を探して突く。一匹くらいは捕まえたいが簡単ではないよね。

昔は大人が網を投げるのに子供がついてきて、数人で漁をすることがよくあったそうだ。今日はついてきたのが中年だが、このフォーメーションこそが羽茂川の伝統鮎漁の姿なのだろう。

今でこそ投網を投げる人は減ったし、それについてくる子供もいなくなったが(ハロー!ブックスのイベントは廃校で行われている)、昔は鮎漁がとても盛んだったので、八月八日の解禁日になると(現在は八月一日)、良い場所には夜明け前から場所取りの人が待ち構えていたそうだ。

兵九郎さんは年長者が投げる網についていく役を長くやっていたので、本当は網を投げるよりもヤスの方が得意なんだと笑っている。このセリフを20年後に私も言ってみたい。

※羽茂川内水面漁協に確認したところ、投網漁をサポートするヤス部隊も遊漁料が必要とのこと。今回はイベントとして行われる伝統鮎漁の見学、取材の延長として特別に参加させていただいた。

網の中の鮎を突かせてもらった

我々素人には自力で鮎をつくのが無理そうだと判断した名人は、網の中にいるアユを突かせてくれた。

普通の靴だと網の上を歩くと傷つけてしまうのでダメだが、こんなこともあろうかと、兵九郎さんと同じく底がフェルトの靴を持参して履いている。

020.jpg
渓流釣り用の靴を車に入れておいて本当に良かった。

ここにいるぞと教えてもらった場所をカガミで覗き込むと、確かに網の下にアユがいた。かっこいい。

021.jpg
川底がこのように岩だらけなので、ただ網を引き揚げると鮎は逃げてしまうため、わざわざヤスで突いて捕る。

この状態なら簡単に突けるだろうと思いきや、鮎は網に絡んでいるわけではないので、ヤスを構えた途端に体を反転させて隠れてしまった。写真とか撮っている場合じゃなかった。

どこへいったと二人で探すと、運よくまだ網の中にいて、別の岩の裏に隠れていた。

今度こそはとヤスを鉛筆持ちして、フォーク部分が鮎の向きと垂直になるよう構える。そして黙って右手を下ろすと、狙った首の後ろに見事刺さり、鮎が暴れる振動が伝わってきた。

釣りのように見えない魚とやり取りとも違う喜び。もっとダイレクトに、命をいただくという重さが伝わってくるようでもある。

022.jpg
刺さった!

ヤスにはカエシがないので、右手でヤスを抑えたまま左手を伸ばして網の外側から手を入れて、ぎゅっと鮎を握りしめる。この状態で逃げられてしまうことが一番いけないので、すごくすごく緊張する。

捕ったというよりは完全に捕らせてもらったという感じだが、とにかく自分の手の中に羽茂川の鮎を収めることができた。さっきからずっと心臓がバクバクいっている。

023.jpg
ただただうれしい。
024.jpg
すごく楽しかったです。撮影:伊藤竜太郎
025.jpg
鮎なら冷凍庫にたくさんあるからと、捕れた分をチョコチップスナックの袋に入れていただいた。
いったん広告です

これが佐渡、羽茂川が誇る鮎の石焼だ!

羽茂川の伝統鮎漁を体験させていただき、すっかり満足してしまったのだが、そういえば鮎の石焼の作り方を教えてもらわないといけないのだった。

着替えをして会場に戻ると、兵九郎さんは大量の鮎を解凍し、石焼の手順をすべて見せてくれた。

026.jpg
羽茂川は離島の小さな川なので、鮎はそこまで大きくならないようだ。たまに一尺越えの大物もいるらしいが。

鮎の石焼は、兵九郎さんが子供の頃から食べられている羽茂地方の郷土料理。羽茂川で鮎漁をする人が減るのに比例して、作る人も減ってしまった幻の味であり、『くいしん坊!万才』のロケで松岡修造が佐渡に来た時も、兵九郎さんが振舞ったとか(こちら)。すごくいい人だったらしい。

本来は川原で火をおこし、油石と呼ばれる平らで艶のある石を拾って焼くそうだが、今日はイベントの一環なので、移動式のかまどと使い込まれた専用の石を使用する。

027.jpg
石をしっかりと熱したら、甘みのある麦味噌と酒と味醂と砂糖を混ぜたタレを用意する。
028.jpg
まずはタレをぐるっと一周塗る。
029.jpg
その上に細長く切ったナスを並べて土手を作る。焦げたタレが接着剤となるのだ。
030.jpg
熱くないですかと聞いたら、すごく熱いと言われた。そりゃそうだ。
031.jpg
そこに日本酒をドボドボ。
032.jpg
しっかりと熱された石なので酒が一気に沸騰する。土手に漏れがあればナスとタレで随時補強をする。
033.jpg
そこにアユを丸ごと並べていく。
034.jpg
二段重ねになるくらいたくさんの鮎。40~50匹は用意したらしい。これは贅沢な料理だ。
035.jpg
鮎をひっくり返したり、上下を入れ替えたりしつつ、酒を足しつつ焼いていく。まさに鮎の石焼だ。この状態でも鮭のチャンチャン焼きみたいでおいしそうなのだが、ここから先が意外と長い。
036.jpg
鮎の頭との骨を一匹ずつ外していく。昔は骨ごと煮込んだそうだが、最近は骨を嫌がる人が増えたので、この工程が加わった。鮎はあまり細かくせず、塊を残した方が食べたときに鮎らしさがあっておいしい。
037.jpg
そこにタレを大量投入。鮎とタレが一対一くらいだろうか。
038.jpg
かき混ぜながらじっくりと一時間近く煮込む。ここで刻んだナスを加える人もいるそうだ。
039.jpg
砂糖をさらにドサっと足した。苔を食べて育ったアユの内臓が入らないとおいしくないし、砂糖の甘さがないと苦味が引き立たない。
040.jpg
また砂糖を足した。味付けは作る人の好みだから、多少違うとのこと。もしかしたら兵九郎さんは甘党なのかもしれない。
041.jpg
タレが焦げる匂いが堪らない。それにしても大変な料理だ。
042.jpg
味見をしてみるかとキュウリに塗ってくれた。鮎とキュウリの組み合わせ、俺が河童なら泣いて喜ぶ。
043.jpg
ここで16時となり、伝統鮎漁の見学がスタート。
044.jpg
見学は観客が見やすいように、開けた場所でおこなわれた。
045.jpg
ボタンのない長袖を着ているのは、投網が引っ掛からないためとのこと。へー。
046.jpg
ここには鮎がいないんだけどといいながら真剣に網を打つ兵九郎さん。どうにかウグイが一匹捕れた。

そんなショーを挟みつつ、ようやく鮎の石焼が完成した。

すっかり煮詰まって、午前中に見た味噌ダレ状態に仕上がっている。やっぱり鮎の石焼は、こういう食べ物なのである。きっと酒にも合うだろう。

047.jpg
これが佐渡南部を流れる羽茂川の郷土料理、鮎の石焼だ。

これまで鮎の食べ方といえば、素材をあまりいじらない塩焼きか天婦羅がベストだと信じていたが、いじりまくって鮎の味を濃縮させる料理法があったとは。ただ好き嫌いが分かれるとは思う。そして東京とかで知らずに食べても、なかなかピンとこない味かもしれない。

この独特の調理法は、鮎の数は多いがサイズは小さめ、近くに味噌蔵がある、夏野菜のナスはたくさんある、酒や米と合うものは正義、焼くのに適した石が転がっている、そういった羽茂地域の条件や季節的な要素が重なって生まれ、今も食べ続けられているのかな。

048.jpg
何度食べても鮎味の濃さに驚く。鮎の捕り方、石焼の作り方を理解した上で食べると、より愛おしい存在だ。土手のナスもうまい。これくらい甘くて正解。

試食会のあと、もう一回行くかと兵九郎さんに誘われて、今度は二人きりでまた川へと行った。すっかり仲良し。やはり昼間よりも早朝や夕方の方がよく捕れるそうだ。

そしてどうにか一匹、網の外にいた鮎を突くことができた。この夏、一番の思い出である。

049.jpg
まさかの二回目。

動画もどうぞ。

050.jpg
鮎、すごくかっこいい。
051.jpg
どうにか突けた!

別れ際、兵九郎さんは缶コーヒーを渡してくれた。川遊びで疲れた体に、微糖といいつつ甘いコーヒーはすごく染みた。

あとで佐渡在住の友人に聞いたところ、兵九郎さんはコーヒーを出すと砂糖を3杯くらい入れる超甘党だそうだ。

052.jpg
ありがとうございました!

さすが佐渡の三大珍味、鮎の石焼はすごかった。羽茂川の鮎捕り名人と一緒に捕まえる体験ができたのも最高に幸運だった。

やはり佐渡島はおもしろい。今後も残り二つの珍味を求めて、さらなる探求をしていきたいと思う。

ただ佐渡は意外と広く、文化も奥深いため、三大珍味は地域や人によってまったく違うらしい。でも大丈夫、いくつあってもどんとこいだ。

053.jpg
「楽しかったなら、また来年来い。俺は覚えてないかも知らんけどな」

 

▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ