2021年GW企画「お役立ち記事100連発」 2021年4月29日

煮切った日本酒にナンプラーを加えるとあさりの酒蒸し味

先日、思いつきでおつまみを作っていたら偶然出会った、タイトルどおりのおもしろ発見についてご報告します。

 

1978年東京生まれ。酒場ライター、他。酒カルチャー雑誌「酒場人」監修をはじめ、いろいろとやらせてもらってます。(インタビュー動画)

前の記事:宮ヶ瀬湖畔で過ごす夢の中っぽいバカンス

> 個人サイト 羅刹レコーズ/パリッコ オフィシャル

予期せぬアサリの酒蒸し味にびっくり

ある夜、なんだか無性にキャベツをもりもり食べたい気持ちになました。でもキャベツ炒めじゃなくて、もうちょっと優しい味を求めてるんだよな〜と、大量のキャベツを酒蒸しにすることに。

そして仕上げの段階、いい感じにくたっとなったキャベツに、ふだんなら醤油などで味をつけるところですが、なんとなく冒険心が湧いてきて、冷蔵庫にあったナンプラーで味をつけてみた。

するとびっくり! あれ? これってあさり入れたっけ? ってくらい、あさりの酒蒸しそっくりな香りがキッチンに充満しだしたんです。

キャベツ×日本酒、日本酒×ナンプラー、ナンプラー×キャベツ、もしくはそのすべて、いったいどの要素がこの香りを生み出しているんだ?

というわけで実験してみたところ、正解はすぐに判明。

日本酒×ナンプラーだった!

sakamushiaji_01.jpg
まず、日本酒を火にかけ「煮切り酒」にします

味に影響するので、アルコールはよ〜く飛ばしてくださいね。

そうしたらそこに、好みの味加減になるようナンプラーを加え、さらにひと煮立ち。あまり濃い味になりすぎないほうがそれらしいかと。

すでに鍋からはもうもうと、何の具材も入ってないのが不思議なほどにあさりの酒蒸し的な香りが立ちのぼっています。

これはなんなんだろう? 日本酒が酒蒸し味の土台となり、そこに海由来の濃厚な旨味と醤油感が加わってこうなっているのかな? とにかくおもしろい。

sakamushiaji_02.jpg
アサリの酒蒸しっぽい味がする液体

晩酌であれこれ飲み食いして、お腹はいっぱいなんだけど、なんかもう少しつまみが欲しいな〜って時など、もはやこの汁でじゅうぶんな気がします。

そしてこの汁でざく切りにしたキャベツなんかを煮ると、それだけでちょっとした一品に。

sakamushiaji_03.jpg
キャベツのあさりの酒蒸し風

具材を加える場合は、好みでてきとうな油を加えるとコクが出ます。あ! この味なら、バターも合う気がするぞ。アクセントにコショウなども。

この発見、キャベツ意外にももっとアサリの酒蒸し感が増す食材はないか? その他応用できる料理はないか? まだまだ掘り下げがいがありそう。いずれさらに深く検証してみようかな。

 2021GW特集! お役立ち記事100連発! 

5/5

5/4

5/3

5/2

5/1

4/30

4/29

 

▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ