2021年GW企画「お役立ち記事100連発」 2021年4月29日

オーバーサイズの服で寝そべると体が溶ける

あーー…

オーバーサイズの服は、寝そべると体が溶ける感覚が味わえて気持ちがいいのだ。

1987年東京出身。会社員。ハンバーグやカレーやチキンライスなどが好物なので、舌が子供すぎやしないかと心配になるときがある。だがコーヒーはブラックでも飲める。動画インタビュー

前の記事:海鮮丼屋からファミレスまで 〜ばくだん丼食べ比べ


初めてのオーバーサイズ

オーバーサイズの服というものが何となくずっと気になっており、先日、部屋着にと思って買った。

001.jpg
買った。

すごく布が余っている。特に脇腹から腕にかけて。普段、ワンピースやスカートといったヒラヒラした服を着ないので、この布の余ってる感じが新鮮だった。

ちょっとした動きで服がヒラヒラして、体と服の間に空気が流れてくる。気持ちがいいなと思った。

そして一番良かったのが、寝そべった時であった。

002.jpg
体が溶けるのだ。
003.jpg
いつもは青い線が体の輪郭なんだけど、赤い線のところまでとろーっと溶けて広がっていく感覚が味わえる。
004.jpg
このまま液体になれたら今日の夜ご飯の心配とか無くなるのに(子どもが野菜を食べない)。

鳶職の人がダボダボのズボンを履くのは、服を通じて足元の障害物にいち早く気がつくため、という理由があるらしい(他にも足の可動域が広がるとか風を察知するためという理由もある)。言わば第二の皮膚だ。

その皮膚が寝そべった自分以上にダラーっと広がっていると、自分の限界を超えてリラックスできる。ものすごく居心地が良い。

疲れている時にお風呂のお湯に浸かると、自分がだんだんお湯に同化していく気持ちになるが、その気持ちと似ているなと思った。

005.jpg
もちろん仰向けも良い。早く液体になりたい。
006a.jpg
あと、モモンガみたいにもなれる。
007.jpg
ブワッ!!
008.jpg
グッ…
009.jpg
ブワッ!!

液体にもなれるしモモンガにもなれる。オーバーサイズの服で新しい体を手に入れよう。

 2021GW特集! お役立ち記事100連発! 

5/5

5/4

5/3

5/2

5/1

4/30

4/29

 

▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ