2021年GW企画「お役立ち記事100連発」 2021年5月3日

休みの前日に「明日は仕事だ...」と絶望して寝ると翌日めちゃめちゃうれしい

明日は仕事....と見せかけて

秋雨が続いて心までしとしとしていた9月のある日、オフィスビルのエレベーターで同乗したカチッとスーツに身を包んでめちゃめちゃ仕事ができそうなインド人男性3人組が「I hope stop train by typhoon(台風で電車止まんねーかなー)」みたいな話をしているのを耳にして「いやあ、世界万民に嫌われてんな会社」と感慨深かった。

しかし、生きるためには働かなければいけないし、会社に行かねばならない(今は在宅も多いが)。そんなのいやだ、つらい、死にたい。

しかし、この絶望的な負の感情のエネルギーの反動を利用すれば休日の喜びを爆増させられるのだ。

1975年神奈川県生まれ。毒ライター。
普段は会社勤めをして生計をたてている。 有毒生物や街歩きが好き。つまり商店街とかが有毒生物で埋め尽くされれば一番ユートピア度が高いのではないだろうか。
最近バレンチノ収集を始めました。(動画インタビュー)

前の記事:今、タンポポは雑種だらけ!?タンポポ見分け散歩に参加した

> 個人サイト バレンチノ・エスノグラフィー

特別な技術や鍛錬はいらない。翌日が休みの夜、「明日は会社だ、嫌だ、つらい」と思って寝床に入るだけでいい。

0022.jpg
翌日の服飾類を準備しておいたりするとダウナー感に拍車がかかる。

目が覚めて鬱屈としてスマホのアラームを止め、壁紙のラッセンイルカの上に表示された日付をも眺めると、なんと今日は日曜日。

002.jpg
なんだ、休みじゃん。

ぼさぼさの髪を整える必要も、よそいきのお洋服に着替える必要もない。ただの休日ではない。「なんだ、休日か」から始まる休日である。体中の血液が一気に浄化され、休日の輝きは格段にアップグレードされる。庭の草花は「あらあら、ほらほら、それからどんとこしょ」と微笑み、ムクドリ達は祝福の歌を歌うだろう。

003.jpg
まあその翌日はこんどこそ仕事なんだけどね.......。びんぼう草が生き生きと伸びる我が家の庭。

 

 2021GW特集! お役立ち記事100連発! 

5/5

5/4

5/3

5/2

5/1

4/30

4/29

 

▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ