2021年GW企画「お役立ち記事100連発」 2021年5月1日

ドライヘッドスパの店名は「〇〇の〇〇」がち

問題です!

悟空のきもち
仙豆のちから
一休のひらめき
ガネーシャのうたた寝……。

これ、なーんでしょうか!

答えは「ドライヘッドスパの店の名前」です。

1979年東京生まれ、神奈川、埼玉育ち、東京在住。Web制作をしたり小さなバーで主に生ビールを出したりしていたが、流れ流れてデイリーポータルZの編集部員に。趣味はEDMとFX。(動画インタビュー)

前の記事:あんこはそのまま食べて良い

> 個人サイト まばたきをする体 Twitter @eatmorecakes

気づけばめっちゃ増えていたドライヘッドスパ専門店

ドライヘッドスパとは、ざっくりいえば「頭のマッサージ」のことだ。

従来のヘッドスパの多くが美容院でのシャンプーの上位互換的にお湯とシャンプーなどヘアケア剤を使って行われるのに対し、ドライヘッドスパはその名前のとおり無水で行われる。

2010年代に入りぐんぐんに流行の兆しを見せ、今や都心ではかなりの専門店があるようだ。

003.jpg
こちらは「仙豆のちから」の看板

 で、冒頭のとおり、この専門店の名前がやけに「〇〇の〇〇」がちなんである。

002.jpg
ビルの2Fに確かにあった

14種を採集した

街での目視だけだと限界がある。Googleマップやホットペッパービューティー等をあたりさっと調べただけで一気に14の店名が集められた。

ジャンル分けしてみよう。

誰かが寝る

  • 王様の昼寝
  • 天使の眠り
  • ガネーシャのうたた寝
  • めだかの夢

誰とは言わないが寝る

  • ゆめのまくら
  • 眠りの森
  • 眠りのまもり

天にものぼらせる

  • 天空の時
  • 天空の領域

ドライヘッドスパは、施術を受けるとその気持ちよさについ眠ってしまうことが多いとうわさされており、それが寝かしつけ系、昇天系の名前の多さに表れているのだと思われる。  

ドラゴンボール

  • 悟空のきもち
  • 仙豆のちから

「悟空のきもち」の悟空は西遊記のほうの悟空の頭のわっか(きこんじ)をイメージしたものだとは思うのだけど、そこへ仙豆が続いたためジャンルはドラゴンボールとさせていただきました。 

004.jpg
看板の悟空も西遊記の方の

 そのほか

  • 一休のひらめき
  • あたまのオアシス
  • 328の森

個人的に「一休のひらめき」は世界のトンマナを守りつつ斬新さと納得度の高さを出したいい店名だと感じる。

14種をあつめ批評的な視点を得てしまった。

なんでなん

で、なんでこの手の名前が多いのかだが、やはり業界の草分け「悟空のきもち」の影響ではないか。

「悟空のきもち」は、公式サイトによると“日本初の頭のほぐし専門店として2008年京都に開店”したんだそうだ。予約のとれなさが一時話題になっていた。

005.jpg
今や東京にもある「悟空のきもち」

トップランナーがなんかこうフックある感じの名前だった。それがうねりとなりて各地に変わった名前の頭もむ店が勃興する。

想像のつかない未来とは、まさにこういうことではと思う。感慨だ。

001.jpg
あちこちの店頭写真を撮り集めたかったのだが、マンションの一室等で営業しているお店が多くむつかしかった。残念(「天空の領域」がある中目黒にて)

 

 2021GW特集! お役立ち記事100連発! 

5/5

5/4

5/3

5/2

5/1

4/30

4/29

 

▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ