2021年GW企画「お役立ち記事100連発」 2021年5月2日

スープストックトーキョーですげえうまい汁かけめしができる

スープストックトーキョーになんどか入ったことがある。

うまい。そしていつも「これにごはんを入れたらうまいだろうな」と思う。

汁かけめしは行儀が悪いと言われていたが、スープストックトーキョーのスープならおしゃれでうまい汁かけめしになるんじゃないだろうか。

炊飯器片手にスープストックトーキョーに乗り込んで「ごはん入れてうまい汁を下さい!」と言おうと思ったがおとなしく通販で数パックを買っていろいろ試してみた。
(スープストックトーキョーにはごはんもあるので店で試すことも可です)
 

1971年東京生まれ。デイリーポータルZウェブマスター。主にインターネットと世田谷区で活動。
編著書は「死ぬかと思った」(アスペクト)など。イカの沖漬けが世界一うまい食べものだと思ってる。(動画インタビュー)

前の記事:Webカメラに鼻のあぶらをつけると美肌になる

> 個人サイト webやぎの目

ベスト汁かけめしはとうもろこしと鶏肉

結論から言うとベスト汁かけめしは

北海道産とうもろこしと鶏肉のシチューかけめし

001.jpg
こうするとおしゃれ度ゼロ

ボルシチやビスクなど色も味の濃い系がごはん(白米)にあうと思ったのだが思わぬ伏兵が現れた。

味が濃いといってもやっぱりスープである。単体で飲める味なのだ。

002.png

まずはカレーのようにごはんにかけて食べてみたのだが役不足だった。ごはんは意外に存在感がある。

003.png

そこで汁かけめしの基本にもどり、スープのなかに完全にごはんを入れるストロングスタイルで味わった。

004.png
まぜた、ということを言いたいイラストです。

さて、こうなったときにごはんといちばん調和していたのがクリーム系のスープだった。
特にこれはごはんがシチューの具のようになっていた。さっき入れたばかりなのにすっかり仲間のようになっていた。

このほか、調和してうまかったのが

オマール海老のビスクかけめし
:リゾットになった
参鶏湯かけめし
:食べ始めは薄く感じたがどんどん良くなっていた。風邪が治る味
牡蠣とほうれん草のポタージュかけめし
:ごはんを入れたらバター?クリーム?のような濃厚さの秘密が一瞬見えた
005.jpg
年老いた母に送ろうかと思う味。牡蠣とほうれん草のポタージュ

 調和ではなくカレーのように対立しながらうまかったのがこのふたつ

東京ボルシチかけめし
:ごはんを入れてもまだ余力がある。肉がすごい。これに汁が欲しい
豚トロのストロガノフかけめし
:汁は味が濃いが肉がさっぱりしている。ごはんがちょうどよい
006.jpg
ボルシチかけめし。京都あたりの居酒屋の〆の名物メニューと言われたら信じる

そのままのほうがいいかなと思ったのは牡蠣のポタージュ。濃厚でクリーミーなのでそのまま味わったほうがいい。だって液体の牡蠣だぜ。

007.jpg
いまこそ汁かけめしの復興を!

 2021GWは! お役立ち記事100連発! 

4/29~5/5のあいだ、デイリーポータルZは総力をあげ、お役立ち情報を連発します。
まいにち11時~18時のあいだにばんばん人生を盛り上げに一役買う記事を更新! ちなみに100連発といいつつ115本くらいある! どうぞご期待ください。
 

5/5

5/4

5/3

5/2

5/1

4/30

4/29

 

▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ