2021年GW企画「お役立ち記事100連発」 2021年5月4日

惣菜コーナーのナムルをご飯に乗っけただけの丼がちょうどいい

スーパーの惣菜コーナーで買った「ナムル盛り合わせ」をご飯に乗せて食べてみたら美味しかった。ただ乗せるだけでこんなに美味しいなんてウソみたいだ。

しかもその食べごたえがなんともちょうどいいのだ。こんなにちょうどいい丼、探そうと思ってもなかなか見つからないぞ。

大阪在住のフリーライター。酒場めぐりと平日昼間の散歩が趣味。1,000円以内で楽しめることはだいたい大好きです。テクノラップバンド「チミドロ」のリーダーとしても活動しています。(動画インタビュー)

前の記事:チキンラーメンは砕いて後乗せしたらカリカリ食感がアクセントになる


ご飯にナムルを乗せたらビビンバなんだと知る

ある時、スーパーの惣菜をあれこれ買ってきて、それを夕飯のおかずにして食べていた。その中にナムルの盛り合わせがあったのだが、なんとなくご飯の上にそのまま乗せてみたところ、びっくりした。焼肉屋で締めに食べたりするビビンバそのものなのだ。

ビビンバ(ビビンパ、ピビンパなどとも言いますね)というのはそもそも「丼や専用容器にご飯とナムルや肉、卵などの具を入れ、よくかき混ぜて食べる料理」だとウィキペディアに書いてある。

ナムルをご飯に乗せたらその時点で「肉抜きビビンバ」ということなのだ。いや、ビビンバという言葉は「混ぜご飯」を意味するそうで、具材に厳密なルールはなく、本場韓国でも地方によって特色がある。だから肉なしのビビンバだって立派なビビンバなのだ。

惣菜コーナーのナムルを買ってご飯に乗せたらはい、ビビンバ完成。これはつまり当たり前のことを言っているだけなのだろうけど、私にとっては新鮮な発見であった。

ナムル盛り合わせを乗せただけの丼、これ以上のぞむことはない

しかもこれがなんともちょうどいいのである。

1.JPG
こういうナムル盛り合わせのパックを買ってきて
2.JPG
ご飯にそのまま乗せるだけ
3.JPG
それだけでこんなに旨いなんて

盛り合わせの内容は販売店によって様々だと思うが、だいたいの場合、もやし、ほうれん草、ゼンマイ、にんじんといった感じではないだろうか。ナムルといえばこれ、という代表的な食材だと思う。

この食材たちの歯ごたえや味わいの個性豊かなことよ。これらを混ぜ合わせて食べるだけで、複雑な風味と食感が生まれ、それとご飯を一緒に食べるんだからまずいわけがない。焼肉店に来たような気分も少しだけ味わえるし、もうこれ以上のぞむことはない。まったくない。

とはいえ、さらにひと手間加えたくもなる

しかしだ。これに肉や卵を加えたバージョンも作ってみたくなる。ナムルだけでもう十分美味しいのだから、とんでもないことになるのではないだろうか。

そこでこんな贅沢バージョンを作ってみた。

4.JPG
うおー!我ながら美味しそう

冷蔵庫の中に残されていた味付け前のハンバーグを加え、キムチも足し、中央に卵黄を乗っけてみた。かき混ぜながら食べてみる。

5.JPG
だめだこれ!旨すぎる!

美味し過ぎてマズいものを食べているかのような顔になってしまった。めちゃくちゃ美味しいけど、これは「過ぎる」気がする。私の日常にはナムル盛り合わせ乗っけ丼がちょうどいい。そう再確認できた。

後日、別のスーパーで見かけたナムル盛り合わせには「ごはんのおともに!ビビンバ丼に大変身!」というシールが貼ってあった。

6.JPG
乗っける前提で作られている

「ナムル盛り合わせをご飯に乗っけてみなよ!なんともちょうどいいビビンバになるから!」って、なぜ誰も教えてくれなかったんだろう。そんなの当たり前過ぎて誰も言わなかったんだろうか。

もしかしたらまだ知らない人がいるかもしれないから、私はこれからもことあるごとに伝えていきたいと思う。

 2021GW特集! お役立ち記事100連発! 

5/5

5/4

5/3

5/2

5/1

4/30

4/29

 

▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ