2021年GW企画「お役立ち記事100連発」 2021年5月5日

マックのハンバーガーにキムチを挟むと新鮮

詳しい経緯は後ほど説明しますが、マクドナルドのハンバーガーにキムチを挟んでみたところ、予想していたのとはだいぶ違うけど新鮮な美味しさだったので、ご報告します。

 

1978年東京生まれ。酒場ライター、他。酒カルチャー雑誌「酒場人」監修をはじめ、いろいろとやらせてもらってます。(インタビュー動画)

前の記事:折りたたみ式座布団をいつでも持ち歩いておくと便利

> 個人サイト 羅刹レコーズ/パリッコ オフィシャル

ある日天啓を受ける「キムチか!?」

この年になってもマックが好きで、たまについつい食べてしまいます。

で、まず今回の記事の主題にしてもいいくらいのお得情報として、「マックのハンバーガーに家で勝手に具材を足すと、ぐっと高級感のある本格バーガーになる」というものがあります。

僕はよく、オーソドックスなチーズバーガーをテイクアウトで買ってきて、レタス、トマト、マヨネーズ、酢漬けハラペーニョの輪切りなどを足したりしているのですが、どれかひとつでもぐっと味に広がりが出るし、全部を挟んじゃった日には、定価が5倍してもおかしくないとえる美味しさに。

それとポテトを交互にほおばりつつ、ドリンクのコーラに焼酎をたらしたコークハイで流し込む休日の午後。たまらなく幸せなんですよねぇ。

mac_01.jpg
「チーズバーガー」

ところである日、天啓を受けました。

「あれ、もしかしてキムチか!?」と。

いや、プラスする具材の話。キムチって、僕が挟むのが好きだと言っていた、レタスのシャキシャキ、トマトのジューシーさ、マヨネーズの酸味、ハラペーニョの辛味、ひとつの食材でそれらすべてをカバーしてしまう、奇跡のハンバーガートッピングなんじゃないの!? と、突然思いついたというわけです。

mac_02.jpg
さっそくやってみよう
mac_03.jpg
バンズを戻して「キムチバーガー」完成

これが奇跡の美味しさだったらすごい発見なんじゃないの!? そんな思いに胸を高鳴らせつつ、がぶりといってみます。

するとこれが……思ってたのとぜ〜んぜん違う!

なんていうんでしょう、キムチの味が強すぎて他の具材とマッチせず、ひと口目の印象は完全に「キムチサンドイッチ」。ただ、あ〜あ、失敗か……なんて思いつつ、ただ美味しくなくはないので食べ進めていると、けっこうなタイムラグののち「おれたち、いたよ〜!」という感じでチーズバーガーの味が広がりはじめたのです。

これには笑った。「な〜んだ、いたのかよ!」ってう、遊園地ではぐれた友達と意外なアトラクションの前で合流できた安心感というか。

結果、キムチサンドとチーズバーガーの2種類の味を楽しめたわけだし、何よりこの新鮮体験、もしも間違えてハンバーガーを2個買ってきてしまった場合などにおすすめです。

 2021GW特集! お役立ち記事100連発! 

5/5

5/4

5/3

5/2

5/1

4/30

4/29

 

▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ