2021年GW企画「お役立ち記事100連発」 2021年5月5日

椅子に座ると楽

人間は二足歩行の動物である。すなわち二つの足で歩行する生き物ということだ。しかし、歩行していないときはどうしたらよいのだろうか。生活を豊かにするヒントはそこにある。

1993年群馬生まれ、神奈川在住。会社員です。辛いものが好きですが、おなかが弱いので食べた後大抵ぐったりします。好きな調味料は花椒。

前の記事:道を覚えると迷わない

> 個人サイト ぼんやり参謀

歩くことをやめたとき、人は次のような状態になる。

IMG_002.jpg

いわゆる「直立」と言われる状態だが、この状態が続くと不思議と足が徐々に疲れてくる。これは直立状態では足で体全体を支える必要があることから、足に負荷がかかるためだ。

IMG_003.jpg
赤枠の部分に負荷がかかっている。ズボンがしわしわなのは関係ない

かつて武蔵坊弁慶は敵から矢を受けても決して怯まず、ついには立ったまま絶命したと言われている。たしかに弁慶ほどの足腰の持ち主ならばいくらでも立ち続けることが可能であろう。しかし私を含めた大多数の人々は足が疲れてくるとつらいので、そうはいかないのが現実だ。

ではどうすれば足に負荷をかけずに済むのか。古今東西様々な方法が試みられて来たが、最近の研究では椅子に座ることが解決策の一つとして考えられている。

IMG_004.jpg
こういう状態のことだ

椅子(写真ではベンチ)に座ると上半身の体重は足ではなく、椅子にかかることとなる。足に負荷がかからなくなるため、とても楽なのだ。

IMG_005.jpg
足ではなく、赤枠のベンチに負荷がかかっている

さらに言えば椅子は自分の身体の一部ではないので、たとえ負荷がかかってもつらくなることはない。弁慶も座ればよかったのになと思う。

IMG_006.jpg
ずっと座っていられる

ただ、座ろうというタイミングで近くにちょうどいい椅子があるとは限らないのが人生である。もしかしたらみなさまの中にも「座ると楽ということは知っていたが、座る場所がなかった」という経験のある方もいらっしゃるかもしれない。

そこでおすすめなのが「椅子付きリュック」である。

IMG_007.jpg
リュックに椅子がくっついたもの、それが椅子付きリュックだ

椅子付きリュックを背負っていると荷物を持ち運ぶことができるだけでなく、任意の場所で椅子を展開することができる。

これにより好きなタイミングで椅子に座ることができるのだ。弁慶は持っていなかったのだろうか。

IMG_008.jpg
これさえあれば、ふとしたタイミングで
IMG_009.jpg
椅子を
IMG_010.jpg
展開して
IMG_011.jpg
座れる

椅子に座る、ただそれだけのことだがその価値は計り知れない。もちろん椅子付きリュックでなくともよいので、是非とも一度試してみていただけると幸いだ。

IMG_012.jpg
とても楽である

 

 2021GW特集! お役立ち記事100連発! 

5/5

5/4

5/3

5/2

5/1

4/30

4/29

 

▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ