私のデイリーポータルZベスト盤 2020年6月15日

私が選んだデイリーポータルZベスト盤:tofubeatsさん

これまで2万本に迫る数の記事を公開してきたデイリーポータルZ。読者はどの記事が好きで、どんな読み方をしているのだろうか?

読者を訪ね「デイリーポータルZの好きな記事」を教えてもらう月イチ連載。今回の読者ゲストは、音楽プロデューサーのtofubeatsさんです。

ここの文とインタビューまとめ:榎並紀行(やじろべえ)

インターネットにラブとコメディを振りまく、たのしいよみものサイトです。

前の記事:おれはこれを見てる~テレビ番組キュレーション(2020.7)

> 個人サイト デイリーポータルZ

読者歴10年以上

音楽プロデューサー・DJのtofubeatsさん。学生時代から10年以上にわたり、数々のアーティストのプロデュース、楽曲提供を続けてきた。

そして、なんと10年以上にわたるデイリーポータルZ読者でもあった。それも、かなり熱心な。

002.jpg
tofubeatsさん。1990年、神戸生まれ。中学生から音楽制作を開始し、大学在学中から様々なアーティストへの楽曲提供、リミックス、プロデュースを行う。2013年にワーナー・ミュージック・ジャパンからメジャーデビュー。6月12日にはリミックスを手がけた山本彩の新曲「stay free - tofubeats Remix -」が配信される。最新EP『TBEP』は各種配信サイトで発売中

筋金入りの読者として、130本以上ものオススメ記事を携えインタビューに臨んでくれたtofubeatsさん。なかでも特に「これぞ!」というものを語っていただいた。

tofubeatsさんとデイリーポータルZの縁

tofubeatsさん:実はデイリーポータルZとは10年以上前、キャリアの初期にご縁があったんです。18歳くらいの頃、東京でのイベントに初めてブッキングしてくれたメンバーの一人がライターの大塚幸代さんでした。それが、人生で二回目の東京でしたね。以来、デイリーの記事も熱心に読むようになりました。

他にも、2013年に僕が当時所属していた「Maltine Records」とデイリーが、渋谷で音楽イベントを共同開催したんですよ。それを後から知り、行けなかったのがめちゃくちゃ悔しかった。

それから、たまに知り合いが記事に登場することがあって驚きます。「選挙カーは時速100キロ以上出すと候補者の主張が伝わらない」という記事に、日本のハウスミュージック界の巨匠でもある横田信一郎さんがドライバーとして出てきて衝撃を受けました。

003.jpg
赤いつなぎの男性が横田さん。記事ではいっさい言及されていないが、ジャパニーズハウスミュージックの先駆者である(「選挙カーは時速100キロ以上出すと候補者の主張が伝わらない」より」)

そうしたご縁もあり2007年くらいから読み始め、今も毎日チェックしています。

だから今回のオファーはとても光栄でしたが、インタビュー実施まで少し時間をくださいとお願いしたんです。生半可な態度で受けるのは嫌だったので、もう一度しっかり読み返そうと。1カ月で13年分のタイトルを全部見て、過去のmixiの日記でよかったと書いていた記事を探しました。そんな作業をしているときに、誰かの発言で、「インターネット界の北極星こと、デイリーポータルZ」と書いているのを見つけました。確かにそうだと思います。

ポップな命知らずたち

読み始めた2007年頃から振り返ると、まずは「親知らずで親知らずを抜く」という記事が印象深いです。これと安藤さんが十二指腸潰瘍になって「胃に優しいコーヒーを作る」記事、それから「痔を治す旅」という病気関係の記事は全部好きですね。これ、僕も全部かかって手術までしているのでシンパシーを感じています。

004.jpg
親知らずで親知らずを抜く」より

なった人しかわからないと思うんですけど、この記事みたいに出先で治すって無茶ですよね。親知らずなんて抜いたあとに出血したら、またすぐ病院に行かないといけませんからね。僕自身、親知らずを一気に3本抜いたときはそのまま入院しましたから。

痔も、なってみると本当に辛い。手術後は1か月くらい立てませんでした。それを、「痔を治す旅」ではポップに描いていて面白いんですけど、僕は病気のしんどさも知っているから泣けるというか。笑えて泣けて、かつロードムービーのようでもあり、エンターテイメントのよさが全て入っている記事だと思います。

005.jpg
痔を治す旅」より

十二指腸潰瘍も笑えない病気なんですけど、胃に優しいコーヒーを作るために旅をする気合みたいなものに感動します。

006.jpg
胃に優しいコーヒーを作る」より

命知らずなんだけど、それをほんわかとラッピングした感じ、その両面がこの3つの記事の醍醐味かなと思います。すごくいいシリーズですよね。

「なりたい!」衝動が炸裂した「F1」「キャベツ太郎」「四人工藤」

同じく2007年の「F1になりたい」は、トップ3に入るくらい好きな記事です。ずっと豪速球を投げ続けるような勢いがすごい。あと、3ページ目から急にテイストが変わるのもいいですね。2ページ目までひたすらF1になろうと奮闘していて、そこからいきなり林さんを待つ展開になる。意見を聞くために編集長を待つんだけど、約束の時間をすぎても来ない、電話にも出ない。で、結局現れないところも含めて、ミラクルな1日だなと。

007.jpg
F1になりたい」より

でも、もし林さんが来てF1の形態模写に関してコメントをしたら、この味は出なかったと思います。第三者の視点が入ることで、彼らが我に返らされてしまうんじゃないかという不安があったんですけど、林さんが来なかったことでちゃんと夢のままで終われた。そのオチも含め、めちゃくちゃ面白かったです。

F1に通じる記事として、「鉄道写真の手法で人を撮ると、人は鉄道に見えるのか」も最高に面白い。これ、3人の登場人物全員が、お互いにまるで関心なさそうな感じがいい。安藤さんは「鉄道っぽい地主さん」を撮りたくて、鉄道写真家の金子さんは鉄道そのものにしか興味がない。一方、地主さんは鉄道にまるで興味がない。この三角関係がたまらなく好きです。こういう強引なこじつけも、デイリーの本領発揮感がありますよね。

008.jpg
鉄道写真の手法で人を撮ると、人は鉄道に見えるのか」より

「俺がキャベツ太郎だ!」もTOP3に入りますね。おすすめ記事を考える時、最初に浮かんだのがキャベツ太郎(ライターの小野法師丸さん)が嬬恋村のキャベツ畑の前に立っている写真でした。

009.jpg
この写真です。(「俺がキャベツ太郎だ!」より)

この記事に関しては、特に説明はいらないかなと。とにかく読んでください。笑顔になれます。
「俺がキャベツ太郎だ!」というタイトルもいいですね。ノープランなのか分からないですけど、勢いだけで突っ走る感じと、それが許されるのどかな風景。全部いいなと思います。

F1もそうですけど、なりたいものになる。夢を叶えるみたいな記事が好きなのかもしれません。意外なものになるというパターンでいうと「4人工藤が北の大地を駆け抜ける」記事もいい。こういうアイデアだけ決めて、あとは当日どう転ぶか分からないけどやってみる。思いついちゃったからにはやりたい、強引にでも形にせねばという感じがとてもいいですね。僕でいうとタイトルが決まったから曲を作り出す、みたいなことでしょうか。

010.jpg
4人工藤が北の大地を駆け抜ける」より

夢を叶える系だと、「マンボNo.5のリズムに合わせてCDトレイを開けたり閉めたりする」も挙げておきたい。10年温めた企画というのも納得の大作です。石川さんの電子工作の知識が総動員されている。この時のためにやってきたんだという感じが伝わり、これは楽しいだろうなあと。

011.jpg
マンボNo.5のリズムに合わせてCDトレイを開けたり閉めたりする」より

哀しくも面白い、知らない人のクビ日記

藤原さんが会社を辞めて無職になる「僕がクビになった日」も好きです。本当にクビになった日の、ただただ悲しい日記。これを書き残しておこうという衝動みたいなものが、なんかすごくいい。途中で泣いていたりして……そんな記事ほかにないですよ。よくよく考えたら、知らない人がクビになった話なんですけどね。

随所に差し込まれるラブプラスのパロディ画像の、せめてものサービス精神も余計に哀しさを誘います。「もう…いいから…」って気持ちになりますね。

012.jpg
僕がクビになった日」より

藤原さんの記事だと、「マズローの欲求5段階説のコスプレでハロウィンに備える」や「奴隷が回してる謎の棒って何なんだ?」もいい。欲求5段階説はコスプレが妙にしっかりしているんですよね。一番上の自己実現欲求のところから顔が出ているなど、気が利いた作りになっているし、文字もちゃんと切り抜いて一生懸命作っている。クビになる記事のまとめにあった「看板は作れます」という伏線をここで回収しています。看板作りでクビになったけど、デイリーポータルZでは許される。泣けますよ。

013.jpg
マズローの欲求5段階説のコスプレでハロウィンに備える」より

「奴隷が回してる謎の棒」は、奴隷役の藤原さんの演者としての魅力が光る記事ですね。顔とかめっちゃいいですもん。プープーテレビの「Windows Updateは突然に」や「iPhoneがバリバリ伝説」でも感じましたが、何気に演技派という。役者として完全にしっくりきている。

014.jpg
奴隷が回してる謎の棒」より

あと、役者といったら大北さんの記事に出てくる安藤さんですね。「雨に濡れた子犬を革ジャンで抱き抱えるのは本当にかっこよいのか?」や「なぜ一斉に水を飲むと美味しそうに見えるんだろう」。どちらも、安藤さんという人間の「強さ」がいかんなく発揮された記事だと思います。

015.jpg
雨に濡れた子犬を革ジャンで抱き抱えるのは本当にかっこよいのか?」より
016.jpg
なぜ一斉に水を飲むと美味しそうに見えるんだろう」より

安藤さんといえば「むかない安藤」は本当に面白くて大好きです。ただ、人気が出過ぎるとコンプライアンス的な問題が生じて終わってしまうかもしれないので、あまり大っぴらに褒められませんが。

唐突な知性がボケに深みを与える

今回改めて選んでみて、特に多かったのが大北さんの記事。どれも好きですが、なんといっても「リカちゃん人形をダンボールで作ると泣けます」。これはもう文句なしの、僕が言うまでもない名作ですよね。文章を読んで、これだけ笑えるものって他にない。心の底からおかしいんだけど、それだけじゃなく、なんか悲しい。プロレタリアートですよね。現時点で、自分の中のオールタイムベストはこの記事かなと思います。

017.jpg
リカちゃん人形をダンボールで作ると泣けます」より

あとは、「ミニ四駆全国大会にカニで出る」。この記事、途中で「大江健三郎の死体洗いのバイトの話を思い出す」っていうくだりがあるんですけど、ミニ四駆にカニっていう大味なボケにも関わらず、唐突に知性が飛び込んできてギョッとしたんですよ。

018.jpg
ミニ四駆全国大会にカニで出る」より

先ほどの「欲求5段階説」のコスプレや、これも藤原さんの「『純粋理性批判』の体操をつくる」「要約『なぜ世界は存在しないのか』」など、たまにある哲学の記事も、急に大江健三郎が出てくるのに似ています。やってることはくだらないけど、ベースにある教養によって記事に深みが出てくる。

019.jpg
『純粋理性批判』の体操をつくる」より
020.jpg
要約『なぜ世界は存在しないのか』」より

かといって、カニもマズローの記事も、べつに何かの役に立つわけではない。それがいいですよね。僕は役に立つものを求めてインターネットを見ているわけではないので、みんなもっとカニを走らせてほしいと思います。

大北さんの記事に戻ると、2019年の「お前たちがあおり運転をするなら俺達はあおり食べでいく」も素晴らしいです。最後まで読んでも「あおり食べ」という概念がよく分からず、ふわっと終わるところがいい。ぜんぜん伝わらないのにグッときます。

021.jpg
お前たちがあおり運転をするなら俺達はあおり食べでいく」より

130本以上ものセレクト

直近の記事では「目に映るものの名前をできる限り知りたい」が、あまりにもよかったです。Twitterでどうでもいいことが全部分かってしまう。インターネットの集合知のすごさを久しぶりに感じました。筆者の三土さんは、新人賞投稿者向けのオンライン記事セミナーでも「ものの名前を知りたい」とおっしゃっていましたよね。名前が分かればそれについて調べることができて、いろんなことが分かってくる。なるほどなあと思います。

022.jpg
目に映るものの名前をできる限り知りたい」より

ちなみに、今回はばかばかしい記事を中心にピックアップしましたが、普通にいい記事もたくさんあります。「現存世界最古のモノレール『ヴッパータール空中鉄道』」や、「フランクフルトの東横イン」などですね。

※ありがたいことに130本以上のおすすめ記事を選んでくれたtofubeatsさん。数が多すぎるので、最後に一覧でご紹介します。

未熟のプロフェッショナル

デイリーを読んでいると、時にライターの生き様を見せつけられます。ライターだからこそ、痔を記事として昇華させられる。キャベツ太郎にもなる。恥ずかしいことも、全てネタにしてしまう貪欲さはかっこいいなと思います。

あとは、へんにうまくなろうとしない。「素人」であることの気合い、みたいなものが感じられるところも好きです。「上手なもの」って形が決まっていて、みんながそこに集合するじゃないですか。例えば、新幹線は世界のどの車両でも形が似てくる。そうではなく、下手であるがゆえの多様性を僕は見たいんです。ヘボコンなんかは、まさにその姿勢が体現されていますよね。

プープーテレビの藤原さんの絵描き歌なんかも、普通はあれだけ回数を重ねていったら「上手」になっていくはず。でも、意識して「下手であろう」としているように感じます。そっちの方が、予想もつかないことが起きますから。

洗練をあえて突き放す、未熟のプロフェッショナル。それがデイリーポータルZなんじゃないかと思います。そういう、おかしなストイックさは失わずにいてほしいですね。

tofubeatsさんオススメ記事

※「☆」は特におすすめ。「☆☆」はさらにおすすめ

[2020年]
☆目に映るものの名前をできる限り知りたい

要約『なぜ世界は存在しないのか』

喫茶デイリーポータルZ

スーツにデニムのジャケットを合わせてみる

[2019年]
スタバのカップに書かれたい

ドトールに通い続けて常連ぶることはできるか

☆お前たちがあおり運転をするなら俺達はあおり食べでいく

はじめての3Dポリゴンメイク

コケでこけしを作って「コケし」

レフェリーになって街を綺麗にする

叙々苑のランチを知っておきたい

ヘボコン

オーロラの下でオーロラソースを作る

ラ・ムーとディオの198円弁当の深遠なる世界

マンガでわかる「マンガでわかる」

おれはそばなら無限に食べられる

じゃがりこサイレンサーであの騒音問題を解決しよう

[2018年]
☆選挙カーは時速100キロ以上出すと候補者の主張が伝わらない

弟のクリスマスデートについていって実況する

趣味の一番楽しいところを体験したい

ビジネスホテルのこだわり大全

自動車7000台を運ぶ船が完全に立体駐車場

フランクフルトの東横インを見に行く

新幹線から見える野立て看板の数を数えた

☆なぜ一斉に水を飲むと美味しそうに見えるんだろう

地味な夢がかなう!アナウンスカラオケ

日帰り出張が楽しくなる、ビジネスマンのための「新幹線マイルール」

大人の職業体験で憧れのパイロットに、おれはなる

現存世界最古のモノレール「ヴッパータール空中鉄道」

☆☆マンボNo.5のリズムに合わせてCDトレイを開けたり閉めたりする

[2017年]
☆『純粋理性批判』の体操をつくる

佐渡島には個人オーナーの伊勢丹がある!

ペリーがパワポで提案書を持ってきたら

なんでも展開図にできる!「りぼん」組み立て紙ふろくの設計者

☆鉄道写真の手法で人を撮ると、人は鉄道に見えるのか

☆雨に濡れた子犬を革ジャンんで抱きかかえるのは本当にかっこよいのか?

未来のルンバはサンバで踊る

ライターインタビュー「記事を書く人生とは」

iPhoneがバリバリの人を映画化したやつ公開

ボタン一つで助かる若者がいます

☆☆Windows Updateは突然に

[2016年]
サイコガンからマヨネーズを出したかった

新兵器「撃てるメガネ」

オフィスが崖にあっても使える電話

崎陽軒のシウマイ弁当、何から食べる?

タブレットがでかい

アメリカ人をやめるかどうかの面談に行ってきた話

35歳にしてアメリカ人であることが発覚した話

豆乳の味、多すぎやしないですか? メーカーにきいた

☆奴隷が回してる謎の棒って何なんだ?

顔が大きくなる箱

コンビニのレシートで川柳を詠む

[2015年]
塩ビ管で娘の自転車を作ったら2秒で壊れました

サプリを使って栄養満点な牛丼を作りたい

マズローの欲求5段階説のコスプレでハロウィンに備える

☆デイリーポータルZは生活の役に立つのか?

男3人 いいちこ工場見学1泊2日

[2014年]
一人で恋人と結婚式を挙げている写真を撮る方法

一人で彼女とキスしている写真を撮る方法

音痴で楽器ができなくてもライブに出る方法

パソコンをウェアラブルにする

みりんって何?

結婚12年目で初めて結婚写真を撮る

新入社員養成ギプス

技術力の低い人が作ったロボット大集合

ランチパックを圧縮する

☆東京のテレビのチャンネルを神奈川から変える

誰でも仕事のできる男に見える方法

全国の鈴木さんが集まる鈴木会

[2013年]
ガッツポーズワークショップ

Maltine Records✖️デイリーポータルZ「クラブイベント」今やってます

無人島で確定申告

そば打って泣く!熱湯そば打ち甲子園

一人で彼女にあーんしてもらっている写真を撮る方法

ボールペンをゼロから自作する

「コーラってそもそも何味なの?」メーカーに聞いた

[2012年]
☆☆リカちゃん人形をダンボールで作ると泣けます

☆☆痔を治す旅

一人なのに女性とデートできる6つの方法

クールさ基準でジャンケン対決

☆ミニ四駆全国大会にカニで出る

☆ミニ四駆見た目コンテストにカニで出る

Gジャンの袖はどのくらい切ればかっこいいのか

生きる乳酸菌を殺菌する

リサイクル工場でやりたい放題!

☆僕がクビになった日

小切手で始まる金持ちライフ

いつでも号泣できるマシーン

露天風呂のある賃貸生活

20年前のノートを盗み見る

東西2大降りない「新」駅で降りてみる

業界シェアを土で表現する

勝手に警備員

オフィスグリコやヤクルトレディはどこでも商品を売ってくれる

[2011年]
胃に優しいコーヒーを作る

請求書をプリンタ無しで出力する3つの方法

☆四人工藤、故郷に帰る

☆「四人工藤」が絶妙な呼吸でついてくる

芦屋に行ってみたい

あなたの商売道具おしえてください

陸海空を駆使して大阪から東京へ帰る

USBにフックをつけたら超便利

SDカードはどこまで飛ぶのか

ふせんの粘着力で何kg持ち上げられるか

[2010年]
七輪で暮らす48時間

ラジカセ改造のススメ

ロウソク6本があれば米が炊ける

悪魔の兵器・すね毛剥がしマシン開発日誌

会社辞めます!そんな告白シチュエーション

かっこいいホームページ

独自のクリケットで遊ぶ

取り返しのつかないことをしたい

背中合わせでギターを弾くあのかっこよさよ

手作りいかだで川を下る

[2009年]
☆☆俺がキャベツ太郎だ!

ごくつぶしマシーン

ひとり紅白歌合戦

ハトが選んだ生命保険に入る

東京の看板が、白かった

[2008年]
電車に乗って元気を出す

頑固な冷え性を何とかする

タキシードハイキング

○年ぶり○回目

頭上にミラーボールで輝ける日々を

エクストリームアイロニングはじめました

タレをあつめて

[2007年]
カッコだけでもDJになってみたかった

勝手にひとり神輿

☆☆F1になりたい

☆親知らずで親知らずを抜く

地味で手軽なコスプレのご提案

あの看板から新幹線はどう見える?

ふじわらメモリアル

[2006年]
カラータイマーは役に立つのか

[2005年]
鎧でビジネスシーン

壮絶!長崎のゴミ収集

エアギター入門

パンツを選択する

▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ