特集 2019年5月14日

叙々苑のランチを知っておきたい

叙々苑のランチは、叙々苑初心者におすすめでした。

私たち庶民がいつか行きたいと思っている高級焼き肉屋「叙々苑(じょじょえん)」。以前、行きたいと思い、メニューを確認したところキムチが800円だった。行くことをあきらめ、松屋で牛焼肉定食を食べたが、こんなことではいけない。新しい年号になったのだから、自分だって新しい自分へと変わらないと行けない。叙々苑に行こう。

1988年神奈川県生まれ。普通の会社員です。運だけで何とか生きてきました。好きな言葉は「半熟卵はトッピングしますか?」です。もちろんトッピングします。(動画インタビュー)

前の記事:近所に復活したラーメンブーム発祥のお店へ行く


叙々苑のランチへ行くことにした

ただ、気軽にディナーへ行こうと思ったらきっとローンを組む値段になってしまうだろう。そこで提案したいのがランチである。

どんなに高くても7000円あればおつりが来て、帰りにハーゲンダッツを食べながら帰れる。

なんか行ったことのあるように書いたが、行ったことなんてない。庶民なので松屋で牛焼肉定食はよく食べる。

値段の高いイメージがあるが、それよりも庶民が行っていいのか、ドレスコードは必要なのかなどわからないことが山ほどある。一度、行ってみようじゃないか。

001.jpg
恵比寿ガーデンプレイスに来た。

ゴールデンウイークということもあり、多くの人たちでにぎわう恵比寿。あまりの多さにカメラで撮影する女子たちの後ろを何度も通ることがあったので、彼女たちのインスタグラムに自分が写っていると思う。知らない男がカメラ目線で。

002.jpg
エレベーターで38階へ。
003.jpg
戸惑うぐらい高級感のある通路を歩くと、
004.jpg
まぶしいぐらいの光を放つ叙々苑。

入口からオーラが違う。果たして入れるのか。入ってもいいものなのか。入った瞬間、黒服の人たちが出てきて外に連れ出されはしないか。ジャケットを着てきた方がよかったかなど不安がつきない。

入る前に落ち着いてランチメニューを見よう。メニューはいつだって心を落ち着かせてくれるし、ずっと見ていられるものだから。

005.jpg
これがランチメニュー。

ビビンバ肉重、S(サービスのSらしい)ランチ、Aランチ、Bランチ、Cランチと段々と値段が上がってくる。一番安いメニューで1800円、高いのだと5800円する。ただ、普通に食べたらきっと5万ぐらい食べないとお腹いっぱいにならないので安いだろう。

006.jpg
5800円のランチを見て友人がこう言った。
007.jpg
「手軽?」

一人で叙々苑に行くのが怖かったので友人の能登さんに来てもらった。そして、メニューを見るなり「高いな…」とつぶやいた。

友人に「これ、本当に手軽ですか?」と言われたが、「おいしかったらいいじゃないか」と論破した。おいしいものは正義である。

008.jpg
そして通された席が都会を見下ろしながら焼肉が食べられる席だった。
009.jpg
座って5秒で紙エプロンをつけた。いつ肉がきても大丈夫です。

Cランチ(5800円)、ビビンバ肉重ランチ(1800円)を頼んだ。

010.jpg
あれだけくもっていた空から晴れ間が見えてきたが、
011.jpg
約8000円。16日分のランチ代である。気軽かどうか、一度心の中と自分と話し合いたい。三者面談したい。

風景を見ながらランチを待っている。周りにはビールを片手に談笑する人たちが多い。話も「こないだ泊まったホテルがよかった」、「不動産を増やしたい」という会話をしていた。さすが叙々苑、お金持ちたちの会話である。そして、そんな話を聞いているうちに王者のランチがやってきた。ゲームの話をしていた。

012.jpg
野菜が豊富。

サラダ、わかめスープ、キムチ、ナムルなどの野菜がこれでもかとテーブルに運ばれてきた。これだけでお腹いっぱいになる人もいるだろう。そしてメインの肉がこちらだ。

013.jpg
こちらがCランチの肉。特選ロース薄切り焼、上カルビ、タン塩焼。ちなみにCランチのみ、それぞれの肉に合うタレがついてくる。
014.jpg
そして、ビビンバ肉重ランチ。

肉たちからは光り輝くオーラが放たれている。食べて大丈夫なのか。食べる順序が実はあって、違う順番で食べたら「すみません、お引き取り下さい」と言われないだろうか。それか急にやってきた海原雄山に怒られて泣きながら食べることにならないか。

015.jpg
絶対に焦がさない気持ちを強く持ちながらタンを焼く。
016.jpg
焼きすぎないで食べるのがおいしい。タンを焼き始めたら他の肉も食べたくなったので焼く。
017.jpg
人生の中で一番おいしい肉だ。海原雄山にも食べさせてあげたい。2枚あげたい。

普段食べている肉とは全然違う。噛んだ瞬間にスッと切れるやわらかさ、そしてにじみ出る肉汁、脂たちの甘さ、うまい、うまいと思っていたらすぐに口の中からいなくなった。
焼肉に行って悲しい気持ちになった。だって、肉がすぐになくなってしまうのだから。

018.jpg
この夢がずっと続けばいいのに。

食べ終わった直後ぐらいに「デザートがどうされますか?」とベストタイミングで聞かれた。サービス、接客対応も値段以上で居心地が最高である。これが叙々苑か。

019.jpg
デザートは杏仁豆腐にフルーツソースがかけられたもの。さっぱりとした甘さ。
020.jpg
デザートを完食し、夢が終わった。

初めて叙々苑はまるで夢のような体験だった。ただ悲しいもので夢は終わるものである。

そんな悲しい気持ちを明るくする方法がある。2軒目に行くのだ。叙々苑のはしごが決まった瞬間だった。前日からご飯を抜いてきたかいがあった。

叙々苑をはしごする

友人の能登さんが「全然お腹が空かない」と言うが無理矢理連れてきた2軒目。叙々苑目黒店にやってきた。

021.jpg
叙々苑目黒店に来た。スナック感がある目黒店。

同じお店ならメニューも一緒だろうと思ったが、メニュー看板を見ると少し違う。

022.jpg
値段が違うのもあるが、
023.jpg
Sランチが牛切落しランチになっている。

値段も少し違うが先ほどにはなかったメニューがある。こういう少し違う商品は興奮する。

024.jpg
先ほどとはまた違った雰囲気の店内である。

まるでスナックやクラブのような大人の雰囲気の中でおいしい焼肉を食べる。能登さんは牛切落しランチ、私はAランチを頼んだ。

025.jpg
ランチの副菜は一緒である。
026.jpg
牛切落しランチ。盛り付けからしておいしそう。
027.jpg
こちらはAランチ。赤身とカルビ、エビと値段がCランチよりも安い分、肉の種類が少ない。

肉の種類こそ少ないが赤身は歯ごたえと共に肉の味がしっかりと味わえる。先日食べたスーパーのお肉の15倍おいしい。

そして、牛切落しもほどよく脂がのっており、値段以上においしい。

028.jpg
この画像を会社の机の横に置いて、つらいときに見たい。
029.jpg
「おいしい」と言いながら食べる友人に「腹何分目?」と聞いたら「9分目です」と言われた。

叙々苑をはしごしていて疑問に思ったことがある。よく町の焼肉屋ではご飯のおかわり自由のお店があるが、叙々苑ではどうなのか。注文してみよう。

030.jpg
ちょうどご飯がなくなりかけたので聞いてみる。

「すみません、ここってご飯のおかわりって可能ですか?」と聞いたところ、「やっておりませんが、追加のオーダーなら可能です」とのことなので、ライスの追加をお願いした。

031.jpg
ただ、注文したあと、厨房がざわざわした。きっと全部のライスを食べられてしまうと思ったのだろう。
032.jpg
来た!

叙々苑ではライスは食べ放題ではないが、追加すれば(少し厨房がざわざわするが)食べることができる。
「きっとお腹が限界になるほどたくさん食べるような人が来ないんでしょうね。お金持ちたちはそんなにがつがつしないで優雅に食べるから。」と能登さんが言っていたが、何も言い返さずに肉で白米をつつんで食べた。

033.jpg
店内でひとりだけガツガツしながら食べましたがおいしかったです。

初めてのひとり叙々苑

目黒の叙々苑で会計するときに「ひとりで叙々苑に来られる方っていらっしゃるんですか?」と聞いてみた。「はい、いらっしゃいますね。」ということなので、これは体験してみたい。ひとりで行ってみよう。

034.jpg
初めてのひとり叙々苑イン横浜。

ゴールデンウィークということもあって外まで並んでおり、30分の待ち時間があるようだったがひとりは誰もいない。「叙々苑にひとりで来るんだ」という目線が気になるが、入ってしまえばこっちのものである。

035.jpg
押し寄せてくる高級感。
036.jpg
止まらない高級感。
037.jpg
心臓バクバクである。

とりあえず注文をしよう。食べたことのなかったBランチを頼んだ。まわりが楽しく談笑しているが自分ひとりだけかなりの緊張感を持ってランチをしている。

038.jpg
ひとりで絶景をたのしむゆったりした大人の時間が流れているが、
039.jpg
ひとり切羽詰まっている男は緊張でウーロン茶がどんどん減っていく。
040.jpg
こんなに緊張してご飯を食べたことってあんまりないな。

そして、やったきたお肉たち。Bランチは2番目に高いコースなので、肉たちがそれはもう素敵である。

041.jpg
カルビ、ロースとエビ。赤身と脂のバランスが見るからに最高である。
042.jpg
ジューとオーケストラでも出せない素敵な音が聞こえてくる。

あれだけ緊張していたにもかかわらず、お肉を焼いてしまえばおさまってきた。ヒーリング効果があるかもしれない。

043.jpg
それはもううまい。
044.jpg
食後の抹茶アイス。ハートの形をしていてかわいい。ひとりでも歓迎されているような気持ちになり心が打たれた。
045.jpg
全部食べたら眠くなった。

のれん分けのお店に行ってみる

もしかしたら、他の叙々苑にも変わったメニューがあるかもしれない。そう思い、編集部の安藤さんを誘ってゴールデンウィークに行ってみることにした。

046.JPG
休みの日に呼んでしまってすみません。

小田急江ノ島線相模大野駅から歩いて15分の場所にある叙々苑相模原店である。ここは叙叙々苑からのれん分けされたお店で叙々苑の公式ホームページには載っていない特別なお店である。これなら変わったメニューもあるかもしれない。

047.jpg
開店前から人が入っていった。

変わったメニューはいつだって楽しみだ。コンビニで新商品が出たら買ってしまうタイプである。お腹いっぱい食べて帰るぞと思い、受付にきたら驚きのお知らせがあった。

048.jpg
ランチメニュー休み。
049.jpg
こんなに肩を落とすことってないな。

ゴールデンウィークの悲劇である。ランチメニューは提供されておらず、途方にくれた。しばらく立ちつくしたが、このあと安藤さんとラーメンを食べて帰りました。


意外と気軽だった叙々苑

値段が高く、入りにくいイメージがあった叙々苑だが、ランチなら頑張れば行ける値段である。はちゃめちゃにおいしい肉を食べたいときは一度、行ってみてください。あと、いつかのれん分けのお店に行きたい。

050.jpg
今度は家族でちゃんとやっている日に行きたいものですね。
▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓