特集 2019年8月19日

はじめての3Dポリゴンメイク


メイクとは、立体感を出すものなのだそうだ。ハイライトだったりなんだりで凹凸を強調させる。そんな噂を聞いた。

メイクに縁のない筆者は、立体感、と聞くとTVゲームが手探りで3Dに挑戦した頃のカクカクしたポリゴンのことを思い出す。初代プレイステーションやセガサターンといったハードが活躍していた頃だ。

3Dポリゴンになることで、顔に立体感が生まれるのではないか。

埼玉生まれ、神奈川育ち、東京在住。会社員。好きなキリンはアミメキリンです。右足ばかり靴のかかとがすり減ります。(インタビュー動画)

前の記事:上の句「ココロも満タンに」 企業キャッチコピー百人一首で遊ぼう

> 個人サイト のばなし

これがメイクか、と思った日のこと

02.jpg
今回のゴール、ここです

ふいに、はじめてメイクをしてもらった時のことを思い出した。学生の頃、企画で女装をさせられた、もう10年以上も前のことだ。

参加者は男5人。それにヘアメイク担当が一人一人つけられる。

企画開始から15分ほど経ったところで、少し離れたテーブルからキャーキャーという声が聞こえた。同じく女装させられている友人が「かわいい!」らしいのだ。ちらっと横目で見ると、チャイナドレスに身を包んだ友人は確かにかわいくなっていた。

そのとき人生で初めて「おれもかわいくなりたい」という感情が自分の中に芽生えたことに気づいた。後にも先にもこのときほど”美”を意識したことはなかったと思う。

これがメイクか、と思った日のことだ。

03.jpg

思い出話はさておき、今日はメイクアップを教わりに三善さんに来ている。
女装ではなく、一昔前の3Dポリゴンになりたいと思ったからだ。

04.jpg
まだ人間だった頃の筆者と、撮影担当は編集部の安藤さん

バーチャファイターを目指して

今日は3Dポリゴンの中でも、木を削り出したようなフォルムが印象的だった『バーチャファイター』というゲームのキャラクターになりたい。

令和のこの時代に見ると”牛乳パックで作れそうだな”とも思えてしまうけど、格闘ゲームの金字塔とも言える作品だ。

05.jpg
まったくわからない、という方も検索結果でニュアンスをつかんでください

ご協力いただくのは、以前べつやくさんの『爆発メイク入門』でも弊サイトがお世話になった市川さん。

06.jpg
毎度デイリーポータルがお世話になります
07.jpg
イメージ図を用意してくれていた。「普段こんなに定規使わない」とのこと

さっそくいろいろ教わりながら、ポリゴンになっていこうと思う。

まず眉を全てなくします

08.jpg
はじめに余計な脂を落とそう

3Dポリゴンメイクは眉をすべて消すことから始まる。そのため、まず”眉を寝かせる”のだという。

09.jpg
この「太白(たいはく)」で眉を寝かせる

触ってみると、ベタベタした質感がロウソクのよう。プロの歌舞伎役者なども使用しているメイク用品なのだという。

三善さんは昭和28年に創業した舞台メイク用品の専門店なのだ。歴史ある店の片隅で、ひとりのポリゴンが誕生しようとしている。

10.jpg

教わりながら左眉を寝かせる。放物線を描くように、強めに押しなぞっていく。

11.jpg

眉を寝かせたらカバーペンシルなるもので消していく。そうか、眉を倒さないとこの色がうまく乗らないのだ。

メイク中は口が開きづらいので安藤さんと市川さんの会話を聞いていることが多かった。
安藤さんは「眉、全部剃っちゃいましょうよ!」と市川さんに提案していた。この人に委ねるといろんなものを失う。

12.jpg
両眉がなくなる。安藤さんは後ろで楽しそうだ

不思議なもので、眉が消えるだけで一気に感情を失った人間のように見える。それだけ眉って感情表現に大きな役割を持っているのだ。

丸い顔に直線を引くのはコツがいる

13.jpg

ここからポリゴンは加速していく。市川さんが取り出したのは医療用のサージカルテープ。マスキングの要領で色の塗り分けに使うのだそうだ。

どれだけ直線を引けるかどうかが鍵の3Dポリゴンメイクにおける、マストバイのアイテムである。

14.jpg
面に、ドーランで少し明るい色をぽんぽんと乗せていく

15.jpg

手ほどきを受けながら自分でもメイクをさせてもらう。それにしても眼鏡をはずすと手元が見づらい。手鏡を持ちながら進めるが細かい作業はなかなか大変だ。
普段眼鏡をかけている女性っていつもどうしてるのだろう。

16.jpg
うまく伸ばせたので褒めてもらえた。眉はないが笑っている

17.jpg

塗って終わり、ではなく、ドーランを定着させるために粉を上からはたく。この粉を使わないと、隣の色との境界がにじんでぼやけるらしい。いろんな粉があるものだなあ。

プロのメイクさんは、”うまく色と色の境界をぼかすこと”がテクニックなのだそうだ。プロをとっ捕まえて正反対のことをさせてしまっている。境界をぼかすなんてとんでもない、今日はバキバキに塗り分けたい気持ちなんだ。

18.jpg
テープを剥がすその一瞬、悲しみをたたえたイタリア人みたいになるなあ
19.jpg
剥がしたあとは、顔にすのこを乗せたまま日焼けした人みたいだ。多分順調である

筆者の笑顔が少ないが、顔を動かしたらメイクがずれそうで怖いのだ。単純に、メイクされ慣れていない。

20.jpg
手元のバーチャファイターに思いを馳せる。おれは彼に近づいていっているだろうか

市川さんは手馴れたもので、肌の上で色を混ぜて調整しながら筆を進めていく。

普通のメイクだったら顔を手で抑えながら色を乗せていくのだけど、今回は顔すべてに色を塗るので手の置き場所がなく、塗る順番が難しいらしい。

パズルみたいだ、と思う。ここから先はもうプロにすべて任せよう。

メイク講師にたどり着いた市川さんと、3Dポリゴンにたどり着いた筆者と

21.jpg
「それは肌用の絵の具ですか?」と聞いたら「ファンデーションです」と言われた。そうか、ファンデーションだ

不動の姿勢で市川さんと編集部の安藤さんの会話に聞き耳を立てる。

市川さんは元からこの業界志望という訳ではなく、大学も経済学部だったという。この三善にも営業として入り(三善は化粧品メーカーでもある)、結果的にメイク講師をすることが多くなったのだそうだ。

22.jpg

安藤「このメイクの仕事、アーティストですよね」
市川「両親が美術系だったので、その血かもしれないですね」

二人の会話で、そういえば、まるで忘れていたけど筆者の両親は化粧品会社に勤めていたことを思い出した。
両親が美術系の市川さんと、両親が化粧品会社の筆者の人生が今ここで不思議な形で交差した。

3Dポリゴンになるべくしておれはここにいるのだ。

23.jpg

ふつふつと熱い感情をたたえる筆者を尻目にメイクは進む。

眉間の下、口元の下に影を入れると一気に立体感が増した。知ってる、これがシェーディングってやつだろう。

こうしておれはバーチャファイターになった

ポリゴンメイクも終盤。続けてアイラインだ。
「こんなに広くラインをひくんですか」と安藤さんの驚く声が聞こえる。“目がかぶる"”タイプなのでこれでいいらしい。へー、今後の参考になるな。
確かに、目を開けてみるとほとんど目立たない。

24.jpg

目の下にもアイシャドウを塗る。たぶんアイシャドウ。目元に細いものがツツーと通る瞬間は慣れない緊迫感があり、少し身構える。

26.jpg
でも動揺する表情は見せない。おれはポリゴンだから
27.jpg
安藤「インパラみたい」。顔に線が入ると劇団四季のライオンキングを思わせる

28.jpg

29.jpg

30.jpg

31.jpg

できた。たくましい眉毛が決まると一気に顔が力強くなった、さぁさぁメイクの完成だ。

3Dポリゴンヘアセットをしたら街に出よう

32.jpg

メイクが整ったら3Dポリゴンヘアセットである。
いかんせん髪の毛がひん曲がっているためポリゴンには向かない。ヘアアイロンでまっすぐにしたら、ワックスで整え、この日のために買った一番強いハードスプレーで上へ上へ逆立てていく。

33.jpg
この日は髪の毛を洗うのが大変だった
01.jpg
はちまきを巻いたらいっぱしのバーチャファイターだ

34.jpg

これが…おれ…?鏡をまじまじと見つめ、右に左に体を揺り動かす。

服はどうにかポリゴンに見えるよう、アクリル絵の具で塗ったものだ。
ちょうど新幹線で通り過ぎた人が「あの人ポリゴンじゃない?」と疑う程度のクオリティである。手先が不器用なので大目に見てほしい。

できたてポリゴン、新宿をゆく

35.jpg
外へ出た

おもしろかったのは、室内より外へ出たときのほうがポリゴン感がグッと増したことだ。なんでだろう、理由はわからない。

02.jpg

あれこれポーズとアングルを変え、カメラを選んだものがこの冒頭の写真である。そう、おれこそが3Dポリゴンだ。

36.jpg

37.jpg

事前に用意した鉢巻きと、顔の縦のラインが偶然ぴったり重なった点がお気に入りのポイントである。

何枚か撮れたら満足したので三善に戻り、

38.jpg

39.jpg

今日使ったメイク用品を改めて教わったりしながら、

40.jpg

41.jpg

メイク落としでこすったら、拍子抜けするほどあっという間にいつもの自分に戻った。
魔法のようだと思った。


最後に変な奇跡があった

この撮影が終わった1週間後、バーチャファイターのポリゴン制作に携わっていた、という人と偶然飲んだ。
今しかない!と一連の写真を見せたら「バーチャファイターの1と2のあいだくらいのポリゴンだ」と笑ってもらえて良かった。宝くじに当たるくらいの確率で、ただただ変な奇跡ってあるものだ。

42.jpg
鏡に映っておれが増えた瞬間、キャラクター選択画面みたいだった

取材協力:三善

▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓