コラボ企画 2014年2月25日

新入社員養成ギプス

これでキミも立派なビジネスマンになれる!
これでキミも立派なビジネスマンになれる!
僕にはビジネスマンとしてのスキルが圧倒的に足りない。 何故なら大学卒業後長らく家でごろごろする生活を送ってきたからだ。
当然名刺も持っていないため、名刺交換のスキルもない。
そんな僕のような人間でも、ビシッと名刺交換ができるようになれる「新入社員養成ギプス」がとうとう完成したという。
1986年埼玉生まれ、埼玉育ち。大学ではコミュニケーション論を学ぶ。しかし社会に出るためのコミュニケーション力は養えず悲しむ。インドに行ったことがある。NHKのドラマに出たことがある(エキストラで)。(動画インタビュー)

前の記事:みんな電車の中で何してるのか?

> 個人サイト Twitter

名刺交換よければすべてよし

ビジネススキルに不安をかかえる僕に、新入社員を応援するJAバンクとのコラボの話が舞い込んだ(詳しくはこちら→「知られざるビジネスのオキテ」)。誰でもビシッと名刺交換ができるようになれる「新入社員養成ギプス」を作る記事である。

名刺交換と言えばビジネスコミュニケーションにおける基礎中の基礎。名刺交換と共にビジネスはヨーイ、ドンとスタートするのだ。

まずは新入社員養成ギプスを装着する前の、ありのままの僕の名刺交換の様子を見てみよう。
ふにゃふにゃしている。この時点でビジネス終了なのは明らかであろう
ふにゃふにゃしている。この時点でビジネス終了なのは明らかであろう
肘も曲がっていて、弱々しい。
肘も曲がっていて、弱々しい。
カツアゲされているようでもある。もっと堂々と差し出せ!
カツアゲされているようでもある。もっと堂々と差し出せ!
全然だめだ。

一番初歩のコミュニケーションがちゃんとしていないということは、その後のコミュニケーションがちゃんとしていないと同義である。

「始めよければ終わりよし」という言葉があるように、名刺交換の良し悪しは後にビジネスの良し悪しにも関わってくるのだ。
ビジネスは戦場だ。失敗すれば一巻の終わり。
ビジネスは戦場だ。失敗すれば一巻の終わり。

新入社員養成ギプス、登場

初歩のビジネスコミュニケーションもままならないまま老いさらばえていく……。そんなのは嫌だ! という僕の要望に答えて登場するのが「新入社員養成ギプス」だ。

テクノ手芸部の一人、よしだともふみさんが快く制作に名乗りを上げてくださった。
今回、養成ギプスの制作を依頼した、テクノ手芸部のよしだともふみさん
今回、養成ギプスの制作を依頼した、テクノ手芸部のよしだともふみさん
制作の様子は後回しにして、まずは出来上がった新入社員養成ギプスをご覧頂こう。
革とバネを基本としている
革とバネを基本としている
革とバネを使って体に良い姿勢を叩き込む。基本のコンセプトはアニメ「巨人の星」の「大リーグボール養成ギプス」と似ている。

だが、こちらには姿勢がきちんと維持できているかチェックしてくれるギミックまである。(ランプがそれ。)至れり尽くせりだ。

これが新入社員養成ギプスの効果だ!

新入社員養成ギプスを使うとどうなるか、その効果と実力を早速見てみよう。
4本の太いバネが抵抗となって、名刺交換に必要な筋肉を強化する。
4本の太いバネが抵抗となって、名刺交換に必要な筋肉を強化する。
結果がこちら。明らかにシャキーン!としている。
結果がこちら。明らかにシャキーン!としている。
肘はまっすぐと伸び、名刺を「どうぞ受け取ってください」という気概に満ち溢れている。これが新入社員養成ギプスの効果だ。

さてその新入社員養成ギプスだが、一体どのようにして作られたのか? また、本当に鍛えられているのか? その辺りの模様は次ページ以降で明らかになる。
▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓