わたくしのおすすめ 2022年9月14日

無印のトイレットペーパーは淡い夢のように長い

思えば無印良品のお世話になりまくっている。

中学生のころ、無印の半透明の筆箱を壊れるまで使っていた。高校時代には友人の誕生日がくるたびに無印のバームクーヘンで祝った。

一人暮らしをし始めてからは、棚、押し入れ用の引き出し、靴下、レトルトカレー、ナンの素、ハーブティ、タオル、スプーンなど、ありとあらゆるものを無印に頼ってきた。無印にもたれかかり、頼りっぱなしの人生である。

無印のタオルケットに巻かれながら、無印の脚付きマットレスの上で眠った夜は、いったいどの位あったろうか。

そんな無印依存のわたしがいま最も推したいのが「トイレットペーパー長巻」である。

1981年群馬県生まれ。ライター兼イラストレーター。飲食物全般がだいたい好きだという、ざっくりとした見解で生きています。とくに好きなのはカレー。(動画インタビュー)

前の記事:東武亀戸線と大師線の車両がカラフル

> 個人サイト たぶん日記

出会いは突然だった

無印のトイレットペーパーに出会ったのは2021年の夏。

10年ぶりの引越しをした日、新しいカーテンを買いに荷造りと荷下ろしで痛めた腰をかばいながら中野マルイの無印を訪れたときのことだ。カーテンを買いながらふと、新居にトイレットペーパーがないことに気づいたのである。

そのときの気持ちを画像にするとこんな感じです

しかし、買って帰らなくてはと思う気持ちと相反するように腰の痛みがどんどん増していく。トイレットペーパーは必要だけど、これ以上店をはしごするのが厳しい。買いたてのカーテンはずっしり重い。

いっそ無印にトイレットペーパー売っていないだろうか。神様、お願いです。わたしに無印でトイレットペーパーを買わせてください。

わらにもすがる思いで願った。

そしたら割とあっさり見つかったのである。

しかもなんだか重厚だ。ひとつひとつ、丁寧にくるまれて、貫禄のあるいでたちでどしりとしている

インターネットで調べた情報によると販売が開始されたのは2021年3月。無印のこと、ありとあらゆるものが揃う場所と思っていたけど、トイレットペーパーまで揃うとは知らなかった。

無印の店舗、もはや住めるのでは。なんでも揃う

持ちの良さに衝撃を受ける

しかしここで衝撃は終わらなかった。

買ってから数週間が経過してもなお、トイレットペーパーの終わりが見えないのだ。気になって調べてみたところ、どうやら通常よりもペーパーの巻きが多くて長いという。

え。そんなこと、パッケージに書いてあったっけ。そう思ってもう一度見返えしてみたところ……

情報、あるにはあった

しれっと「長巻」「250m」と書いてある。

情報のめっちゃ研ぎ澄まされてる感

他者との比較はいっさいなく、静かに事実が置かれているだけ。なんという自己顕示欲のなさ。謙虚の鏡である。

当事者が謙虚なので、代わりに謙虚じゃない画像をつくっておきました

でも待って。4倍以上って結構すごいことである。ちなみにダブルもある。ダブルの場合は通常おおよそ25m、無印のは125mだ。

つまりこんなに違う。結構な違いである

おにぎり1個じゃお腹が空きそうで心配だけど、おにぎり5個を昼食で出されたら「なんという大盤振る舞いなんだ。食べ切らなそうだ」と思う人はきっとたくさんいるだろう。

この差異を実際にトイレで体感してみると、これまでに自分がどれだけ「トイレットペーパーの交換」に小さなストレスを抱えつづけていたのかを思い知らされる。

QOL(生活の質)の向上ってつまりこういうことだったのか。

紙芯がなく、取り換え回数が少なく、ストック用の場所をとらない。つまり、シンプルに最高という意味である。

すべてのものには終わりがあるが、もしかすると終わりなんてないかもしれないという淡い夢を見せてくれるのがこのトイレットペーパーだ。肉がどんどん湧き出てくる焼肉のようであり、食べても食べてもなくならないハーゲンダッツのようである。 

いや、終わりはあるんだけども
溢れんばかりの再生紙感

ただしトイレットペーパーに求める条件第一位が「やわらかさ」という人にはおすすめしない。再生紙にふんわりした紙と同等のやさしさを求めてはいけないのだ。気にしないよという人はぜひ、淡い夢をそれぞれのトイレで共有しよう。

なお、購入するときにはぜひ、ちょっとやそっとじゃ破れなさそうな丈夫なエコバックを持参することを推奨したい。

この前、一気に4個購入したら「重いので、紙袋を2重にしますか? 紙袋は1枚10円なので、2重にすると20円かかります」と言われた。

計ってみたらなるほど納得。4個だと約1.6キロになる。なかなかの重さ

重いのが苦手な人は1個ずつ買うのが賢明だ。

ちなみに長巻のトイレットペーパーはいま人気で、編集部の橋田さんも愛用しているそう。こちらの記事には各社の比較表もあるのでぜひ……!
 

▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ