わたくしのおすすめ 2022年8月4日

ハナマサの辛いやつにハズレが無い説

ハナマサの辛いっぽいもの、いろいろ。

肉のハナマサと言えば名前の通り肉をイメージしがちだけど、実際は業務用寄りのスーパーで、生鮮食品から調味料、インスタント食品、お酒など色んなものが売られています。中でも僕は、ハナマサで売ってるカレーとかラー油を好んで買っていました。

マイナーな話でも無いので知ってる人は多いのだろうけど、個人的には書いたことがなかったので紹介させていただきます。ということで、今回はハナマサの辛いもの特集。

あばよ涙、よろしく勇気、こんにちは松本です。

1976年千葉県鴨川市(内浦)生まれ。システムエンジニアなどやってましたが、2010年にライター兼アプリ作家として自由業化。iPhoneアプリはDIY GPS、速攻乗換案内、立体録音部、Here.info、雨かしら?などを開発しました。著書は「チェーン店B級グルメ メニュー別ガチンコ食べ比べ」「30日間マクドナルド生活」の2冊。買ってくだされ。(動画インタビュー)

前の記事:火を使わずに素麺をおいしく食べたいじゃんよ?

> 個人サイト keiziweb DIY GPS 速攻乗換案内

麻辣ピーナッツ 税込み538円

まずはコレ、麻辣ピーナッツ。名前の通り麻辣で、山椒と唐辛子で辛くて痺れる味付けがなされています。

400g入り。100gあたり593kcalなので全部食べると2,372kcalになる。

このピーナッツがもう、うまい。辛い!汗出る!舌がビリビリに痺れて味分からん!なぜか手が止まらない!って感じでいつの間にかどんどん減ってしまいます。カロリーヤバい…。

ヤバいんです、ヤバすぎるので買わないようにハナマサに行くの控えようって思うくらいヤバい。

食べ終わると唐辛子と山椒が結構残ります。

ピーナッツと一緒にある程度食べるけど、それでもかなり残る山椒と唐辛子。

これをミル付きのビンに入れて調味料として使っています。あらゆる食べ物が麻辣になって、辛い物好きにはたまりません。 

S&Bの「香り七味」の空き瓶を使っています。ミルがついていればなんでもOK。
スパイスってのは、やっぱ挽きたてがいいんですよ。

この様に、麻辣ピーナッツは二度美味しい完璧なピーナッツなのでハナマサに行くとつい買ってしまってカロリーがヤバい。

中華納豆&豚肉辣油 税込462円

次はコレ。具入りの辣油。最近は具入りのラー油も珍しくないですが、これはまず量がすごい。280gなので桃屋の具入りラー油(110g)の2.5倍です。

味が独特だけど病みつきになる。

中華納豆ってのは、要は豆鼓のことで塩漬けした大豆を発酵させたもの。風味的には確かに納豆っぽさがあり、冷蔵庫に入れた納豆をかき混ぜる前の豆の匂い。ただ、日本の納豆ほどキツイ匂いではありません。

コレだけで酒飲めちゃうな。

塩気と旨味と納豆っぽいネットリ感があり、ご飯に乗せて食べるだけでも美味いんですよ…。

このバカみたいな食べ方が意外と良い…。

もちろん餃子のつけダレとか野菜炒めに掛けるとか、普通にラー油として使うのもアリです。量が多いのでガンガン使ってもなかなか減りません。 

プロ仕様ビーフカレー<激辛> 税込み106円

プロ仕様シリーズのカレーから、ビーフカレーの激辛。この後出てくる黄色パックのカレー類より低価格の税込み106円。

プロ仕様ってのは、ハナマサがクォリティを認めた商品群なのだそうです。

ご飯を炊いてカレーを温めて、お皿にどーん。

付け合せはオクラと新生姜の甘酢漬け。

食べたらもう、すっげー辛い。激辛とか言っても加減してあるでしょ?と舐めてましたが、ガチで辛いでやんのんの(辛くて語尾がおかしくなりました)。頭皮から生ぬるい汗がダラダラ垂れてくる辛さで目眩が…。

具は角切りのじゃがいも多め、肉は少なめ。たまに牛肉を噛むと旨味が染み出してきて、良い。

辛いモノ食べたい欲求を満たすために買い置きしておいてもいいかも知れません。

グリーンカレー  税込み397円

次はグリーンカレー。ココナッツミルクベースのカレーで、好き嫌いが分かれますが僕は好きです。

量はたっぷり450g。2~3人前と書いてあります。

はい、盛り付け。ジャスミンライス炊いちゃった。

適当に葉っぱを乗せりゃおしゃれだろうと思って、プランターからバジルを取ってきた。

鶏肉と細切りのタケノコがゴロゴロ入ってて、なかなか豪華です。 しかし、パッケージの写真にあるヤングコーンは入ってなくてちょっガッカリ。

ハナマサのカレーのパッケージ写真でカレーに混ざっておらず上に乗ってる具材は「このカレーに入ってないトッピングですよ」ってことなんだと思います。

鶏肉はたぶん胸肉。アッサリしていてヘルシー。

辛さは適度で、さっきの激辛ビーフカレーより大分マイルドに感じます。中辛くらいですかね。

およそ期待した通りのグリーンカレーの味を手軽に楽しめていいんじゃないでしょうか。3人前と考えると1人あたり130円くらいなのでコスパもいいでしょう。

いったん広告です

マッサマンカレー 税込397円

マッサマンカレーって、世界一美味しいカレーと呼ばれてたんだっけ?ココナッツミルクで甘めな、タイのカレーです。

450g入りで、2~3人前。

主な具は、胸肉とおぼしき鶏肉、じゃがいも、玉ねぎ、ピーナッツ。具がしっかり入っていて満足感あります。

ゴロゴロ入った具が嬉しい。

食べてみると、ぜんぜん辛くなくてむしろ甘い。あれ?辛くない?甘口?と思った3秒後に辛味が来ました。

と言ってもヒーヒー言うほどでなく適度で、たまにカリッと豆っぽいものが歯に当たるなと思ったらピーナッツでした。香ばしくておいしい。マッサマンカレーも良いですね。

ハズレないなぁ、ハナマサの辛いもの。

1人で全部食べるには多くて、タッパに取っておいて3食くらいいけるのでコスパもいい。

チキンレッグカレー  税込み430円

ハナマサのカレーで一番すごい(語彙が小学生)と思ってるのがコレ。鶏の足がどーんと一本入ってる、その名もそのまんまなチキンレッグカレーです。

名前が!そのまんま!

パックごとお湯で温めるんだけど、なにせ具が大きいので30分くらいお湯につけておきます。パックから取り出すときは、足が崩れないように注意してください。 

はいおいしー!この時点でおいしー!

これも1人で全部食べるには多いので、盛り付けたあと肉を2人で分けるか、半分タッパに取っておきましょう。全部食べるなら米が3合は要る。

鶏の脚はスプーンで押せばほろほろに崩れてしまいます。肉離れがいい!僕ら世代の筋肉みたい!すぐ肉離れする!(それが中高年)

押せば崩れていく柔らかさ。

目立つので肉が主役っぽく見えるけど、ルウに鶏の旨味が溶け出しており、食べていると「肉はダシだな?」という気もしてきます。ルウの旨味が濃い。

肉、カレールウ、ご飯で三位一体となるパーフェクトワールド。

欠点を一つ挙げるとすると、骨まで柔らかすぎて、崩れちゃった骨がたまに口に入ってきちゃうとこかな…。注意してないと「グズッ」としたものを噛んでしまってそこそこ不快です。肉を崩すときに骨を上手く取り除いて下さい。

具だくさん牛すじカレー 税込484円

今回最後のカレーがコチラ。ずっしり重くて750gあります。4人前くらい?

これまでで最大のパッケージ。4人で分けても190g弱あるので十分多い。

パッケージのまま湯煎するのは難しいというか効率が悪いので、鍋にあけて温めました。こんなに量が多いレトルトカレーって初めて食べるな…。 

茶色くておいしそう!(バカの感想)

はいおいしー!名前の通り牛すじ肉がゴロゴロのプルプル!ホントに具沢山で人参とじゃがいもが多い!すごい! これで1人分が121円なら十分安いと思います。

なお、カレールウ自体の味は普通なので、物足りない方はガラムマサラとか掛けて下さい。この価格のカレーに過度な期待は禁物じゃぜ。

肉が多い!塊ですごい!牛すじ大好き!(感情がオーバーフロー)

麻辣ラー油カレースパゲティ爆誕

このカレー、パッケージにうどんやスパゲッティにかけてもおいしいって書いてあったので、スパゲッティに掛けてみました。

最後なので麻辣と具入りラー油もトッピングしました。

確かに牛肉の旨味がスパゲティに染みて、適度にスパイシーで麻辣とかラー油が味を複雑にして、これは良い。ハナマサの辛いもの部門の集大成みたいな感じ。

アリです!

それぞれが良い

一番辛いのは激辛ビーフカレー、味が好きだったのはマッサマンカレーとグリーンカレー、インパクトがあったのはチキンレッグカレー、日常的に食べたいのが牛スジカレー、食べる手が止まらなくなってヤバいのは麻辣ピーナッツ、常備しておきたい調味料は具入りラー油。

どれが最高って訳でもないし、手間やお金を掛ければもっと美味しいものはあるけど、簡単にすぐ食べられてそんなに高くもないハナマサの辛いものは、やっぱ良いものです。

 

▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ