特集 2018年11月15日

京都の伏見稲荷大社は夜にこそ行くべし~地元の人頼りの旅 in 京都~

夜の伏見稲荷大社、ディープでした!

ガイドブックに頼らずに、地元の人にお薦めの場所を聞いて周る旅はたのしい。

どんなところにたどりつくか分からないドキドキと、地元の人しか知らないような情報が得られて嬉しいからだ。

今回やってきたのは、寺社仏閣であふれる人気観光地、京都。いったいどんな旅になるのだろうか。

※これまでいろいろな場所で取材をした記事を読めば誰もが知ったかぶりできるはず。「知ったかぶり47」は、デイリーポータルZと地元のしごとに詳しいイーアイデムとのコラボ企画です。
愛知編:名鉄のナナちゃん人形の股を覗いてはいけない
鳥取編:まさか鳥取でうどんを食べるとは
滋賀編:彦根の心霊スポットが本気で怖い
宮城編:冷やし中華の元祖店では具を自分で乗せる
神奈川編:小田原にはトリックアートみたいな不思議な景色がある
佐賀編:佐賀には深夜23時から開く甘味処がある
静岡編:浜松で一番人気なのは小さな絵本屋さんだった

福岡編:福岡では70歳のおじいちゃんが作るハンバーガーを食べるべし
石川編:金沢ではニンニクたっぷりのステーキに気をつけろ!
愛媛編:松山には道路にみかんが転がっている島がある
栃木編:宇都宮では餃子があちこちで待ち受けている
兵庫編:神戸には空気が異常にキレイなカフェバーがある
富山編:富山市には市民が100%薦めてくる公園がある
岩手編:老舗わんこそば屋さんが薦めてきたのはカツ丼でした

東京葛飾生まれ。江戸っ子ぽいとよく言われますが、新潟と茨城のハーフです。
好物は酸っぱいもの全般とイクラ。ペットは犬2匹と睡魔。土日で40時間寝てしまったりするので日々の目標は「あまり寝過ぎない」

前の記事:ノスタルジーが止まらない!屋根付き自販機写真集めました

> 個人サイト twitter

久々の京都

京都といえば20代前半の頃、一人で寺社を周りまくった思い出がある。当時はガイドブック片手にバスで周るしか手段がないと思っていたが、今回は地元の人頼みで原付バイクの旅。気まま旅である。

002.jpg
駅前はすごい賑わい!

嬉しいことに京都はバイクのレンタル屋さんが充実していた。お借りしつつさっそく店員さんにお薦めを聞こう。

003.jpg
お店の方たちから情報ゲット!

お薦めスポット1:行列のできる「まるき製パン所」

最初に向かったのは、バイク屋のお姉さんお薦め。地元で大人気のパン屋さんだ。京都の風景に馴染んだいかにも老舗といったたたずまいのお店である。

004.jpg
住宅街の一角。教えてもらわないと分からない

狭い道路に、車の邪魔にならないようにと端に並ぶお客さん達。中では10人くらいの女性スタッフが手際よくパンを作っては運んでいた。

005.jpg
活気がいい!
006.jpg
イチオシのハムロール(170円)とクリームパン(140円)。見た目通り素朴でとても美味しい。

柔らかコッペパンに、新鮮でシャキシャキとしたキャベツとハム。そして優しい甘さのミルククリーム。

どちらもとてもシンプルだからこそ飽きない感じ。毎朝このパンを食べて一日をスタートしたくなるような、そんなパンであった。

お薦めスポット2:女性のための神社「市比賣(いちひめ)神社」

007.jpg
入り口の上はマンションという立地

ここは女性の神様がたくさん祀られていて出産や恋愛など、女性の願い事にご利益あるという。そういえば7年前に京都で地元の人頼りをした時も「出世」「お金」「縁切り」と、それぞれ特化した神社を見つけたのだ。京都にはほんとに色んな神社があるんだなあ。

008.jpg
かわいい「姫みくじ」。持って帰ってもいいし、願い事を書いて置いていってもいい。
009.jpg
驚いたのがカード型お守り!

女性向け神社とはいえ、カップルで参拝している人たちも数組いた。場所的に穴場のように見えるが、ひっきりなしに人が訪れているからすごい。

お薦めスポット3:ドロドロソースがたまらない、たこ焼き「すずや」

010.jpg
かろうじて店名が読める

お次はバイク屋さんのお兄さんのイチオシのたこ焼き屋。ここには「しぐれ焼き」というチクワの入ったお好み焼きがあり、この辺を通るときは必ず毎回セットで食べるそうだ。

011.jpg
たこ焼きとしぐれ焼きのセット(700円)
012.jpg
このソースの海よ!

東京ではなかなかお目にかかれない大玉でトロトロのたこ焼きに、ホクホクのしぐれ焼き。どちらも贅沢にソースと鰹節が使われていて、たまらなかった。

013.jpg
近くを通りかかった方に聞く。

さすがに満腹になったので次は見るところを…と聞いた所、京都らしくお寺をお薦めしてくれた。

014.jpg
大徳寺。この奥に20以上の塔頭(お寺、小院)が並ぶ。さすが京都、規模がでかい!

お薦めスポット4:大徳寺にある真珠庵の襖絵

まるでお城のように広い敷地だ。中でも面白いと教わったのは、とんちで有名な一休さんを開祖として建てられたという真珠庵。普段は非公開だが今は特別に開いているそうなのだ。

015.jpg
現在、襖絵の修復期間中。かわりに漫画家やクリエイターが描いた襖絵がはめられている
016.jpg
残念ながら内部撮影はNGだったのでイメージ。

漫画「釣りバカ日誌」の北見けんいちさんの陽気で華やかな襖絵から、ファイナルファンタジーのアートディレクターが手がける見惚れるほど美しい襖絵まで各室楽しめた。

大徳寺はこのように、非公開の塔頭がたまに期間限定で拝観できるようだ。何度訪れてもきっと楽しめるだろう。

017.jpg
自由に拝観できるところももちろんある。

お薦めスポット5:季節のバウムクーへンが楽しめる「ズーセスヴェゲトゥス」

次に向かったのは、自転車の女性がわざわざ引き返して教えてくれた場所。

018.jpg
これまた京都のまちに馴染む外観でとても素敵。
019.jpg
かわいい!そして美味しそう!

お店に入るとガラスの向こうでバウムクーヘンが焼かれている工房を目にすることができる。ドイツで修行してきたという女性店主が一層ずつ、つきっきりで焼いているのだそう。

可愛らしい焼印まで丁寧に入れられ、しかも種類は抹茶や栗やチョコミントなど年間16種類と豊富だ。

020.jpg
看板商品の「はちみつ」と、季節限定の「栗とそば粉」をお土産にゲット。栗はつぶつぶがたくさん。

店主のミカさんはキリッとしてていかにもこだわりがある感じの男前な女性だった。こりゃあ引き返すほど根強いファンがつくのわかるわ。

021.jpg
お薦めを聞くと、真剣な表情で考えをめぐらし「ココ!」と力強く地図を書いてくれた

いきなり訪れた人間に対し、こうして親切に説明してくれるのは本当にありがたい。


つぎは鴨川、夜の伏見稲荷へ。
logo02.jpg

 

▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓