広告企画♪ 2017年12月21日

浜松で一番人気なのは小さな絵本屋さんだった~地元の人頼りの旅 in 静岡県浜松市~

小さな絵本屋さん「キルヤ」。
小さな絵本屋さん「キルヤ」。
ガイドブックに頼らずに、地元の人にお薦めの場所を聞いて周る旅はたのしい。

どんなところにたどりつくか分からないドキドキと、地元の人しか知らないような情報が得られて嬉しいからだ。

今回やってきたのは、ウナギと餃子で有名な静岡県の浜松市。いったいどんな旅になるのだろうか。



※これまでいろいろな場所で取材をした記事を読めば誰もが知ったかぶりできるはず。「知ったかぶり47」は、デイリーポータルZと地元のしごとに詳しいイーアイデムとのコラボ企画です。

愛知編:名鉄のナナちゃん人形の股を覗いてはいけない~地元の人頼りの旅 in 名古屋~
鳥取編:まさか鳥取でうどんを食べるとは~地元の人頼りの旅in鳥取市~
滋賀編:彦根の心霊スポットが本気で怖い~地元の人頼りの旅in滋賀県~
宮城編:冷やし中華の元祖店では具を自分で乗せる~地元の人頼りの旅in宮城県仙台市~
神奈川編:小田原にはトリックアートみたいな不思議な景色がある~地元の人頼りの旅in神奈川県小田原市~
佐賀編:佐賀には深夜23時から開く甘味処がある~地元の人頼りの旅in佐賀市~
東京葛飾生まれ。江戸っ子ぽいとよく言われますが、新潟と茨城のハーフです。
好物は酸っぱいもの全般とイクラ。ペットは犬2匹と睡魔。土日で40時間寝てしまったりするので日々の目標は「あまり寝過ぎない」

前の記事:じいちゃんマッチが誘う、優しいカレー屋さん(デジタルリマスター版)

> 個人サイト twitter

静岡で人口第1位の都市

浜松にやってきた。浜松駅は大きく、駅前には複合施設が立ち並び賑やかである。
ゆるキャラの家康くんと。
ゆるキャラの家康くんと。
まずは自転車を借りるため駅近くのレンタル屋さんへ。そこでさっそくスタッフのお兄さんに浜松のお薦めを聞いてみることに。
良い所ありますよ
良い所ありますよ
教えてくれたのは、いきなりではあるが食事処である。お肉屋さんが経営する肉メインの食堂らしい。

お薦めスポット1:旨い!安い! 「浜名屋食堂」

肉マークの看板が目印。
肉マークの看板が目印。
肉と聞いてマッチョなお店のイメージでいたら、どちらかというとオシャレなお店だった。店員さんも若い女性2人だけである。

私はちょうど開店直後くらいで入れたのだが、その後どんどん席がうまっていった。人気店だ。
お昼のメニューは日替わりオンリーで、今日はトンテキ定食。お値段なんと500円(税別)!
お昼のメニューは日替わりオンリーで、今日はトンテキ定食。お値段なんと500円(税別)!
おろしダレがジュワジュワいってる。
おろしダレがジュワジュワいってる。
お肉屋の直営だもの、肉の旨さは間違いない。分厚い豚肉のほどよい噛み応えとモヤシのシャキシャキ感にやられながらあっという間に食べ終えてしまった。

なお、肉が無くなり次第終了なので早めに行った方が良さそうだ。それと29日の肉の日はローストビーフ丼などさらにお得なメニューがでるらしい。近所にほしいお店である。
お店のお姉さんにも聞く
お店のお姉さんにも聞く
お姉さんが薦めてくれたのは、ほど近くにあるアートセンター。

かつて警察署として使われていた古い建物を再利用し、ジャンルを問わず浜松のクリエイター達の表現の場、制作の場として使われいてる場所だ。ワークショップなんかも行われている。

お薦めスポット2:クリエイター支援施設「鴨江(かもえ)アートセンター」

新しくも見えるけど昭和3年築。
新しくも見えるけど昭和3年築。
各部屋がものづくりの空間になっていて、自由に見学できる。
各部屋がものづくりの空間になっていて、自由に見学できる。
留置所として使われていたという部屋。この建物自体も見ごたえがある。
留置所として使われていたという部屋。この建物自体も見ごたえがある。
せっかくなのでひと通り館内を周ってみる。するとモノクロフィルムのグループ展が開かれている部屋があった。

なんでも、皆でお金を出し合って某所に部屋を借り、暗室として共同で使って作業しているのだとか。面白そうだなあ。
お薦めしてくれたのは「静岡文化芸術大学の屋上庭園」。残念ながら試験日で入れなかったが、浜松市内が一望できたり、どでかい椅子が置かれている隠れた名所のようだ。
お薦めしてくれたのは「静岡文化芸術大学の屋上庭園」。残念ながら試験日で入れなかったが、浜松市内が一望できたり、どでかい椅子が置かれている隠れた名所のようだ。
事務所の方にも聞いておこう
事務所の方にも聞いておこう
次に向かったのは、坂を少し登ったところにある喫茶店。この辺は古い町並みで、狭い道やどん詰まりの道がたくさんあり、迷いながら歩くのが面白いらしい。

ふつう迷うのは困ることだけど、それが面白いと言われると確かに面白く見えてくるから不思議だ。
ほんとだ、狭くて迷うわ!
ほんとだ、狭くて迷うわ!
なんとかついた。こう見えてコーヒー屋さん
なんとかついた。こう見えてコーヒー屋さん

お薦めスポット3:これぞ隠れ家「鴨江珈琲」

こちらは、もともとローランドに勤めていたオーナーさんが営むコーヒー屋さん。扉を開けてすぐ右に立派な焙煎機がありカウンターには楽器やレコードのジャケットが並んでいた。

そういえばアートセンターの館長さんも元ヤマハの人らしい。浜松は有名楽器メーカーがいくつもあり、そっち関係の仕事についている人が多いのだそうだ。
いかにも誠実そうな、丁寧な接客をしてくれるオーナーさん。
いかにも誠実そうな、丁寧な接客をしてくれるオーナーさん。
落ち着く店内。手前では似顔絵かき。なんと!
落ち着く店内。手前では似顔絵かき。なんと!
この日は期間限定で、コーヒーを飲みながら似顔絵を描いてもらえる企画をやっていた。
せっかくなので描いてもらおう。アートセンターで部屋を借りて制作していたことがあるという中村菜月さん。
せっかくなので描いてもらおう。アートセンターで部屋を借りて制作していたことがあるという中村菜月さん。
自分好みの深煎りコーヒーをオーダーし、添えられたクッキーと一緒にいただきながら似顔絵を描いてもらった。

店内の壁に飾られた彼女の可愛らしい絵を眺めたり、その作品を絶賛する隣のお客と彼女の照れてる様子がほほえましく癒される空間だった。
中村さんの作品。色使いがきれい。
中村さんの作品。色使いがきれい。
似顔絵は15分ほどで完成。嬉しい!
似顔絵は15分ほどで完成。嬉しい!
オーナーさんは「今の子どもたちに文化的な機会を与えてあげたい」という考えから、たまにこういった企画を催すようにしているのだそうだ。

すごく素敵な事を言うなあ。そして不思議と、この先の旅も「文化的な機会」の流れが続くのである。


次はみんなに愛される絵本屋さんへ。


▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓