とくべつ企画「ストロングまつり」 2020年11月17日

同じ量なのに多い、それがモンダミンのストロング

国内発のマウスウォッシュの雄といえば「モンダミン」で間違いないだろう。

1987年発売開始だそうで30年以上の歴史をほこる。

おなじみのタイプに加え、ホワイトニング効果のあるものや寝る前専用のやつなんかもあり(翌朝口がねばねばしないんだそうだ。そこを狙うかという細かさ!)、人々の生活をつかみ切った商品と言える。

これだけ種類があるなら、あれもあるだろうと思ったところ案の定だった。

ありました、ストロングタイプ。

1979年東京生まれ、神奈川、埼玉育ち、東京在住。Web制作をしたり小さなバーで主に生ビールを出したりしていたが、流れ流れてデイリーポータルZの編集部員に。趣味はEDMとFX。(動画インタビュー)

前の記事:一杯のご飯、食べるならおじやか押し寿司か(デジタルリマスター版)

> 個人サイト まばたきをする体 Twitter @eatmorecakes

2020年11月17日は

ひらけ! ストロングまつり!
 
気づけば従来品からなんらかの要素を強めたストロング版商品が増えていませんか。11月17日のいちにちを通じ、デイリーポータルZはストロングと向き合います。
 

マウスウォッシュは刺激で種類が増える

冒頭で述べたとおり今やさまざまな効果別に商品展開されているマウスウォッシュだが、効果とは別にチョイスに大きな軸があるのがこの世界だ。

「刺激」軸である。

低刺激・まあまあ刺激・強刺激にわけて展開されることが多い。モンダミンもそうだ。

たとえばレギュラータイプは

低刺激の「モンダミン センシティブ」
まあまあ刺激の「モンダミン ペパーミント」
そして強刺激の「モンダミン ストロングミント」

の3種類がが展開されている。

はちゃめちゃにおなじみのこれは 刺激が強くも弱くもない中間に位置する商品

ウォシュレットも強弱で好みがあるが、価値観としてはあれにかなり近い。

ウォシュレットを強設定にする人はマウスウォッシュも強刺激派が多いんじゃないかと、ちょっと思っている。

「STRONG」と書いてある

さて、そんなモンダミンにおいて、いまストロングを全面に押し出す商品がある。

それが、「モンダミン プレミアムケア ストロングミント」だ。

ボディに「STRONG」の文字、そしてキャップには「ハードで爽快!」と 

レギュラーの「ストロングミント」は「ストロング」表記が控えめなのに比べると、「プレミアムケア」はだいぶストロング推し

「モンダミン プレミアムケア ストロングミント」の力強いSTRONGは私のなかでかなり大きな話題になっていた。

IMG_8400.jpg
買いました。普通の「プレミアムケア」と比べます。20%増量で容器がずっしりだ!

刺激とは何か、ストロングとは何か

さて、今更だがマウスウォッシュの刺激とはそもそもなんなんだろうか。

ウォシュレットの刺激といえば尻の穴をめがける水の勢いの強さでありわかりやすいが、マウスウォッシュの場合、低刺激品も強刺激品も、使い方としては同量の液体を口に含むわけだ。

清涼感ひとつでそのストロングさ、刺激の強弱をつけるわけだが……比べてみよう。

IMG_8406.jpg
裏面の表記などを見ても、ただただ刺激の強弱のみが違う様子(これは「プレミアムケア」)
IMG_8407.jpg
こちらが「ストロングミント」。デザインに黒が使われているところが強そう

実は私は普段、モンダミン族の長年のライバルともいえるリステリン族の愛好者なのだ。愛用品は「リステリン オリジナル」。リステリンの強刺激タイプである。

強刺激には慣れており、口腔洗浄においてはどんな刺激も受けて立つ自信がある。

物量がきた

公式の使用法である、20mlを20秒~30秒口にふくんですすぐ方法で両者ためしていこう。

IMG_8411.jpg
左が非ストロング、右がストロング。色がほとんど同じなのが意外だった

まず、「モンダミン プレミアムケア」から

IMG_2017.jpg
うま!

おいしい! というのがトップノートだ。モンダミン、旨いんな! ミントが甘く口にひろがる。

甘さを味わいぶくぶく続けると徐々に特に舌に刺激がやってきた。なるほど、刺激もちゃんとある。

自宅で普段使っていないマウスウォッシュなだけに、親戚んちに泊まって歯を磨かせてもらったような、良い人んち感に見まわれた。

「プレミアムケア」を使ってみて
・甘くておいしい
・徐々にくる刺激
・人んちのマウスウォッシュ使わせてもらったみたい

 刺激が去るのを待ち、続いて「モンダミン プレミアムケア ストロングミント」。

IMG_2018.jpg
前髪がはねた

わかった。一瞬で理解した。これは、量が多い。

さきほどと口に含んだのと同じ量だが、多い。

粒ガムを1粒口に入れたときと2粒口に入れたときのような、これは物量の違いだ。

つまりストロングのほうが刺激が強いということだろうと、そうなの、そうではあるんだけど、強弱の世界ではなく大小でものを話しているよう感覚がある。

甘さもあるが刺激の到着が5秒早いので甘味は感じるひまがほぼない。

刺激の到着5秒分、よりいっそう口内のすみずみまでしびれる感覚があった。

「プレミアムケア ストロングミント」を「プレミアムケア」と比べて
・量が多く感じる
・刺激の到着が早い
・刺激がより口内に広がる

なるほど、これがストロングか。

ストロング版を水で薄めたらどうか

量が多いと感じたストロング版なので、単純に半分水で希釈して使ってみた。

これでストロングではないタイプに近づいたらアース製薬(モンダミンのメーカー)に命を狙われることになるが、記事を誠実に作るためにはやむを得まい。

IMG_2011.jpg
泡立ちがよくなった! なんで! 

圧倒的に、使い方が間違っているのを感じる泡立ちだ。  

プレミアムケア ストロングミントを水で薄めてみて
・ぶくぶくしていたらがんがんに泡立った
・甘味が水で薄まった
・刺激も健在だが、泡立ちが気になる

2倍でストロングになるか

では、非ストロング品を2倍量でいっぺんに口にいれるのはどうか。ストロングくらいの刺激になるんじゃないか。

IMG_2012.jpg
刺激以前に40mlいっきに含むのはかなり厳しい!

さっきまで比喩表現的に「量が多い」と言っていたばちがあたったように、実際量が多いので笑ってしまった。 

吹き出しそうで30秒すすぎ続けるのが難しい。なにをやっているのかよ。 

プレミアムケアを倍量で使ってみて
・正しい意味で「量が多い」
・口がぱんぱんでもらさずぶくぶくするのが大変だ
・刺激というか量が多いよ

刺激は好みであり効用は平等

結果、通常のモンダミンプレミアムよりもストロング品は刺激が強いことが分かった。刺激は好みであり効用も平等だろう。

……。

いや、分かっていたのだそれは。だってそういう商品だから。

でもいちどに2品使い比べることで、なんかこれ量多くない? 同じ量なのに量多くない? という、物理の先生呼んできて! お客様のなかに物理の先生はいらっしゃいませんか! みたいな(みたいな?)体験ができたのは大変に貴重なことだった。

そして口がとてもとてもすっきりしたのだ。良い日だった。

2020年11月17日は

ひらけ! ストロングまつり!
 
気づけば従来品からなんらかの要素を強めたストロング版商品が増えていませんか。11月17日のいちにちを通じ、デイリーポータルZはストロングと向き合います。
 
▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ