特集 2022年4月19日

1キロのポークステーキは食べられるのか

大きなお肉を食べられるか不安な年頃です。

年々、食べられなくなったと思うことがある。大盛りが有名なラーメン屋で「こんなにも頂けるのですか!?」と喜んでいたが、最近同じ量を見たとき「あれ、思っていた以上に多いな。食べきれるかな?」と思うことがあった。最近、多いなと思うことが多くなってきた気がする。今、自分がどのぐらい食べられるのか、今後の為に知っておきたい。

1988年神奈川県生まれ。普通の会社員です。運だけで何とか生きてきました。好きな言葉は「半熟卵はトッピングしますか?」です。もちろんトッピングします。(動画インタビュー)

前の記事:今はもうない秘境の温泉に行く


1キロのポークステーキを食べてみる

人間には年を重ねることで成長する部分もあるが、退化する部分もあると聞く。その一つが食欲だ。だんだんと食べられなくなると聞いた。じゃあ、ラーメンを食べたあとに寿司を食べるとかもできなくなるってことか。嫌じゃん。

しかし、現時点でも以前みたいに1キロの食べ物を食べることができなくなっている可能性がある。知りたい。自分の限界を知りたいのだ。

001.jpg
東京を中心に5店舗ある「マロリーポークステーキ」というお店に来た。
002.jpg
ここのお店では200グラムから2キロまでのポークステーキを食べることができる。
003.jpg
2キロを20分に以内に食べるチャレンジメニューもある。

チャレンジメニューをみたとき「普通にならこういうのをやるのがいいんだろうな」と思った。2キロなんて多い日の洗濯物ぐらいある。

あとで店員さんに聞いたところ、このチャレンジメニューに挑戦する人は結構いるらしいが、ほとんどの人が失敗しているらしい。さすがチャレンジメニュー。

004.jpg
マッターホルンに登頂したと言っても自慢できる気がする。
005.jpg
キリマンジャロに登れるのか。(横にあるエベレストは見なかったことにした。)

1キロ食べるつもりで来たが、本当に食べられるのか。700グラムで精一杯じゃないのか。

センベロでお酒を飲めるメニューもあるが、今日は肉だ。おれは肉を食べたいのだ。

006.jpg
悩んだ末、1キロのポークステーキを食べることにした。あと、パンを食べたかったのでパンにした。パンってうまいよね。
007.jpg
注文後に届くスープ。お肉がたっぷり入っているやさしい味のオニオンスープ。

スープを飲みつつ、ステーキの到着を待つ。今の自分に果たしてやれるのか。そう思いながら待っているとふと、頭に思い浮かぶ。今日、家の鍵を閉め忘れてきたかもしれないということを。

008.jpg
今、気持ちを高めています。あと、鍵が閉まってることを願っています。

食べてみよう1キロのステーキ

大きい肉なので時間がかかるかと思ったら、松屋で牛丼を頼んだときぐらいのスピードでやってきた。すぐにステーキを食べたい人にもおすすめのお店。

009.jpg
友人が頼んだ200グラムの日和山セット。
010.jpg
そして、これが1キロのキリマンジャロセット。

肉屋で売っている肉の塊をそのまま焼いたような大きさのポークステーキ。見た瞬間「無理なやつだな」と思った。やれるだけやってみよう。

011.jpg
無理なやつだけど頑張ります!!
012.jpg
切ってみると中はほどよいピンク色。真空低温で焼いたあとオーブンで焼いているそうだ。
013.jpg
ポークステーキ、
014.jpg
ポークステーキ…!

世の中にこんな柔らかいお肉があるのか。そして、噛む度にあふれる肉汁のうまさ、だが油っこくなくどんどん食べられる。今まで食べたステーキの中でもかなり上位のうまさな気がする。おれ、ポークステーキが好きです!

015.jpg
半分ぐらい食べたが、
016.jpg
おいしくいただいております。
いったん広告です

後半戦に突入

胃が小さくなっている気がしたのだが、そんなことはないのかもしれない。あんなに大きく見えたキロマンジャロも砂場で作った山ぐらいの小ささに見える。そこで気づく。

017.jpg
ちょっと待って
018.jpg
余裕で食べられるかもしれない。

死闘を書こうと思っていた。でも、そこには死闘はなく、あるのは普通の食事だった。いや、このポークステーキがおいしすぎるのが悪い。

019.jpg
パンにステーキとつけ合わせのクリームスピナッチを乗せて食べた。
020.jpg
パンの時代が来たなと思った。

うまい、うまいと食べ進める。一緒に食べに来た友人に「今、どのぐらい満腹ですか?」と聞かれたが「3割」と余裕で答える。そう言って次のお肉を口に入れた瞬間だった。

021.jpg
今、9割になりました。

急だ。大切な人との出会いぐらい急にやってきた。ちゃんと説明すると、お腹はいっぱいではないのだが、なんか入っていかない状態である。友人にも伝えたら「それが満腹っていうんですよ」と言われた。初めて満腹を覚えた人みたいに言わないでほしい。

022.jpg
「これがお腹いっぱいかー」
023.jpg
お腹いっぱいなときってこのひとくちが入らない。

やれる、おれはやれるんだという強い気持ちで、最後のひとくちを運ぶ。長かった戦いよ、さらば。

024.jpg
最後のひとくちを
025.jpg
口に入れて、
026.jpg
なんとか飲み込んだ!
027.jpg
完食です。

食べきれないと思っていたが、まだまだ食べられる。おれはまだまだ食べられるんだ。そう思い、安心した気持ちでお店を出た。ありがとう、ポークステーキ。おれに自信をつけさせてくれて。

028.jpg
うれしくて小さくガッツポーズした。
029.jpg
勝利のアイスを楽しんでいます。

すみません、スマホを落としました

良かった。落ちていたと思った食欲はまだ衰えてなかったのだ。そうか、まだまだワシもやれるもんじゃなとアイスを食べながら帰っていた。途中トイレに寄り、駅へと向かった。そこで気づく、スマホがどこにもないじゃない。

030.jpg
スマホがないとこんなにも焦るのか。

何時ぐらいに家へ着くかなと思い、スマホで調べようとしたところポケットにスマホが入ってない。

031.jpg
どこにもなかった。

お店を出て、アイスを買ってトイレを探すのにスマホを探したのは覚えている。

そこからどうだ、スマホを触ったか? 途中、レンタルできる電動キックボードを見たとき、予約しようとしてスマホを触った? どうだ、ねえどうなの?

パニックである。パニック過ぎて友人に「パニックです」と言った。

032.jpg
いや、本当はカバンの中にあるのでは?

いや、おかしい。え、カバンの中に入れたかと思い、カバンの中を探したがどこにも見当たらない。

友人に鳴らしてもらったが全然聞こえない。もしかしてお前、どこかに落としてきたのか。

033.jpg
肩を落とすという言葉を表した写真。

もしかしたら先ほどトイレに寄った公園にあるかもしれない。そう思って、友人に公園の場所を調べてもらうことにした。

友人「自分で調べたらいいじゃないですか」

江ノ島「いや、スマホないんすよ」

友人「あ、そうか」

この状況で煽られているのか。公園へ向かう。

034.jpg
「スマホがないと不便ですね」という言葉、すごく心にしみました。

あと、スマホをなくしたショックからかお腹がめちゃくちゃ痛いです。

035.jpg
途中、神社で神頼みしようかとも思ったが、そんなことよりもトイレに行きたい。
036.jpg
足も早歩きになる。

公園へ早歩きで向かう。向かう途中、色々な話をしたが、追い詰められていたのか何も覚えてない。

だが、途中「あ、道を間違えてました」と言われたとき、追い詰められ過ぎて「なんで!」と大きめの声と言ったのは覚えている。ごめんな。

037.jpg
写真のブレで焦りを感じて下さい。

先ほどの公園が見えてきた。もう色々と限界である。歩くごとにタイムリミットがせまる。トイレに間に合ってくれ、そしてスマホよあってくれ。

039.jpg
そして、公園へ無事に到着した。そしてトイレのドアをあけた瞬間、スマホが落ちていた。カバンにしまって帰ります。
040.jpg
皆さんもスマホを落とさないように気をつけてください。

なんやかんやで疲れた

食べきった達成感とスマホを無くして探した疲労感を味わった1日だった。まだまだ食べられるぞという若さ、なくさないように鈴でもスマホにつけようかなという思い、普通に何事もなく食べられたのでアクシデントがあってよかったなという気持ちでいます。

041.jpg
最後においしそうな肉の塊を見て。
▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ