ライタープロフィール


顔写真
きだてたく(きだてたく)
1973年京都生まれ。色物文具愛好家、文具ライター。小学生の頃、勉強も運動も見た目も普通の人間がクラスでちやほやされるにはどうすれば良いかを考え抜いた結果「面白い文具を自慢する」という結論に辿り着き、そのまま今に至る。(動画インタビュー)
> 個人サイト イロブン Twitter:tech_k



人気記事
サムネイル

2021/09/24
レンガを積んでソーセージ1本が燻せるスモーカー作り
ワイルドなレンガ造りの燻製小屋にあこがれるが、そんなスペースはない。家庭用のちっちゃい燻製小屋を作りました。

サムネイル

2021/08/06
ナタデココは自宅で育てられる
食感がおもしろい食べもの「ナタデココ」は紅茶キノコと同じ菌で自作できるらしい。作ってみました。

サムネイル

2021/07/09
黒板消しとか73色方眼とか!夏の文房具フェス2021
新作が一挙に集まる展示会で見つけた魅力的な文房具をご紹介。近視防止めがねとは。

サムネイル

2021/06/11
「とろみ vs 炭酸水」爽快感の境界を探る

サムネイル

2021/05/14
チューブ薬味の自由さに挑む
チューブに入った薬味が便利すぎる。もっと自由に、好きなものを薬味にしてチューブに入れちゃってもいいんじゃないか。

サムネイル

2021/05/03
バネ靴を履くと楽しい
靴底にバネがついている靴を買った。履いてみたら楽しかったのでレポートします。

サムネイル

2021/04/09
脂身だけの生ハム「ラルド」は自作できるのか
生ハムの脂の部分だけをさらに美味しく凝縮させたような食材、それが「ラルド」。美味しすぎるので自作に挑戦しました。

サムネイル

2021/03/12
どこの本社オブジェでしょうかクイズ
本社ビルの前にはその会社に関係のある像があったりする。像だけ見てなんの会社なのか当てられないだろうか。

サムネイル

2021/02/12
あの外気温メシを「あり」と感じた理由はなんだったのか

サムネイル

2021/01/15
スリッパ専門店でこの冬最高に暖かいスリッパを買うのだ
冬に役立つ暖かスリッパをはじめ、衝撃吸収のハイテクスリッパ、お受験用スリッパなど……スリッパ専門店で数々のレアスリッパを見せてもらった。

これまでの記事
サムネイル

2021/09/24
レンガを積んでソーセージ1本が燻せるスモーカー作り
ワイルドなレンガ造りの燻製小屋にあこがれるが、そんなスペースはない。家庭用のちっちゃい燻製小屋を作りました。

サムネイル

2021/08/06
ナタデココは自宅で育てられる
食感がおもしろい食べもの「ナタデココ」は紅茶キノコと同じ菌で自作できるらしい。作ってみました。

サムネイル

2021/07/09
黒板消しとか73色方眼とか!夏の文房具フェス2021
新作が一挙に集まる展示会で見つけた魅力的な文房具をご紹介。近視防止めがねとは。

サムネイル

2021/06/11
「とろみ vs 炭酸水」爽快感の境界を探る

サムネイル

2021/05/14
チューブ薬味の自由さに挑む
チューブに入った薬味が便利すぎる。もっと自由に、好きなものを薬味にしてチューブに入れちゃってもいいんじゃないか。

サムネイル

2021/05/03
バネ靴を履くと楽しい
靴底にバネがついている靴を買った。履いてみたら楽しかったのでレポートします。

サムネイル

2021/04/09
脂身だけの生ハム「ラルド」は自作できるのか
生ハムの脂の部分だけをさらに美味しく凝縮させたような食材、それが「ラルド」。美味しすぎるので自作に挑戦しました。

サムネイル

2021/03/12
どこの本社オブジェでしょうかクイズ
本社ビルの前にはその会社に関係のある像があったりする。像だけ見てなんの会社なのか当てられないだろうか。

サムネイル

2021/02/12
あの外気温メシを「あり」と感じた理由はなんだったのか

サムネイル

2021/01/15
スリッパ専門店でこの冬最高に暖かいスリッパを買うのだ
冬に役立つ暖かスリッパをはじめ、衝撃吸収のハイテクスリッパ、お受験用スリッパなど……スリッパ専門店で数々のレアスリッパを見せてもらった。

サムネイル

2020/12/28
9体の仏様とゆる仏様がいる町、九品仏~難読駅へいってらっしゃい
くじ引きで難読駅へ行く企画、ひいたクジは九品仏。他のライターさんが千葉や埼玉の難読駅に出かけて行くなか、ただ一人だけ東京23区内。もはや一番近いところにしか行けない呪いっぽくないか、これ。

サムネイル

2020/11/20
歌舞伎揚専門店で買える最高級歌舞伎揚を知っているか
最近ちょっと話に聞いて気になっているのが「歌舞伎揚」の専門店である。そう、あの後を引く甘じょっぱさでお馴染み、株式会社天乃屋の揚げせんべいだ。……歌舞伎揚専門って、ジャンルが狭すぎないか?

サムネイル

2020/10/23
実はあんまり分かってないマッケンチーズをきちんと作って食べよう
アメリカのおふくろの味といってもよいらしい、マッケンチーズ(マカロニ&チーズ)。茹でたマカロニにチーズを絡めただけだろう。そこにママ直伝みたいな工夫が入る要素ってあるのか?

サムネイル

2020/09/24
アマビエとか新型ノートとか!夏の文房具フェス2020
文房具の国際展示会「ISOT」(国際文具・紙製品展)。最新文房具がザクザクで盛り盛りの、夢のようなイベントなんだけど、今年はコロナ禍でそもそも開催が危うかった。それでも開催されたんなら、今年も取材に行かねば。

サムネイル

2020/08/26
切って捏ねて刻んで作るダンボールの超絶アート
精巧に作られた、龍や、妖怪や、オナガドリ。いっそ木彫りか何かと言ってもらったほうがまだ納得できるけど、これらは全て、我々が普段から通販だなんだで手にしているあのダンボールで作られているのだ。

サムネイル

2020/07/29
ミニ額専門店に行くと日々の暮らしがちょい上質になる
「ミニ額」というのをご存知だろうか。ミニサイズの額縁で「ミニ額」である。額縁をもっと身近なものにするべく、気軽に買えるミニ額の専門店に行ってみた。実は額縁、使ってみるとやたらと面白いのである。

サムネイル

2020/07/02
お菓子の宝石ドレンチェリーを自作したい
昔のクッキーなんかによく載ってた、あの赤い宝石みたいなの。久しぶりにアレが載ったクッキーとか食べてみたい。ついでに自作もしてみようか。

サムネイル

2020/06/03
真っ黒すぎる塗料で脳がバグる

サムネイル

2020/04/29
豆乳を迷わず選べるオリジナルサインペン作り
自分で好きに混ぜて作った色インクを詰めて、オリジナルのサインペンを作れるというセットが面白い。このサインペン作りを通して、いま僕個人がちょっと悩んでいることを解決したい。

サムネイル

2020/03/24
折り機はなにをやってるのか分からなすぎて、ほぼ手品マシーン
印刷物は刷って終わりじゃない。印刷のあまり目立たない仕上げ行程をちゃんと見るべく。“折り”の行程を見学した。

サムネイル

2020/02/26
印刷製本は職人の優しさでできている
印刷屋さんの工場に行き、印刷の過程の“綴じ”の部分を見学させてもらった。印刷自体ではなく綴じる、そこにもプロの職人さんがいるのだ。

サムネイル

2020/01/27
誰でも簡単にペンが回せてミサイルも撃てる中華ペン
どんなに不器用でも簡単にペン回しができるというペンを試してみることにした。中国のペン回し用玩具『転戦之超旋斗士』セットである。

サムネイル

2019/12/28
鉄道の街大宮でハイエナ見てナポリタンを食う~新幹線の駅にひとり置き去り~
知らない駅に置き去りにされたらどうしよう。たぶん困る、でもちょっと楽しそう。体験してみました。

サムネイル

2019/11/25
焼くと革っぽくなる粘土で革べこを作る
ステッドラーの『フィモレザー』という粘土は、説明によると「オーブンで焼くとフェイクレザーになる」というのだ。

サムネイル

2019/10/24
フルーチェの可能性はカルシウムで開かれる

サムネイル

2019/09/26
ペン回し世界王者にペン回しとペンの話を聞いてきた
「ペン回しって指でペンをくるくる回すアレでしょ?」とか「そもそもペン回しの世界大会ってどんなんだよw」とか、そういう捉え方をしている人は、今からその考えがバキバキにぶっ壊されるので、ちょっと楽しみにして読むといい。いやマジで。

サムネイル

2019/08/29
文房具で戦え!激戦ブングーファイブ
ベースは1対1で戦ういわゆる○×の五目並べなんだけど、それだけじゃなくて、様々な文房具を駆使して戦うボードゲームが話題らしい。

サムネイル

2019/07/30
「気泡割り専用アラビックヤマト」は純粋な達成感の塊だ
アラビックヤマトで「気泡割り」という遊びをしたという人、いるだろうか。あまりいないだろう。そんな薄いレベルの反応しかない遊びをする専用のアラビックヤマトが、おもちゃとして発売されるというのである。

サムネイル

2019/07/03
レタスとかサンドイッチとか!夏の文房具フェス2019
文房具業界は、とにかく夏がアツい。なんでかというと、秋冬以降の新製品を発表する展示会がやたらと目白押しになっているからだ。そんな中でも最も規模が大きいのが、文房具の夏フェスこと「国際文具・紙製品展」(通称:ISOT)である。

サムネイル

2019/05/28
重層型海苔弁への挑戦
海苔弁は階層化していてこそだ。今のチェーン系弁当屋の海苔弁は「海苔・おかかごはん」以上!という単層タイプばかりで全然つまらない。もっと複雑な層構造を持つ、いわば重層型海苔弁があってもいいんじゃないだろうか。

サムネイル

2019/05/10
昭和ファンシー紙袋の偽物を作って本家に見てもらった
全国の文房具店とかファンシーショップで使い倒されていた紙袋、ストップペイル。そのパロディを作っていたら、本家のデザイナーにもインタビューさせてもらえることになった。

サムネイル

2019/03/18
実家からっぽくスマホを送りたい
実家から届くダンボールにはそれぞれの好きなものが詰まっている。5名のライターに聞きながら再現しました。

サムネイル

2019/02/25
日本一のクラムチャウダーを決めるニッチすぎる選手権
ニッチなイベント「第一回 日本クラムチャウダー選手権」そしてこれまでの経験上、こういったニッチすぎる食イベントはだいたいハズレなくうまいものが食えるのだ(やってる側のこだわりがすごいから)。

サムネイル

2019/01/28
じゃがりこサイレンサーであの騒音問題を解決しよう
新幹線の中でじゃがりこを心置きなくザクザクかみ砕きたい。周囲にうるさい思いをさせないように静音マスクを作った。

サムネイル

2018/11/26
錯視罫で書きにくいルーズリーフを作る
書きやすいだけがルーズリーフの進化なのか。それが善なのか。書きにくい方向に良くなってる、という解釈で進化してみるのもありだろう。

サムネイル

2018/11/13
ハイチュウと柿の種はJAXA認証済みの宇宙食である
千葉県の科学館で宇宙食の企画展示をやっているらしい、という情報を見つけた。気になる。行かねば。

サムネイル

2018/10/29
商店街で味わうしみじみハロウィン
近所の商店街のハロウィンの飾り付けが、なんというかこう…実にしみじみとしているのだ。

サムネイル

2018/10/04
国立感染症研究所でDNAを抽出したり蚊を作ったり
国立感染症研究所(NIID)は厚生労働省の研究機関で、名前通り病気(感染症)の予防や治療に関する研究が行われているところである。その一般公開に行ってきた。

サムネイル

2018/09/03
思い出の膳所(ZEZE)をZOZOスーツで歩く
ZOZOスーツを着て、自分が青春時代を過ごした大津市の膳所(ZEZE)を歩く。孫が生まれ爺(ZIZI)になったと父と共に。

サムネイル

2018/08/06
ジェネリックメンマへの挑戦
タケノコ以外の材料から、ご家庭で簡単にメンマっぽいものが作れないかを考えてみた。ジェネリックメンマへの挑戦である。

サムネイル

2018/06/25
本当はガチで怖い文房具
普段から仕事や勉強に使われている文房具。わりと命の危険がありそうなのも、精神に食い込んできそうなのもいるので、くれぐれも注意していただきたい。

サムネイル

2018/06/04
盗まれないビニ傘を作る3メソッド
ビニール傘は安物というイメージがあるからか、気軽に盗むヤツがいる。許せない。悔しいので、「盗まれないビニール傘」を作ってみた。

サムネイル

2018/05/07
料理の大事な材料ぜんぶ抜く
人気番組『池の水ぜんぶ抜く』が好きだ。ちょっと真似したくなったので、手近なところで、料理のレシピから大事な材料をぜんぶ抜いてみた。

サムネイル

2018/04/09
人生初のサイン会のためにサインを練習した
人生初のサイン会をやることになったが、ひとつ不安なことがある。そもそもサインってどう書いていいのかわからないのだ。やばい。練習しよう。サインの。

サムネイル

2018/03/12
ハンドスピナーのギネス世界記録24分って具体的にどれぐらい長い?
人工衛星の姿勢制御装置とか作ってるメーカーとベアリングメーカーが組んで、24分回るハンドスピナーを作った。見に行って、24分ってどのくらいの時間なのか体感しよう。

サムネイル

2018/02/05
戦え!みかん糖度バトラー
みかんのおいしさは個体差が大きいのに、それを食べる前に当てるのは難しい。もしかしたら対戦型ホビーになるのではないだろうか。

サムネイル

2018/01/08
フロアモップを恥ずかしげもなく格好良くする
掃除用のフロアモップって、もうちょっと格好良くならないだろうか。無骨というか、シンプルというか、あっさりしすぎなのだ。

サムネイル

2017/12/05
国際ロボット展は地獄っぽさがある
産業用ロボットの展示ブースでは、ロボットが会期中ずっと、延々同じ作業を反復している。これは地獄っぽくないだろうか。賽の河原のようだ。

サムネイル

2017/11/09
スッキリするマンホールと、モヤッとするマンホール
ちょっとうつむき加減に歩いていると視界に入ってくるのが、マンホール。そのマンホールに「スッキリ気持ちいいやつ」と「モヤッとするやつ」があるのだけれど、皆さんは気になったことないだろうか。

サムネイル

2017/10/03
おつまみをおかずに白飯が美味い
「酒のつまみでごはんを食うのが好き」という話をしたら、聞いた相手はいわゆる乾き物を想像したらしい。おかきやレーズンバターでごはんを食べる。なるほど、やってやろうじゃないか。