ライタープロフィール


顔写真
木村岳人 (きむらたけひと)
1981年神奈川生まれ。テケテケな文化財ライター。古いモノを漁るべく、各地を奔走中。常になんとかなるさと思いながら生きてるが、実際なんとかなってしまっているのがタチ悪い。2011年には30歳の節目として歩き遍路をやりました。2012年には31歳の節目としてサンティアゴ巡礼をやりました。
> 個人サイト 閑古鳥旅行社 Twitter

人気記事
サムネイル

2018/11/24
明治の道だけを歩いて江ノ島を目指す
神奈川県の中央部から出発し、明治時代の地図に記されている道だけを辿って県南の江ノ島まで行くことができるのか、試してみた。

これまでの記事
サムネイル

2018/11/24
明治の道だけを歩いて江ノ島を目指す
神奈川県の中央部から出発し、明治時代の地図に記されている道だけを辿って県南の江ノ島まで行くことができるのか、試してみた。

サムネイル

2018/08/30
日本100名城を全制覇したので自慢させてください
日本100名城というものがある。2008年から周り始めて、今年でやっと全100城を制覇することができた。

サムネイル

2018/07/23
九州の味「うまかっちゃん」5種食べ比べ
九州地方限定で発売されている、とんこつ味のインスタントラーメン「うまかっちゃん」を5種食べ比べた。

サムネイル

2018/06/30
教会じゃなく集落が世界遺産ってどういうこと?~長崎と天草の潜伏キリシタン集落を訪ねた
教会じゃなく「集落」が世界遺産ってどういうことなのか。長崎と天草の潜伏キリシタン集落を訪ねてみました。

サムネイル

2018/01/11
琵琶湖疏水の船下り試乗会に参加した
2018年春より観光船として船運が復活する琵琶湖疏水の船下り試乗会に参加した。

サムネイル

2017/07/13
早春の檜枝岐村に見るフキノトウのたくましさ
福島県の檜枝岐村で見た野生のフキノトウは、そこらじゅうに生えていて生命力に驚いた。

サムネイル

2017/06/01
福島県の秘境「檜枝岐村」で江戸時代から続く歌舞伎を見てきた
福島県の南西端「檜枝岐村」の神社で、江戸時代から続く歌舞伎をみてきた。

サムネイル

2017/04/26
花見散歩で愛でるご近所桜
桜の名所での花見は混雑している。静かにのんびり桜を楽しみたいので、近所を散歩しながら花見した。

サムネイル

2016/12/21
カンボジアの車窓から
有名なアンコールワットから離れた北部のまち「プレアヴィヒア」。等身大のカンボジアというべき光景を紹介します。

サムネイル

2016/09/01
我が家の猫が20歳を迎えました
家で飼っている猫が20歳になった。高齢ということもあって老化が顕著となり、いろいろと面倒を見なければならないことが多くなった。

サムネイル

2016/07/05
すべての時代の道が残る「宇津ノ谷峠」が凄い
静岡県静岡市と藤枝市の境の「宇津ノ谷峠」に、古代から中世、近世、明治、戦前、戦後、平成に築かれた各時代の道がすべて残っている。古い道は上書きされがちなので、各時代の道が今も全部あるということはすごいことなのだ。

サムネイル

2016/06/01
思い出の狭隘トンネルを探しに伊勢志摩へ
高校の頃ママチャリで神奈川から下関まで行った。大人になった今、カブでそのルートをたどった

サムネイル

2016/04/27
新宿新都心へ一直線、「水道道路」に見る水路の名残り
新宿新都心にかつてあった水道道路の名残りを散策した。

サムネイル

2016/03/29
市街地に残る旧街道~大山道「田村通り」を歩く
市街地に残る旧街道~大山道「田村通り」を歩く

2016/03/01
東京都内、江戸時代の墓巡り
江戸時代に活躍した教科書にのっている人の墓参りをした。

2016/01/26
寒い冬、サンマーメンと向き合う
横浜発祥といわれるサンマーメン。神奈川に生まれて35年目にして初めて食べた。

2015/12/28
木造牛舎が建ち並ぶ、小岩井農場の空気感が凄い
岩手県の岩手山に乳製品で知られる小岩井乳業の農場が広がっている。今なお現役で驚いた。

2015/11/17
日本一危険な神社に参拝したかった
日本一危険な神社と称されている北海道本島の最西端にある太田山神社へ行ってみた。

2015/10/30
余市蒸留所の異次元っぷりに驚いた
北海道の余市蒸留所は創建当初の建物がそのまま残っていてモダンかつメルヘンな雰囲気があった

2015/09/22
一万円の松阪牛
青春18切符で神奈川県から鈍行で約8時間、三重県の松阪市へステーキ肉を買いに。

2015/09/15
赤玉ワインに合うツマミ調べin鎌倉
鎌倉の遺跡や遺構の比喩をつかって赤玉ワインに合うツマミを調べてみた。

2015/08/25
0合目(富士吉田)からの富士登山
富士山北側の富士吉田から始まる「吉田口登山道」ルートで0合目から5合目まで登った。

2015/07/21
江戸時代に名古屋城の天守を持ち上げて石垣を修理したという話
名古屋城の天守を片側を持ち上げ石垣を修理した。その様子を割り箸で再現してみた。

2015/06/23
修験道の山巡り
九州と長野にある山の上の修験道の魅力について紹介します。

2015/05/26
佐渡島は寺院や霊場もおもしろい
佐渡島と聞くと金山やトキを思い浮かべるが、寺院や霊場が凄かったので紹介したい。

2015/04/21
二級河川の水源地めぐり
一級河川と比べてランクが落ちた感のある二級河川。その水源地はどのような場所か。

2015/03/24
「自動車会社の側ではカッコ良い車をよく見かける説」を検証する
因果関係があるのか、単なる気のせいなのか。決着をつけるため、実際に調査してみた。

2015/02/24
雪に閉ざされた廃村で雪下ろしをしてきた
雪によって閉ざされた真冬の廃村「大平宿」に、雪下ろしをしに行ってきました。

2015/01/27
全61箇所から選ぶ、地味な特別史跡ベスト10
国が指定する特別史跡。価値ある史跡ながら、いかんせん遺跡なのでビジュアルが地味だ。

2014/12/23
島原半島の棚田と段畑が凄い、あと「トリ弁当」がうまい
一ヶ月に渡る九州旅行で、特に印象的だったのが屋久島と阿蘇、そして島原半島である。

2014/11/25
屋久島は温泉までもワイルドだ
かねてからの念願であった屋久島は、温泉のワイルドっぷりが凄くて度肝を抜いた。

2014/10/28
江戸時代の体験型アトラクション「地獄極楽」で昇天体験
大分県は安心院にある、江戸時代の体験型アトラクション。体験するのは、昇天だ。

2014/09/16
ご飯に合うスパゲティソース調べ
食事は手早さが肝要、そんな私が辿り着いたズボラの境地が、スパゲティソース丼だ。

2014/08/27
インペリアルスイートルームに泊まった
インペリアルなスイートルームを、テキストアドベンチャー形式で追体験してください。

2014/07/22
カブ旅行のすゝめ
新聞や郵便の配達などにも使われている実用車だが、旅行の足としても大変重宝する。

2014/06/24
天空の里「下栗」を目指し、遠山郷へ行ってきた
日本の秘境と名高い「遠山郷」のさらに奥地に位置する「下栗集落」に行ってきた。

2014/06/05
国道152号線の未開通区間を歩いた
国道152号線は、地図をよく見ると途中で途切れている。未開通区間に行ってみた。

2014/04/24
ネギ・生姜・春菊のみじん切りは、何にでも合う万能薬味
試してみてあらびっくり。これがホント、何にでも合う万能薬味なのである。

2014/03/18
その辺にある石仏の風化具合を愛でる
形を失いつつある石仏は儚く、切ない。そんな傷みの激しい野良石仏を鑑賞してみたい。

2014/03/04
県営団地の周囲に広がるブラジルタウン
綾瀬市北部、県営団地の周囲がプチ・ブラジルタウンのようになっていて驚いた。

2014/02/18
廃造船所で行われる、まつり
1月下旬に行われた「中島三郎助まつり」で壮大なる廃造船所を、心行くまで堪能した。

2014/02/04
小規模工業地帯の夜
大規模工業地帯ではなく、今回はあえて小規模な工業地帯の夜景を見にいってみよう。

2014/01/21
アパートの名前~その傾向と対策
自宅の近隣地域を周って約150軒のアパートの名前を調べ、その傾向を探ってみたい。

2014/01/07
元旦、近所のローカル神社をハシゴした
ローカル神社なら元旦であってもさほどの人出はなく快適な初詣を楽しめるのではないだろうか

2013/12/17
飛行機用の防空壕、「掩体壕(えんたいごう)」のたたずまい
カマボコ型のコンクリートにぽっかりと穴が開いたような「掩体壕(えんたいごう)」を巡った

2013/12/03
ボコボコ道路に見る情緒
アスファルトの道路のボコボコが、何ともいえないわびさびの風情を醸していると思う。

2013/11/19
あっちこっちにある東照宮
「東照宮」は日光のみならず日本各地に存在する。日光以外の場所にある東照宮をめぐった。

2013/11/05
夜景を見に、真夜中の羽田空港へ
真夜中であっても空港の各施設は明るく照らし出されており、駐車場から見る夜景は美しい。

2013/10/22
世界最長の並木道「日光杉並木」を踏破したかった
日光にある杉並木は約35kmで世界最長だそうだ。杉並木を歩きに日光まで行ったのが……

2013/10/08
海ほたるに見る“孤高の漢”っぷり
人工島「海ほたる」その裏側に回ってみると、意外にも武骨な感じで親しみが持てるのだ。