特集 2016年2月26日

手描きの共食いキャラが特に切ない

後を絶たない共食いキャラの惨劇。
後を絶たない共食いキャラの惨劇。
「共食いキャラ」とは、たとえばトンカツ屋の店頭で「おいしいヨ!」って言ってるコック帽を被ったブタのキャラのこと。

おいしいヨ、じゃないよ、っていう話だ。

トンカツ屋をはじめ、焼肉屋、肉屋、豚骨ラーメン屋などいたるところで日常的に見かけるため、そのおぞましさに麻痺してしまっている「共食いキャラ」。

いまいちどその悲しいキャラ振る舞いを直視しようではないか。
もっぱら工場とか団地とかジャンクションを愛でています。著書に「工場萌え」「団地の見究」「ジャンクション」など。(動画インタビュー

前の記事:百貨店の階段が好きだ

> 個人サイト 住宅都市整理公団

共食い三大キャラ

共食いキャラ啓蒙活動としてこれまで繰り返し、彼らをテーマに記事を書いてきた。

「共食いキャラクター」を鑑賞する
クラブ活動「共食いキャラクター」
共食いキャラクター韓国編
共食いキャラ・ブタさんスペシャル
まだまだいる共食いキャラ
あいかわらずなげかわしい「共食いキャラ」
共食いキャラ界に新動向

前回から1年あまり。特にパトロールしているわけではないのだが、気がつくとパソコンの中の「共食いキャラフォルダ」がいっぱいになっている。

とりあえずここ1年の収穫をご覧頂こう。
まずは、全体的に「お母さんの趣味」的な賑やかな店頭風景で肉屋感を感じさせないこのお店
まずは、全体的に「お母さんの趣味」的な賑やかな店頭風景で肉屋感を感じさせないこのお店
おしゃれ。蝶ネクタイ。幾何学的なボディ表現に、どこか色っぽい表情の2畜種。なんかちょっと怖い感じがするのはどうしてか。そしてその手に持っている肉は…
おしゃれ。蝶ネクタイ。幾何学的なボディ表現に、どこか色っぽい表情の2畜種。なんかちょっと怖い感じがするのはどうしてか。そしてその手に持っている肉は…
こちらも肉屋さん。80年代っぽい丸文字がすてきだが、問題は向こう側のお三方。
こちらも肉屋さん。80年代っぽい丸文字がすてきだが、問題は向こう側のお三方。
仲間の肉を存在を店頭でアピールするという過酷な労働のためか、その目はうつろ。特にトリさんは足元にタマゴがあって、一層悲壮感が漂う。いやでもこれどう見ても雄鳥だからこれはタマゴではないか。そう信じたい。
仲間の肉を存在を店頭でアピールするという過酷な労働のためか、その目はうつろ。特にトリさんは足元にタマゴがあって、一層悲壮感が漂う。いやでもこれどう見ても雄鳥だからこれはタマゴではないか。そう信じたい。
これも肉屋さん。ブタの満面の笑みが悲しい。というか、ウシと作画担当が違うのでは。
これも肉屋さん。ブタの満面の笑みが悲しい。というか、ウシと作画担当が違うのでは。
このように肉屋さんには、ブタ、ウシ、トリ、のいわゆる「共食い三大キャラ」が勢揃いすることが多い。
一方、このように非肉屋で三大キャラが揃うのはめずらしい。しかも大はしゃぎである。「パーリナイ!」どころではないと思う。
一方、このように非肉屋で三大キャラが揃うのはめずらしい。しかも大はしゃぎである。「パーリナイ!」どころではないと思う。
いわゆる「ブレメーンの音楽隊系」である。盗賊を脅かす手法でわれわれ食べる側を脅かしているのだと解釈している。肉屋ではよく見かけるフォーメーションだが、飲食店ではめずらしい。
いわゆる「ブレメーンの音楽隊系」である。盗賊を脅かす手法でわれわれ食べる側を脅かしているのだと解釈している。肉屋ではよく見かけるフォーメーションだが、飲食店ではめずらしい。

ブタってほんとうにかわいそう

さて、これら三大キャラの間には微妙な温度差がある。中でももっともかわいそう感あふれるのはブタである。
ぜったい彼は何をやらされているか分かっていないと思う。無邪気な表情がかわいそう。
ぜったい彼は何をやらされているか分かっていないと思う。無邪気な表情がかわいそう。
この子もどういう状況に置かれているか理解してなさそう。かわいそう。
この子もどういう状況に置かれているか理解してなさそう。かわいそう。
こちらの力強い「やってます」には
こちらの力強い「やってます」には
舌なめずりのブタ。この子もよくわかってなさそう。きみにとってはほぼ「殺ってます」の意味なのに。
舌なめずりのブタ。この子もよくわかってなさそう。きみにとってはほぼ「殺ってます」の意味なのに。
「かわいい」と「かわいそう」は似ている。
「かわいい」と「かわいそう」は似ている。
こちらも「目がうつろ系」。
こちらも「目がうつろ系」。
シルエットだけでかわいそう感を出せるのはブタだけ。
シルエットだけでかわいそう感を出せるのはブタだけ。
たとえばキャラ化していないこの食材説明イラスト表現で描かれたウシの隣には…
たとえばキャラ化していないこの食材説明イラスト表現で描かれたウシの隣には…
このかわいいブタ。このように「なぜかブタだけキャラ化してて哀愁を誘う」というケースがままある。
このかわいいブタ。このように「なぜかブタだけキャラ化してて哀愁を誘う」というケースがままある。
バス停で待つブタさんの姿は「ドナドナ」を彷彿とさせる。しかも親子で、というのが罪深い感じ。一方ウシのほうに迷いはない。なにせそちらは牛肉ではなく牛乳なのだから。これほど明暗が分かれた例もめずらしい。やっぱりブタさんかわいそう。
バス停で待つブタさんの姿は「ドナドナ」を彷彿とさせる。しかも親子で、というのが罪深い感じ。一方ウシのほうに迷いはない。なにせそちらは牛肉ではなく牛乳なのだから。これほど明暗が分かれた例もめずらしい。やっぱりブタさんかわいそう。
このように、よく見るととてつもなくかわいそうなブタたちがそこらじゅうにたくさんいるのだ。

そんな受難の種、ブタの中でももっともかわいそうなのがこれだ。
いったん広告です
冒頭のブタさん。この穏やかな表情はどうだ。
冒頭のブタさん。この穏やかな表情はどうだ。
ひどい。かわいそう。われわれ人間はなぜこんなことをさせてしまうのか。というか、よく考えたらこれみせられて「おいしそう!」って思うのかな。

共食いキャラ界ではこの胴体輪切りの共食いキャラは「サヴィニャック系」と呼ばれ、共食いキャラの元祖と位置づけられている。
戦後の共食いキャラの歴史はここから始まった(と思う)。1951年のレイモン・サヴィニャックによるハムの広告
戦後の共食いキャラの歴史はここから始まった(と思う)。1951年のレイモン・サヴィニャックによるハムの広告
その直系の共食いキャラ( @ta_ono さんより)。「うまさがちがう」って、本人は絶対言ってないと思う。
その直系の共食いキャラ( @ta_ono さんより)。「うまさがちがう」って、本人は絶対言ってないと思う。
これらフランスのエスプリを体現するサヴィニャック系共食いブタの系譜だと思うのだ。切れかけ、っていうのがまたひどいが。
ちなみにこういうのも。ある意味共食いキャラの極北。
ちなみにこういうのも。ある意味共食いキャラの極北。

ふっきれた共食いキャラ

ぜんたいてきにかわいそうな共食いブタだが、中には吹っ切れたっぽいものもいる。
いやこれは吹っ切れたというよりやぶれかぶれか。
いやこれは吹っ切れたというよりやぶれかぶれか。
もはや仲間を売る良心の呵責は感じられない。
もはや仲間を売る良心の呵責は感じられない。
たまがった(おどろいた)のはこっちだ。
たまがった(おどろいた)のはこっちだ。
もはや清々しいひらきなおりっぷり。
もはや清々しいひらきなおりっぷり。
右の彼が掲げる皿には、小さな仲間が。
右の彼が掲げる皿には、小さな仲間が。
メインである唐揚げのトリはサボタージュの構え。一方豚汁側の彼は積極的にサーブ。二者間の気圧差がすごい。今夜は荒れるぞ。
メインである唐揚げのトリはサボタージュの構え。一方豚汁側の彼は積極的にサーブ。二者間の気圧差がすごい。今夜は荒れるぞ。
これは友人から通報いただいたもの。かなりの問題作。右に記されたうたい文句を見ると、文字通りの共食いが行われたようだが、頭上で開き直っているのは「食べた側のブタ」で、その所行を下の彼らが嘆いているのか。あるいは食べられて昇天した彼を偲んでいる図か。というか、下の君たちはなに? ブタじゃないよね? クマ?
これは友人から通報いただいたもの。かなりの問題作。右に記されたうたい文句を見ると、文字通りの共食いが行われたようだが、頭上で開き直っているのは「食べた側のブタ」で、その所行を下の彼らが嘆いているのか。あるいは食べられて昇天した彼を偲んでいる図か。というか、下の君たちはなに? ブタじゃないよね? クマ?
というように、かわいそう系代表のブタではあるが、長年の共食いキャラ歴の末か吹っ切れてしまったものもいるのだ。いいことなのかどうなのか、ぼくには分からない。

ウシ:開き直りがち

このような「吹っ切れ系」はウシやトリにはよく見られる。というか、この2種は開き直った態度が普通だ。
シガーをくゆらせ、「焼肉」の文字にもまったく同様の気配を見せない。
シガーをくゆらせ、「焼肉」の文字にもまったく同様の気配を見せない。
ウシの場合、ブタと違って「分かってない」感がない。分かっててやってる気がする。
あ、でもこの子はちょっと分かってなさそう。「いいからいいから、きみは店頭でベロを出してればいいから。ぺろっとね。そーうそう、そんな感じで」っていわれるがままに。
あ、でもこの子はちょっと分かってなさそう。「いいからいいから、きみは店頭でベロを出してればいいから。ぺろっとね。そーうそう、そんな感じで」っていわれるがままに。
こいつはぜったい分かっててやってる。同情できない面構え。
こいつはぜったい分かっててやってる。同情できない面構え。
鹿児島黒牛を強力に推すギュージンガー・ブラックなる開き直り系共食いウシ。「食に関する正しい知識を世界に伝える『伝道牛(でんどうウシ)』」らしいが、ウシの姿をとる者としてはもっと伝えるべきものがあるのではないか。
鹿児島黒牛を強力に推すギュージンガー・ブラックなる開き直り系共食いウシ。「食に関する正しい知識を世界に伝える『伝道牛(でんどうウシ)』」らしいが、ウシの姿をとる者としてはもっと伝えるべきものがあるのではないか。
これはちょっとかわいそう系かも。フォークに添えた尻尾にきゅんとする。
これはちょっとかわいそう系かも。フォークに添えた尻尾にきゅんとする。
あ、これは完全に分かってない系だ。
あ、これは完全に分かってない系だ。
ゴキブリホイホイにゴキブリの絵が描いてあったのには何も思わなかったが、牛舎がウシの形というのには人として良心の呵責を覚える。
ゴキブリホイホイにゴキブリの絵が描いてあったのには何も思わなかったが、牛舎がウシの形というのには人として良心の呵責を覚える。
なんか改めて見てみたら、いがいとかわいそうな感じの共食いウシもけっこういたな。

でも、やたら強気に出るのはウシならでは、というのは分かっていただけたのではないか。

トリはかなり脳天気だ。
いったん広告です
どこか危機感に薄い。
どこか危機感に薄い。
ハネを上手く使ってのサムアップである。
ハネを上手く使ってのサムアップである。
ここの共食いトリには悩まされた。
ここの共食いトリには悩まされた。
「やきとり」のキャラがハト。これは共食いといっていいものか。というか、これはハトだよね? もしかしてノアの方舟のラストシーンで出てきたハトか? くわえているのはオリーブの葉か。共食いキャラ界の大洪水の水が引くのはいつだ。
「やきとり」のキャラがハト。これは共食いといっていいものか。というか、これはハトだよね? もしかしてノアの方舟のラストシーンで出てきたハトか? くわえているのはオリーブの葉か。共食いキャラ界の大洪水の水が引くのはいつだ。
下の、あっけらかんとはまた違ったなにかの修行中のような共食いトリは香港にいたもの。
脳天気とはことなる凄みを感じる。
脳天気とはことなる凄みを感じる。
ところで、食の大国であるにもかかわらず、香港にはあまり共食いキャラがいない。以前韓国に行った時には大量に見かけたが、中国本土やタイといった国ではほとんど見かけなかった。
墨痕鮮やか「牛」と書かれたメニューを紹介するのはブタ。そりゃ笑顔にもなる。
墨痕鮮やか「牛」と書かれたメニューを紹介するのはブタ。そりゃ笑顔にもなる。
めずらしくいた! と思ったら日本のチェーン店だった。
これも香港だが、やっぱり日本食。
これも香港だが、やっぱり日本食。
なぜ中華圏に共食いキャラがいないのか。今後の研究が待たれる。

部位見せ系の台頭

さて、上のキャラがそうだが、最近よく目にするのが「部位見せ系」共食いキャラである。

以前からいたにはいたが、肉の希少部位ブームもすっかり定着したことをうけ、出現度があがっているように思う。

これがまた切ないのだ。
見えちゃっているのか、皮膚に描かれているのか。せめて後者を望みたい。
見えちゃっているのか、皮膚に描かれているのか。せめて後者を望みたい。
描画の危なっかしさが切なさを倍増させる。
描画の危なっかしさが切なさを倍増させる。
部位が独立した共食いキャラ。こうなるともはや共食いキャラといっていいかどうか迷うところ。
部位が独立した共食いキャラ。こうなるともはや共食いキャラといっていいかどうか迷うところ。
通常の共食いキャラよりも、より非人道性を感じるこれら「部位見せ系」。共食いキャラ啓蒙家としては、せめてこれはやめたらどうかと提起したい。

いやまあそもそも共食いキャラ自体が非人道的といえばそれまでだが。地雷禁止条約に似たジレンマを感じる。いや、戦争自体が禁止されるべきだろう、と。

「手描き系」のやるせなさ

上の2例の手描き共食いキャラを見て違和感を感じた方も多いのではないか。いないですか、そういう人は。

個人的には、なんか、こう、手描きの共食いキャラにすごくやるせないものを感じるんですよ。

それがまた最近多いんですよ、手描き系。
いったん広告です
手描き系共食いキャラって、調子に乗ってるのが多いんですよ。ブタさんよ、きみを先導してるそいつは同じ立場の仲間じゃないぞ!
手描き系共食いキャラって、調子に乗ってるのが多いんですよ。ブタさんよ、きみを先導してるそいつは同じ立場の仲間じゃないぞ!
妙にそつのないタッチがまたもわもわする。
妙にそつのないタッチがまたもわもわする。
手描き系共食いキャラ増加の主要な原因は、この手の立て看板が一般的になったこと。
手描き系共食いキャラ増加の主要な原因は、この手の立て看板が一般的になったこと。
仲間の肉から摂れる栄養素を解説する手描き系共食いキャラ。
仲間の肉から摂れる栄養素を解説する手描き系共食いキャラ。
手描きだろうが看板屋に発注したものであろうが、共食いキャラのかわいそうさは変わらないのだが。

これらはおそらく「文字だけではなんかさびしいから」という理由で描いてしまうのだろう。つまり、無意識に共食いキャラを登場させてしまう我々人間の業の深さを表しているようで見ていて切なくなるのだ。
切ない。
切ない。
ああ、切ない。
ああ、切ない。
ブタは手描きでもかわいそう系。
ブタは手描きでもかわいそう系。
一方トリは手描きでも脳天気。「是非」って。
一方トリは手描きでも脳天気。「是非」って。
こんなことで切なくなっちゃうのはぼくだけだろうか。よく「メディアはどうしてこの悲劇を伝えないのか」という言葉を目にするが、ぼくはこの手描き系共食いキャラについてこそ言いたい。メディアはどうしてこの悲劇を伝えないのか。

共食いキャラかどうか迷う

さて、最後に「これって共食いキャラだろうか」と悩む物件をご紹介しよう。そんなもので悩むな、って話ですが。
シロアリ駆除サービスのキャラがシロアリ。これは共食いと言っていいのではないか。どうだろうか。ただ、いずれにせよかわいそう感は感じない。人間って、勝手だ。
シロアリ駆除サービスのキャラがシロアリ。これは共食いと言っていいのではないか。どうだろうか。ただ、いずれにせよかわいそう感は感じない。人間って、勝手だ。
どことなくロートレック風のダイナミックな絵柄に目を奪われ、食材の中に共食いキャラがいることを見逃しがち。メインではないことと、ウシなんだかブタなんだかあるいはそれ以外の何かなのかよく分からない描写ゆえ、これを共食いキャラとして嘆くべきかどうか迷う作品。
どことなくロートレック風のダイナミックな絵柄に目を奪われ、食材の中に共食いキャラがいることを見逃しがち。メインではないことと、ウシなんだかブタなんだかあるいはそれ以外の何かなのかよく分からない描写ゆえ、これを共食いキャラとして嘆くべきかどうか迷う作品。
店長とおぼしき顔を持ったタコ焼き屋のキャラ。これは迷う。
店長とおぼしき顔を持ったタコ焼き屋のキャラ。これは迷う。
この「食材に呪われて下半身が共食いキャラになった」系で最も有名なのは彼である。肝心の手羽先部分が人間のものなのがまた怖い。
この「食材に呪われて下半身が共食いキャラになった」系で最も有名なのは彼である。肝心の手羽先部分が人間のものなのがまた怖い。
商品がそのままキャラ化している。これも悩む。よりかわいそうな気もするし、もはやキャラではないという気もする。
商品がそのままキャラ化している。これも悩む。よりかわいそうな気もするし、もはやキャラではないという気もする。
このように、共食いキャラかどうか迷うにはいろいろな理由がある。体調が悪いときはどれもなげかわしく思えるが、元気なときは「うん、まあ、これはいいだろう」と寛容な気持ちになる。
雰囲気五線譜をまとう彼。すわ「歌う共食いブタか! 」と色めき立ったが、とくに豚肉料理専門というわけでもなく、たんにお店のキャラというだけかもしれない。
雰囲気五線譜をまとう彼。すわ「歌う共食いブタか! 」と色めき立ったが、とくに豚肉料理専門というわけでもなく、たんにお店のキャラというだけかもしれない。
こちらも、ラーメン屋のキャラがたまたまウナギモチーフなだけか、と思いきや。
こちらも、ラーメン屋のキャラがたまたまウナギモチーフなだけか、と思いきや。
専門はウナギだった。やっぱり共食いキャラではないか! まったく油断も隙もあったものではない。
専門はウナギだった。やっぱり共食いキャラではないか! まったく油断も隙もあったものではない。

後を絶たない共食いキャラ。今後も目を光らせていきたい。みつけたらご一報ください。
黒豚料理屋になんと「共食いキャラ顔ハメ」があり、ついハメてしまったことを告白します。
黒豚料理屋になんと「共食いキャラ顔ハメ」があり、ついハメてしまったことを告白します。

【お知らせ】本日2月26日(金)イベント『団地団』やります

もう何回目か数え切れなくなりましたが、おかげさまで人気のトークイベント「団地団」。

きたる2月26日阿佐ヶ谷ロフトで19時からやります。今年は実は団地映画の当たり年らしく、近々立て続けに団地が舞台の邦画が公開されます。

ここはひとつ日本の団地映画の歴史をふりかえってみようかと。豪華メンバーでお送りします。おもしろいよ。みなさん、ぜひお越しください!
【詳しくは→こちら
▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓