特集 2013年9月27日

あいかわらずなげかわしい「共食いキャラ」

そりゃ愁いを帯びた表情にもなろうというものだ
そりゃ愁いを帯びた表情にもなろうというものだ
「職業に貴賎はない」という言葉があるが、ほんとうだろうか。「共食いキャラ」見かけるたびにぼくは疑問に思う。

仲間を食えと誘う役目。時には自分で食べちゃったり、調理すらしたりもする。なげかわしい。

ブタの世界にSNSがあったら炎上間違いなしの職業「共食いキャラ」。改めてその実態に迫りたい。ああ、なげかわしい。
もっぱら工場とか団地とかジャンクションを愛でています。著書に「工場萌え」「団地の見究」「ジャンクション」など。(動画インタビュー

前の記事:コインランドリーってなんかすてきじゃない?

> 個人サイト 住宅都市整理公団

この世からかわいそうな共食いキャラがいなくなるまで!

「共食いキャラ」とは飲食店や肉屋の店頭で客引きをするブタやウシ、トリなどのこと。たとえばトンカツ屋でブタのコックさんが「おいしいよ!」とか言っていたりするあれだ。おいしいよ、じゃねえよ、と思う。

この「共食いキャラ」について、ぼくはこれまでDPZで何回か書いてきた。
長年の観察から、彼らも好きこのんで仲間を売っているのではない、とぼくは見ている。あれは人間にやらされているのだ。「いやなら、べつにやってもらわなくてもかまわないんだけど、その時は君も…な?わかるだろ?」とか言われてるに違いないのだ。なんという悲劇!許すまじ、人間。
どこかぎこちない笑顔に、仲間のダシが利いたラーメンを売ることへの躊躇が感じられる。と思う。
どこかぎこちない笑顔に、仲間のダシが利いたラーメンを売ることへの躊躇が感じられる。と思う。
もう真顔である。
もう真顔である。
酔いつぶれでもしなければやっていられない。
酔いつぶれでもしなければやっていられない。
こうやってこれまでことあるごとに「共食いキャラ」の記事を書き続けてきたのも、勢い余って本まで作ってしまったのも、すべてはこのような悲劇をなくすためである。これは社会運動なのだ。

しかしいつまでたっても世の中から共食いキャラがいなくならない。本も全然売れない。すべてはぼくの力不足ゆえである。なので、今回改めて訴えかけたい。こんなにゆかいな、じゃなかった、なげかわしいキャラがいるのだということを!
やぶれかぶれで踊り出す。でも真顔。そしてこの「ごさろ」という店名は近くに五差路という名の交差点があるからなのだが、その交差点なんと実際には六差路!
やぶれかぶれで踊り出す。でも真顔。そしてこの「ごさろ」という店名は近くに五差路という名の交差点があるからなのだが、その交差点なんと実際には六差路
看板だけではない。こうやってメニュー上でやらされたりもしているので気が抜けない。そしてやはり真顔で踊る。
看板だけではない。こうやってメニュー上でやらされたりもしているので気が抜けない。そしてやはり真顔で踊る。
重ねてメニュー上でブタ推し。「元気をとりもどすには最高の食材」とブタに言わしめる人間の所行。
重ねてメニュー上でブタ推し。「元気をとりもどすには最高の食材」とブタに言わしめる人間の所行。
こちらもメニューで。あきらめ顔。ああ。かわいそう…
こちらもメニューで。あきらめ顔。ああ。かわいそう…
これらの事例は、べつに共食いキャラを探し求めた結果ではない。とくに追い求めなくても、日本という国にはいたるところにこの職業に就いている動物がいて、気がつけばぼくのハードディスクはこれらでいっぱいなのだ。ああ、なげかわしい。

そして、上のキャラ群を見ていただければわかるように、やっぱりブタが「キング・オブ・共食い」なのだ。
▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓