ライタープロフィール


顔写真
山本千尋 (やまもとちひろ)
1986年生まれ佐世保在住ライター。おもに地元の文化や歴史、老舗や人物などについての取材撮影執筆、紙媒体のお手伝いなど。演劇するのも観るのも好き。猫とトムヤンクンも好きです。
> 個人サイト ヤマモトチヒロのブログ



人気記事
サムネイル

2020/09/04
佐世保の豆乳は甘い
長崎県佐世保市の豆乳はチューチューする容器に入っていて、おまけに甘い。

サムネイル

2020/02/12
廃バスの扉をあけると、そこは公民館だった
長崎県佐世保市には廃バスを公民館にしている町がある。その町では100年前からバスが公民館で、このバスで3代目になるという。

サムネイル

2020/04/24
わたしにはファッショニスタのお姑さんがいる
ワンピースは手作り、ジャスミンライスの袋をバッグ、傘をエプロンに、かっこよくかわいいファッションの達人が私のお姑さんだ

サムネイル

2020/03/10
前略、地上136mの塔の上より~針尾無線塔とともに暮らす男たち
針尾無線塔は旧海軍が作った電波塔である。ビルに例えると30~40階建てほどの高さがある異様な建物だが、その傍らには普通に暮らしている人たちがいるのだ。

サムネイル

2020/10/09
赤城乳業チョコミントのこだわりからガリガリ君的な冒険話までを聞いてみました
チョコミントアイスの中でも赤城乳業のがいちばんうまい。そう主張するライターがなぜうまいのかを聞いてきました。

サムネイル

2020/06/23
電化製品と記念写真を撮る
高度経済成長期には新しい電化製品を買うと一緒に記念写真を撮る風習があったらしい。360度カメラやスマートスピーカーでやってみよう。

サムネイル

2020/07/09
長崎版なまはげ「モットモ」をたずねた。2種類いた。
長崎の海沿いの町では、年男と福娘、そしてモットモ爺の3人で家を回る民俗行事が節分に行われる。モットモ爺の掛け声は「モットモー」である。

サムネイル

2020/07/27
西海楽園〜バブルに花開いたあの頃をふりかえる
1990年から2007年まで長崎に「西海楽園」というテーマパークがあった。目玉は40mの黄金の観音像。園内には仏像が多数配置されていた。その当時のようすをたどります。

サムネイル

2020/05/05
ののしりを朗読する
「嫌われる勇気」「幸せになる勇気」に登場する若者のセリフが気になるので声に出して読んでみよう。

サムネイル

2020/05/03
朝イチに辞書を開いて真っ先に見たワードを「ラッキーワード」とする

これまでの記事
サムネイル

2020/10/09
赤城乳業チョコミントのこだわりからガリガリ君的な冒険話までを聞いてみました
チョコミントアイスの中でも赤城乳業のがいちばんうまい。そう主張するライターがなぜうまいのかを聞いてきました。

サムネイル

2020/09/04
佐世保の豆乳は甘い
長崎県佐世保市の豆乳はチューチューする容器に入っていて、おまけに甘い。

サムネイル

2020/07/27
西海楽園〜バブルに花開いたあの頃をふりかえる
1990年から2007年まで長崎に「西海楽園」というテーマパークがあった。目玉は40mの黄金の観音像。園内には仏像が多数配置されていた。その当時のようすをたどります。

サムネイル

2020/07/09
長崎版なまはげ「モットモ」をたずねた。2種類いた。
長崎の海沿いの町では、年男と福娘、そしてモットモ爺の3人で家を回る民俗行事が節分に行われる。モットモ爺の掛け声は「モットモー」である。

サムネイル

2020/06/23
電化製品と記念写真を撮る
高度経済成長期には新しい電化製品を買うと一緒に記念写真を撮る風習があったらしい。360度カメラやスマートスピーカーでやってみよう。

サムネイル

2020/05/05
ののしりを朗読する
「嫌われる勇気」「幸せになる勇気」に登場する若者のセリフが気になるので声に出して読んでみよう。

サムネイル

2020/05/03
朝イチに辞書を開いて真っ先に見たワードを「ラッキーワード」とする

サムネイル

2020/04/24
わたしにはファッショニスタのお姑さんがいる
ワンピースは手作り、ジャスミンライスの袋をバッグ、傘をエプロンに、かっこよくかわいいファッションの達人が私のお姑さんだ

サムネイル

2020/03/10
前略、地上136mの塔の上より~針尾無線塔とともに暮らす男たち
針尾無線塔は旧海軍が作った電波塔である。ビルに例えると30~40階建てほどの高さがある異様な建物だが、その傍らには普通に暮らしている人たちがいるのだ。

サムネイル

2020/02/12
廃バスの扉をあけると、そこは公民館だった
長崎県佐世保市には廃バスを公民館にしている町がある。その町では100年前からバスが公民館で、このバスで3代目になるという。