はげます会限定記事(途中から有料) 2023年4月25日

5000円あれば、老舗百貨店「佐世保玉屋」で長崎観光&時空の旅ができる

5000円を自由に使えるとしたら、やってみたいこと。

それは、幼い頃から“特別なおでかけ”の場所であった「佐世保玉屋」で、好きなものを買って食べるという贅沢体験。

いいんですかそんなこと。パパやママから怒られない?

実際にやってみると、ちょっとした観光になっておまけに時空も越えてしまったのでご報告です。

※この記事は「デイリーポータルZをはげます会」会員限定記事です。途中まで無料で読めますが、途中から有料です。会員の方はこちらから全文をどうぞ!

1986年生まれ佐世保在住ライター。おもに地元の文化や歴史、老舗や人物などについての取材撮影執筆、紙媒体のお手伝いなど。演劇するのも観るのも好き。猫とトムヤンクンも好きです。

前の記事:「まさかソウルドリンクになるとは」と中の人も驚いた!長崎県佐世保市のローカル乳酸菌飲料「クールソフト」のことを話すよ

> 個人サイト ヤマモトチヒロのブログ

長崎県佐世保市の老舗百貨店「佐世保玉屋」

長崎県佐世保市にある百貨店「佐世保玉屋」は、創業100年を越える老舗。

001.jpg
直線距離日本一(960m)の「さるくシティ4◯3アーケード」。

佐世保市街地のほぼ中心地、さまざまな商業施設が登場する以前から存在し、“玉屋に行った”は昭和に生きる市民の間でステータスとなっていた時代があった。

002.jpg
玉屋に行った人の胸にはたぶんこれが輝いていたはず。

かつてはおもちゃ売場、レストラン、屋上遊園地があったが、現在は売場を縮小。

しかし、地元民の憩いの場になっているのは相も変わらずで、特に1階の食品売場はいつ訪れてもワクワクするのだ!

このアーケードには、以前はイオンが入っていたのだが閉店し、充実した生鮮食品が買える場所としては佐世保玉屋と地元スーパー・エレナminiのみとなっている。

私はというと、最近では、玉屋に行くときはもっぱら近くを通ったとき、もしくはお姑さんにごま油と鮭の切身(分厚くてうまい)のお使いを頼まれたときぐらいだ。

今回は、こどもゴコロを捨て去り、大人の欲望のまま贅を尽くそうと思う。

店員さんの呼び込みの声があちこちから聴こえる活気づいた店内では、地元産の精肉、青果、鮮魚をはじめ、手作りのお惣菜や加工食品、贈答用のお菓子までが並ぶ。

百貨店らしく幅広い品揃えだ。

全国の百貨店にあるお惣菜店「R 1/F」もある。
004.jpg
春の刺身市、の札が良い感じだ。

 鮮魚コーナーでは、市場から仕入れた獲れたてがバラエティ豊富に並ぶ。なかには一匹でこの企画が終わるものも。

005.jpg
長崎県佐世保市の九十九島で穫れたイシダイ(1788g)4983円。脂が乗っているまさに旬の味!
006.jpg
かわいい買い物カゴを持ってうろうろした。

精肉コーナーの前を遠巻きに見つつ通りかかったとき、「よかったら近くに寄ってらっしゃい」とお誘いを受けた。

さっそく予定外のものをカゴに入れてしまった。

いったん広告です

いまがチャンス、の一言で

「手作りにこだわったローマイヤー製法。とっても美味しい高級ハムやウインナーの詰め合わせを扱っているのは他にありません!しかもセットでこの価格、1点あたりの金額が安い!そして今回に限り2割引!これだけお伝えさせてください」

と、フランクにかつ情熱的にトークをしてくれたベテランの女性店員さんのパワーに圧倒され、福岡のメーカー・ヤギシタのウインナー、ソーセージ、ハムの3点セットを買い物かごへ入れた。

007.jpg
いつもは恐れ多くて絶対に買えないやつです。1080円の2割引きで870円(税込)。

「ありがとうございます!どこから来たの?」と聞かれ、うっかり自宅より遠い地名(電車で1時間半程の距離)を答えてしまったのでレジで保冷剤をもらうようにと付け加えられた。余計な心配をさせてしまってすみません。

最後は両肩をポンポンとされ、「これからも頑張ってね。どうか、また来てくださいね。今日は楽しかった」としみじみ言われた。

久しぶりに感じた他人とのクローズなコミュニケーションに胸が熱くなる。そうか、これが百貨店のあたたかさだ。思い出した。

008.jpg
ウインナーが繋がっていることにまず感動した。
009.jpg
チキンウインナーで、プリっとしていながらも身がしっかりしていて旨みも十分!
いったん広告です

鮮魚天国・長崎

どのスーパーにおいても言えることだが、特に長崎の鮮魚コーナーの充実ぶりはすごい。長年住んでいても見知らぬ名前の魚もあったりするものだから見ていておもしろい。

佐世保玉屋では以下の2点を購入した。

010.jpg
長崎県産真アジ。レトロな字体の赤いおすすめシールがかわいい。599円。
011.jpg
長崎県産マテ貝ボイル済。実は刺身で買って食べるのは初めて。599円。

どちらもまさに旬の味で、強く朗々としたうたい文句に心が踊る。長崎県民にとっては分かってる。魚が美味しいことなんて当たり前。なんだけど……

012.jpg
やっぱり感動するのよね。

本当に、スーパーの刺身でがっかりした思い出がない。みずみずしくて艶やかで、そりゃあ白飯と一緒に食べたくもなるよねって味。

013.jpg
マテ貝は柔らかく、癖のないおいしさ。酢味噌に付けて食べるんだけど、運搬時に傾けてしまったようでアルミホイルから若干アウトしてしまった。

長崎県に来ることがあったら、まずはスーパーで刺身を買って公園とかで食べてみてください。コスパ最高なのでおすすめです。

いったん広告です

有名カレー店の味を食べ比べ

「蜂の家(はちのや)」というレストランの名前を聞いたことはないだろうか。フルーツがごろっと入った蜂の家シューや、3~4人でシェアしないと食べれないようなジャンボシュークリームなどがたびたび全国のテレビでも話題になったりしている。

1948年に創業し、“佐世保から世界へ”をモットーとするこれまた老舗なのである。

そんな蜂の家のカレーを自宅で楽しめるのが、こちら。

014.jpg
蜂の家カレー。チキンカレー360円、ビーフカレー318円、野菜カレー318円。

いただきものとして貰ったことはあるけれども、自分で買ったことは、実は一度もない。それを一気にカゴに入れた時の高揚感たるや。

 

 

一般公開はここまでです。会員の方は全編へどうぞ! → 続きを読む 

気になる方は入会をご検討いただけたらうれしいです。 → 入会ご案内

またにしまーす! という方も、会の存在だけでも知っていただけたらこれ幸いです。 → 「はげます会」とはいったい何なのか

はげます会_bt_20220201.jpg

 

▽デイリーポータルZトップへ

banner.jpg

 

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

バックナンバー

バックナンバー

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ