短い記事 2021年6月21日

ホテル朝食で旅行気分が味わえる

旅行に気軽に行けなくなってから随分と経つ。長崎県では、県民向けに「ふるさとで“心呼吸”の旅キャンペーン」なるものを実施したりしていたが、まさにそれだ。今こそ、ふるさとを旅行してその良さを見直すときでは。しかしどうにも腰が重い。

手っ取り早く旅行できる方法、気分だけでも味わえれば。そうだ、ホテル朝食があるじゃないか。

1986年生まれ佐世保在住ライター。おもに地元の文化や歴史、老舗や人物などについての取材撮影執筆、紙媒体のお手伝いなど。演劇するのも観るのも好き。猫とトムヤンクンも好きです。

前の記事:地元のミニ市町村章を作ると愛着が湧く

> 個人サイト ヤマモトチヒロのブログ

朝5時半。セットしたアラームの音で目が覚める。そうだ、今日はホテル朝食を食べに行く日だった。着の身着のまま、財布1つで車を走らせた。

dpz13.jpg
前日にドキドキしながら「朝食だけってオッケーですか」と電話をした。

佐世保駅すぐそばにある、なんなら、バスセンターのすぐ上にあるという旅行の香りが超濃厚なホテル。コロナになる前、ここに来る県外からの友人を出迎えたり自分が旅立ったりしていた場所である。そんな場所にただ、朝食を食べに行く。

dpz2.jpg
ふかふかしたエレベーターの床。頭もまだふかふかしてる。

 

dpz11.jpg
別のホテルでの話だが、フロントに行こうとしてレストランのフロアへ間違えて行ってしまうことってありませんか。

フロントと同じ雰囲気なんだけれども、配膳の音や食べ物の気配で場がニギニギしている感じ。早くも旅行に来た感覚にブワッと襲われた。

軽装で行くとまさに宿泊者気分

入口で「いらっしゃいませ、おはようございます。」と出迎えられる。朝食券は、と聞かれいいえと答える。「朝食のみの利用です」と伝えると意外な顔をされた。これはもしかして、わたしが宿泊者に見えたのか。思わずにやっとする。

dpz8.jpg
カフェレストランだ。
dpz3.jpg
こりゃあ旅館だ

陶板だ。陶板焼きだ。旅行先で泊まった旅館でしか見ないやつだ。それを私は、なんでもない日の早朝に、地元で見ている。

dpz7.jpg
御献立表。赤文字はご当地のおすすめだそうだ。

地元で味わいつくしているはずの食材が、よそいきの顔で目の前に並んでいる。気さくに遊んでいた友人が、急に着飾っているのを見て照れくさくなっている感じ。

dpz6.jpg
朝からタイとイクラですよ。

こりゃ一体どうした、という感じの贅沢さにニヤつく。外を見ると、やはり馴染みのある景色がレストランの窓枠で着飾っており、これまた照れくさいのであった。

dpz4.jpg
今から出勤するであろう車たちを眺めながら。

陶板焼きの固形燃料が燃え尽きた香りではっとして蓋をあけると、名物の「海軍さんのビーフシチュー」が入っていた。ああ、どうも。地元なのに地元名物に軽く会釈をする。そんな仲だ。 

dpz14.jpg
陶板焼きの中身は佐世保が名物として出している「海軍さんのビーフシチュー」。

景色を眺めながら、佐世保名物に舌鼓。店員さんの「おはようございます。」「いってらっしゃいませ」の声に非日常感を感じつつ食事を満喫した。

出勤前にも、何気ない日の朝にもおすすめだ

ホテル朝食、これはおおいにアリだ。出勤前にも、何気ない日の朝にもおすすめしたい。

dpz5.jpg
しっかり、デザートの抹茶カステラまで堪能してしまった。

周りから聞こえてくる佐世保弁に耳を傾けながら、「これも旅行者からすると醍醐味の1つなんだろうな」と考える。

食事を終え、きっちりアンケートに記入。これも、旅行先でよくやるやつだ。わたしにとっては、これも思い出の一部となるので、おのずと評価も高くなってしまうやつである。

dpz10.jpg
ご利用目的の欄でしばらく手が止まっていた。

スーツケースを引いて歩く人たちと途中まで同じ方向に歩き、そのまま家路に着くまでの過程がなんとも滑稽なのだった。

dpz9.jpg
見慣れた景色を花越しに見ながらおうちに帰る。

 

▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ