小出し記事 2021年3月20日

ミートソースとクリームチーズなんて、ずるいよ。 佐世保ハンバーガー日記「エスアンドケイ」編

人生の半分ほどを佐世保で過ごしている。そしてさらにその半分くらいは、「佐世保といえばハンバーガーだよね」という他県の方々からのコメントに真顔で「はい」と返事をすることに費やされている。

名物だろうがなかろうが、ハンバーガーは美味い。なんでもない日々の暮らしの中でハンバーガーを食べたくなる瞬間はきっと誰にでもあるだろう。ラーメンみたいなもので。

今日は市役所で気持ちがパキッとした帰りにハンバーガーを食べた。

 

1986年生まれ佐世保在住ライター。おもに地元の文化や歴史、老舗や人物などについての取材撮影執筆、紙媒体のお手伝いなど。演劇するのも観るのも好き。猫とトムヤンクンも好きです。

前の記事:甘いマヨネーズと厚切りチーズには夢がある 佐世保ハンバーガー日記「ヒカリ」編

> 個人サイト ヤマモトチヒロのブログ

小出し記事「佐世保ハンバーガー日記」
ライター:山本千尋

第一回:甘いマヨネーズと厚切りチーズには夢がある「ヒカリ」
第二回:ミートソースとクリームチーズなんて、ずるいよ「エスアンドケイ」
第三回:日本一長いアーケード街でハンバーガーを「マクドナルド」編
第四回:思い出と立地と味のローカルっぷり「Stamina本舗 Kaya本店」編
第五回:良い意味で突き放してくるアメリカンな味「ブルースカイ」編

※小出し記事は書けたところから即、小出しに公開する連載企画です! Twitterをフォローしていただくと、続きが公開されたときにお知らせします↓

市役所でぱきっとしてからハンバーガーを食う

ばたばたと佐世保市役所に来た。

dpz25.jpg
佐世保市役所。地下2階、地上13階建て。エレベーターが5つもあるのでよく乗りそびれる。
dpz26.jpg
市役所の向い側。でかいお寺の真下にセブンイレブンがオープンしたのが、佐世保の最新トピックの1つ。

数年前から定期的にフロア工事を行っているようで、対象となる部署は最上階にお引越しというパターンのようだ。最上階で仕事をするって、とても気持ちがよさそうだ。

一階には案内役のペッパーくんがいたのだが、残念ながら今回は出逢えなかった。

dpz27.jpg
ので、代わりに佐世保が誇る特産の焼きもの「三川内焼」のタワーを眺めてきた。

身の回りのあれこれを済ませ、心も体もぱきっとなったところでお腹が空いた。そうだ、ハンバーガーを食べよう。

窓口でもらった2時間分の駐車サービス券を有効に活用してやろうじゃないかと、市役所から徒歩1分ほどにあるお店へ向かった。

創業から23年のカフェ「Esu and Kei.(エスアンドケイ)」

dpz7.jpg
赤いオーニングが目印。こちらも佐世保バーガーブーム以前からあるお店だ。

Esu and Kei.(エスアンドケイ)」は、ブラジリアン柔術の使い手でたまに素潜りで魚を採ったりするご主人と、ウェイトリフティングの県大会で2連覇を果たしたご婦人が経営をしているカフェだ。1998年から続く、佐世保のバーガー店としては老舗に入る。

創業当初からのロングセラー「Roy’sバーガー」を食べる。

dpz2.jpg
「Roy’sバーガー」をイートインで食べる。丁寧にお皿に乗ってきた。

中身の話をする前に、バンズ(このお店ではマフィンとなっているが、バンズで統一)について特筆させてほしい。バンズは創業当初からの製法を現オーナーの奥様が受け継ぎ、毎日自家製でつくっているのだ。ハード系のパンが大好きな部類のわたしだが、一口齧った瞬間のカリッとした音には参った。なんというクリスピーな音と歯ごたえ。最高じゃないか。

dpz4.jpg
撮る前にバンズだけフライングでかじってしまった。
dpz29.jpg
バンズのバリバリ具合伝わるだろうか。ハード系パン好きはこの笑顔になるぞ。そしてこのバンズ、奥側が繋がっているので具材がこぼれず食べやすいのだ。

オリジナルのスパイシーなミートソースはパプリカの風味を効かせつつ素材ぎっしりだ。クリームチーズとは出逢うべくして出逢ってしまったんだろう。市役所のあとの現実感から、シームレスにうまいへと繋げてくれるのでびっくりしている。誰かとケンカ中、口に突っ込まれたら何もかもを許してしまうだろう。要はうまい。

そんな二人を、ほどよくジューシーなパティは「お前らって、ずるいよな。」と言いながら見守るんだ。いやほんとずるいよ。でも大丈夫、彼はとてもいい男。十分にジューシーなのだ。

さて、このお店でもう一つおすすめしたいのが「元祖 男バーガー」。さきほど紹介したオーナーの自信作だ。筋肉愛好家たちも愛するメニューで、国産牛ロースステーキが200g挟まっているのだ。

こちらは以前、わたしが実食した際の写真をインサートしようかと思ったのだが、

dpz30.jpg
食べました。
dpz3.jpg
わたしは、最初から最後までナイフとフォークで食べます。テイクアウトで食べるときは野獣になってかぶりつきます。


グルメ漫画の登場人物になったつもりで窓際でめちゃくちゃ食べた。

dpz1.jpg
窓の外は、市役所に繋がる交差点。

バーガー2つをイートインで注文したときの店員さんの「えっ」を反芻しながら、窓の外をボーっと眺めた。今日が仕事だとしたら、職場に戻れない身体になってしまったぞ。取り入れたサルサと肉から溢れ出すエネルギーに突き動かされたので少しあたりを散策することにした。佐世保川に架かる橋を渡って。

dpz8.jpg
とは言ってみたけど30歩ぶんぐらいの道。

 

元・商店街で賑わっていたまちをあるく

dpz12.jpg
木場田町と万徳町、2つの町を結ぶ道。昔ながらの商店がわずかながら残っている。
dpz32.jpg
地元民に愛されているのを見るとほっとする。

老舗の饅頭屋で70円のやぶれ饅頭とおはぎを買う。違う、これはお義母さんへのお土産だ。

dpz21.jpg
いちご大福はやはり売り切れでした。どこでもなんでそんなに人気なの。

本当は、もっと味わい深くしっとり歩きたかったのだが、しゃきしゃき歩かねばならないような気がしてしゃきしゃきと歩いた。

dpz15.jpg
数年前までは銭湯もあった。
dpz16.jpg
煙突がまだ残っている。

なお、市役所から徒歩5分もかからないこのエリアでは「ミサロッソ」も人気だ。

dpz22.jpg
みさこママのミサロッソも20年超選手。
dpz31.jpg
以前わたしが実食した際の写真。うまい。だんだんバーガーが顔に見えてきた。

市役所と元商店街のエリアに静かにたたずむハンバーガー店では、日常食的な味わい方ができたように思う。市役所の駐車場へと戻る途中、気持ちがうまいから現実へとじわじわと戻っていく。さすがにシームレスにはいかなかったか。やはり食べ物ってすごいな。

dpz33.jpg
桜もようやく咲き始め。満開まではまだ先のようだ。

 

Esu and Kei.(エスアンドケイ)

ハード系パン好きをうならせるカリカリ&もちもちバンズだけでもストーリーは完結しているけれど。サルサミートとクリームチーズ、スパイシーパティの大団円がトゥルーエンドです。

小出し記事「佐世保ハンバーガー日記」
ライター:山本千尋

第一回:甘いマヨネーズと厚切りチーズには夢がある「ヒカリ」
第二回:ミートソースとクリームチーズなんて、ずるいよ「エスアンドケイ」
第三回:日本一長いアーケード街でハンバーガーを「マクドナルド」編
第四回:思い出と立地と味のローカルっぷり「Stamina本舗 Kaya本店」編
第五回:良い意味で突き放してくるアメリカンな味「ブルースカイ」編

※小出し記事は書けたところから即、小出しに公開する連載企画です! Twitterをフォローしていただくと、続きが公開されたときにお知らせします↓

▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ