特集 2019年1月14日

パリの地下が骨だらけだった

パリの地下にはすごいことになっている空間があるんです。

キリスト教徒が多い欧米では、人が死ぬと土葬するのが一般的である。

フランスでも基本的に土葬する。でも土葬すると骨が残るだろう。

フランスでは、長い歴史の中で残りまくった骨が、地下に集められていてすごいことになっていました。

 

※この記事はJTBの広告記事の取材の合間に書きました。

1975年愛知県生まれ。行く先々で「うちの会社にはいないタイプだよね」と言われるが、本人はそんなこともないと思っている。(動画インタビュー)

前の記事:山梨県のおすすめ教えてください!~「投稿頼りの旅」in山梨~

> 個人サイト むかない安藤 Twitter

フランスの葬儀事情

キリスト教的考え方では、この世が終わるときにイエスが現れて、全人類を天国に行く人と地獄に行く人とに判別することになっている。最後の審判というやつだ。

ここでややこしいのは、「全人類」というのが生きてる人も死んでる人も含めての「全」なのだ。つまり現世で死んだからといって最後の審判は下るわけで、そうなると火葬してしまっていると都合が悪い。

ざっくり言うとそういう理由で、キリスト教の国では人が死ぬと土葬するのが一般的である。アメリカなんかで墓からゾンビがにょろにょろと出てくる映画やマンガを見たことがあるだろう、あれは土葬だからである。日本みたいに火葬されていると出てこようにも灰だから無理なのだ(だから代わりに実体を持たない幽霊が出るわけだけれど)。

キリスト教徒の多いフランスでもやはり土葬が一般的らしく、教会の地下には歴史に名を残した人物が安置されていた。

中でもここサン・ドニ教会には特にたくさんの棺がある。

001.jpg
サン・ドニ教会の中。フランスの教会は基本的にどこも荘厳で立派です。

この教会の地下にはたくさんの棺が納められていて、見たい人はお金払えば見られる。言ってしまえば観光地化している。

002.jpg
地下にはたくさんの棺が安置されています。
003.jpg
生前高い位だった人には棺の上にその人そっくりの像が彫られていたりします。

ここにはフランス革命でギロチンにかけられたマリーアントワネットやルイ16世の棺なんかも安置されているので、中世あたりの歴史好きにはたまらないだろう。ただし中身はすでに盗まれたりしていて、ここにある棺はほとんどが空とのことだった。

一般市民はどうなのか

偉い人たちの棺は教会の地下にあることがわかった。では一般市民は亡くなるとどうしていたのだろう。いくら地下だからって教会の数にも限りがある。

ここまで言えば予想できるかと思うが、一般の人たちはなんとなく地下に安置されているのだ。

もともとは主に教会周辺の地下に埋葬していたらしいのだけれど、数が増えすぎて場所がなくなってしまったため、いったん掘り返して洗浄し、かつて採石場だった場所に集めた。パリの街は主に石で作られているため、地下には採石場跡がたくさんあったのだ。

19世紀くらいまでの大量の遺骨が安置されている採石場跡、それがパリの地下にある「カタコンベ(カタコンブ・ド・パリ)」である。いまではここも観光地化されている。

004.jpg
カタコンベ入口には常に行列ができていた。一日に入れる数が決められているということなので、ぜったい見たい!という人は朝から行くか、予約しておくといいです。

 

▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓