ちょっと聞いてよ 2023年5月5日

JR名古屋駅、7番8番ホームへ続く階段が古い

ここだけぽっかりと古い、という話です。

JR名古屋駅は2000年くらいに改装されて、かなり綺麗で巨大な駅ビルが併設されている。

でもよく見ると、ところどころにものすごく古いものが残っていたりするのだ。

行く先々で「うちの会社にはいないタイプだよね」と言われるが、本人はそんなこともないと思っている。愛知県出身。むかない安藤。(動画インタビュー)

前の記事:ピザをまるごと食べる

> 個人サイト むかない安藤 Twitter

名古屋駅が新しくなった

僕は愛知県の出身なので子どもの頃からよく名古屋駅を使っていた。当時はなんとなく薄暗くて、ちょっと怖かった印象がある。地べたに座って何か売ってる人とかいた。

0014.jpg
それがいまやこれですよ。

そんな名古屋駅が、2000年ごろに改装されて超きれいになった。

僕はその頃は愛知を離れていたので、久しぶりに帰ってきた時は驚いたものだ。え!これがあの名古屋駅?と。

0013.jpg
駅ビルとしては売り場面積が世界一だと聞いたことがあります。

そんなJR名古屋駅だが(近くに近鉄と名鉄の名古屋駅もあるのでJRと明記しておきます)、キラキラした駅ビルを抜け、改札を通って電車に乗ろうとすると、急に雰囲気が変わるのだ。

0006.jpg
改札を抜けるとあの頃の名古屋駅に戻る。

改札を抜けるとタイムスリップしたみたいな気分になる。

駅ビルは大きく変わったが、たぶんホーム周辺はある程度そのまま使っているからだろう。僕が中学生の頃もこんな感じだった。床の柄も当時のままだと思う。

中でも7番8番ホームへ向かう階段が古い、という情報を聞いたので見てきた。

いったん広告です
0015.jpg
ここだ。

たしかにここだけ時空がゆがんでいるみたいに古い。

手すりは新設されているけれど、その下の構造はものすごいことになっている。

0016.jpg
いつのだ。

階段の端に埋め込まれている反射板みたいなやつは、戦争中に空襲を避けるため駅の照明を落としていた頃、足元が見えるように設置された物なのだとか。

0018.jpg
戦争中……。
0017.jpg
そんな前からここにいたのか。

蛍光塗料が塗られていて、当時は暗闇の中でもぼんやりと光って人々を助けたのだろう。

そんな遺構といってもいい階段がいまでも現役で使われているのだ。とくに保存されているわけでもなく、普段使いとして。

0004.jpg
他の番線に行く階段は比較的新しいです。

名古屋駅の周辺は最近になってぴっかぴかに開発された部分と、今でも昭和がこびりついて残っている場所とが共存している。ぼんやり歩いているとそれこそ時空のはざまに落ちたのかと思うことがある。

0020.jpg
駅から歩くと100mごとに時代がさかのぼっていく感覚があります。

JR名古屋駅で降りることがあったら、ぜひ7番8番ホームの階段を見に行ってみてください。古いから。

 

▽デイリーポータルZトップへ

banner.jpg

 

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←
ひと段落(広告)

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

バックナンバー

バックナンバー

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ