特集 2022年7月11日

イカの痛バッグをつくる

イカが好きだ。

最近、「誰か推しいる?」という質問をされ、迷わず「イカ」と答えた。

そう、私にとって、イカは推しなのだ。

ならもっと推し活をするべきなんじゃないか?

推し活といえば、まずは痛バッグだよな、と思ったので、イカの痛バッグを作ることにした。


 

イカをこよなく愛する人形劇人。特にコウイカが好きです。

前の記事:運動部みたいな帰宅部になりたい

> 個人サイト note

好きになったきっかけは、さかのぼること6年前、居酒屋で衝撃的においしいイカを食べたことだった。

なぜこんなにおいしいのか、ということが気になり、イカに注目して生活するようになった。不思議な生態や、宇宙人のようなユニークな見た目も面白いと感じ始め、気付くとどっぷりと沼にハマっていたのだ。

イカのグッズを見つけると必ず買うようになり、結構コレクションが増えてきた。

IMG_3360.JPG
イカ専用の棚を作った。あくまでごく一部である

イカ好きが周知されてきており、何かプレゼントをもらうときは、95%くらいの確率でイカグッズになってきている。

IMG_3358.JPG
この間はイカの時計をもらった。しかも、一番好きなコウイカ!!

推し歴6年の集大成をつめこんで、痛バッグをつくってみよう!


 

出来上がったのがこちら。

IMG_3361.jpg
イカコレクション総動員!

イカ愛があふれる作品に仕上がった。どんな風に作ったか、説明していこう!

痛バッグを買う

イカバッグのページ.JPG
痛バッグの作り方の本を図書館で借りてきた(大好きなキャラへの愛のカタチ 痛バッグ テクニック&アイデア集/グラフィック社/p.70)

痛バッグとは、バッグにキャラのグッズをびっしりつけて、推しへの愛の形を具現化したものだ。キャラの布教活動も担っているらしい。

私もイカの良さを人に伝えたい!!

1 .JPG
まず痛バッグを購入

普通のトートバッグでもいいのだが、重みでたゆんでしまったりすると書いてあったので、痛バッグ専用のカバンを買った。透明なポケットに缶バッジなどいれると、傷がつきづらく、保護になるのだ。推しグッズを守るすぐれものアイテムである。

推しグッズをつくる

とりあえず沢山のグッズが必要ということがわかったので、イカグッズを自分でも作って見ることにした。

2 .JPG
百均にひと棚分推し活コーナーがあるのすごいよな

世の中の人は皆、推し活をしているのだな。

IMG_3515.JPG
とりあえず缶バッジは必須なので作ってみよう!
4.JPG
まずはデータを作って紙で印刷する
5.JPG
接着剤をつけて一個ずつ包んでいく。こういう内職ありそう
6.JPG
キーホルダーキットも2つ買った。ヘッドフォンで音楽を聴きながら話しかけてくるのが少し気になる
7.JPG
出来た!意外と缶バッジを包むのに時間がかかってしまった

とりあえず、バッグにつけてみよう!

8.JPG
え!?全然足りない!!!!

結構つくったつもりだったのに、かなりスカスカだ。イカのポストカードで埋めてみたりもしたが、それでもまだ足りない。

まだまだ缶バッジ内職をしなければいけないのか。

ゴールの見えない痛バッグへの道に、少し気が遠くなった。

いったん広告です

連結グッズをつくる

そういえば、痛バッグの本に連結テクニックというのが書いてあった。

9.JPG
人口密度がすごい(大好きなキャラへの愛のカタチ 痛バッグ テクニック&アイデア集/グラフィック社/p.33)

痛バッグって缶バッジをたくさんつけているイメージだったけど、連結という技もあるのか。よし、今度はこれをつくってみるぞ!

同じものをたくさんつくるには、板を重ねて糸のこで切ればいいのでは?と思ったので、糸のこを持っている友人に工房を貸してもらうことにした。

10.JPG
糸のこの作業は恐怖心との戦い

何回か糸のこを使ったことがあるが、怖くて全身に力が入ってしまう。

恐怖を打ち勝つために、感情を無にすることを心がけているが、中々むずかしい。ずっとやっていたら悟りを開けるかもしれない。

11.JPG
切り出せた!次は色を塗るぞ!
12.JPG
あとはイカを描くのみ!

糸のこが大変だったが、やっとここまで来た。もしかしたらイカ愛を試されていたのかもしれない。イカを描くのは好きなので、この作業は余裕だ。

13.JPG
できた〜!!かわいいじゃないか!!
14.JPG
ゲソも作ってみたが、ちょっと怖い。ずっとみてると吸い込まれそう

つけてみる

連結グッズが出来上がったので、カバンにつけていこう!

15.JPG
おぉ!痛バッグっぽくなってきたぞ!!

スカスカだった缶バッジエリアもいい感じにカモフラージュされた。

ゲソパーツをつけると作業しづらい感じがしたので、そっちは最後につけることにしよう。

イカグッズコレクション

だいぶボリュームがでてきたので、あとは手持ちのイカグッズを追加していこう!

16.JPG
バッグにつけられそうなイカグッズたち
18.JPG
コンプリートした「すいか」ガチャの出番だ!!

これらをバッグに追加し、最終的に出来上がったのがこちら。

19.JPG
出来た〜!!イカの痛バッグだ〜〜!

ゲソもいい感じ!持っている小さいぬいぐるみは安全ピンでつけた。

20.JPG
イカ大渋滞
21 なおし.JPG
今年の春、マラソン大会にイカのかぶりものをして出たので、その写真のキーホルダーもつけた。広い意味ではイカグッズと言えよう
22.JPG
女子高生イカ!昔つくったぬいぐるみ
23.JPG
ゲソ〜〜〜〜〜!!!10本以上あるけど!
24.JPG
持ってみると、お、重い……

測ってみたら2キロあった。2キロのトートバッグ……!!

25 なおし.JPG
歩くたびジャラジャラ音がなる。熊よけになりそう

 

いったん広告です

水族館に行ってみる

本来ならば、これを持ってライブに行ったりするのだろうが、イカ推しにとってライブとは、やはり水族館にいくことであろう。


 

ということでサンシャイン水族館に来てみた。

26.JPG
エイをみるとジュディオングを思い出すのは私だけだろうか

よし!さっそくイカのところに行こう!

27.JPG
イカだ〜〜!!!まずはセルフチェキを撮る
28.JPG
会いに行けるアイドル、イカ

私は年間パスを持っているので予約なしですぐ入れるのだ。イカに元気をもらいたいときは必ず水族館に来る。

この間来たときは8匹ぐらいいたのに、2匹になっているのが少し気になった。水族館の人が、「イカを育てるのは難しく、生き餌しか食べないのでお金がかかる」と言っていた。やっぱりイカは人の手の届かない存在なのだろうか。

29.JPG
いつみても神秘。永遠にみていられる

イカに見とれていると、後ろから、

「あのバッグやばくない!?あの人イカに詳しいのかな?」

「ほんとだ!解説してくれないかなぁ」

という声が聞こえた。

 

やばい。私はイカが好きだが、イカの生体ついてものすごく詳しい訳ではないのだ。

ムーの雑誌に載ってそうなイカ宇宙人説についてちょっと話すくらいしか出来ない。とりあえず逃げよう。

30.JPG
移動していたらゲソのキーホルダーが取れたので、水族館内のカフェで休憩しながら直すことにした

バッグを置いてトイレに行き、帰ってくると子ども3人が、イカの数を数えていた。

その子たちのお母さんと目があうと、

「あ、服もイカなんですね……!」

と言われた。

31.JPG
実は服もイカコーデ
32.JPG
前日の夜中3時に、急に思い立ってスカートもつくった

「子どもたち、イカのバッグとても喜んでました。ありがとうございました」

とお礼を言われ、お母さんは席に戻っていった。

トイレにいくときにバッグを置いていっただけでお礼を言われた。私の経験上、もっともハードルの低い善行である。

目線の高さにあるせいか、子どもにじっとみられることが多かった。

アシカショーで前に座った子はアシカを見ずに振り返って私のバッグを見ていたし、イカのぬいぐるみで手を振ると、手を振り返してくれる子どももいて、かなりイカの布教活動ができた。

イカを食べに行く

私はイカをみるのも好きだが、食べるのも大好きである。

推し活の最後はイカを食べにいこう!

イカが有名な居酒屋さんに行くことにした。

 

お店にはいるやいなや、

「イカ好きなんですか?奥のいけす見ます?」

と言われた。

33.JPG
イカいる〜〜〜〜!!

一緒に写真とってもいいか聞くと、

「いいですよ!じゃあ手前にイカキープしますね!」と言ってざるを取り出した。

34.JPG
ざるに入れて手前でイカをキープしてくれるお兄さん

なんだこのサービス!イカVIP対応じゃん!!!

せっかくなのでキープしてくれたイカを注文することに。

お兄さんはひょいとイカを持ち上げた。

そして、

「さばく前に、イカ持ってみます?」

と言ったのだ。

えーーーーー!!どうしよう!!!

生きているイカを持ったことがないので困惑したが、持ち方を教えてもらい、おそるおそるイカに触ってみた。

35.JPG
推しとの接触に成功!!すごい、生きてる……

ドクン、ドクン、ドクン……、という鼓動がダイレクトに伝わってきて、小ぶりなイカだったが、ものすごく力強いエネルギーを感じた。いつもお魚屋さんで買ってくるイカと全然違う……!!

釣りをしている人が、

「生きているイカは一番美しい」

と言っているのを聞いたことがあるが、絶えず色を変え続ける手の中のイカをみながら、本当だな……と感じた。

ただ私が持つと、グッズのひとつのように見えるかもしれない、と思った。


イカVIP対応

イカはすぐさばいてくれた。本当に早くて、1分かかってないくらいだと思う。

36.JPG
おいしそう!ありがたくいただきます

イカが好きだということで、店員さんと仲良くなり、デザートまでサービスしてくれた。

37.JPG
イカの形のアイス最中!!初めてみた!!!かわいすぎる……!!

イカ痛バッグを持っていることで、コミュニケーションが生まれ、終始イカVIP対応だった。

またここに推し活に来よう!

 

▽デイリーポータルZトップへ

banner.jpg

 

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ