ライタープロフィール


顔写真
小柳健次郎 (こやなぎけんじろう)
1985年生まれ札幌市出身。髪がとても硬いため寝癖がなかなか直りにくい体質。そのためよく帽子をかぶっています。
> 個人サイト こざとへんなところ+++



これまでの記事
サムネイル

2017/08/12
誰もが剛の者になれる靴(デジタルリマスター版)
もっと楽して雪の中を裸足で歩ける方法はないだろうか。靴に足を描けばいいんだ!

2014/09/20
ダーウィンが来たら怖い
「ダーウィンが来た!」というテレビ番組がある。でも実際にやってきたらホラーだ。

2014/06/18
銀閣寺を金に塗ったらおおよそ金閣寺
金の寺が金閣寺。ならば銀閣寺も金色ならば金閣寺に見えないか。恐れ多くも試しました。

2014/05/21
高級家電はだいたい羊羹
家電が欲しくてよくサイトを見ているのだが、見れば見るほど羊羹に見えてきた。

2014/04/23
プロジェクターで達筆の書道が出来る
うまい字を紙に投影しながら書道してみました。この方法を使えばゴリラも描けるぞ。

2014/03/26
全てを砕くゴリラの頭の破壊力
ゴリラの頭を3Dプリンターで出力、威力を測りました。テクノロジーの使い方に注目です。

2014/01/29
炎に見えるライトの布をスルメにしても炎に見えない
布に光をあてて炎みたいに見せるライト。布の部分を別のものに変えたらどうなるのか。

2013/12/22
東急百貨店のマークはおにぎりである
東急百貨店のマークがおにぎりにしか見えない。実際におにぎりを使って説明しよう。

2013/09/25
次世代のネット技術をかっこいい工作で実体化
IPv6をイメージしたかっこいだけの工作を作って欲しいという話が来た。

2013/09/11
都庁の隙間に顔を挟みたい
都庁のツインタワーの間は魅力的だ。あの間に頭を挟みたいと思うのは人の常だろう。

2013/08/28
とんがりコーンは集中線になるか
マンガでよく使われる集中線。あれってとんがりコーンみたいじゃないか。実物で作るか。

2013/08/14
線香の煙におじいさんを投影する
子供達にもお仏壇に興味を持ってほしい。そこで、線香の煙に先祖の姿を投影してみよう。

2013/07/31
筋肉痛の薬は太陽の塔だった
塗るタイプの筋肉痛の薬、あれって太陽の塔ににていないか。一工夫でさらに似せよう。

2013/07/17
弁当の空容器を氷のトレーにする
弁当の空容器は氷トレーとして使える。この夏はバラエティあふれる氷で涼しげになるぞ。

2013/07/03
水族館の暗闇空間が心地良い
暗くて静かなところが落ち着く。都内の水族館で最も落ち着く場所を探し求めます。

2013/06/05
かつて東京にいた巨人の姿を再現
浅草の提灯や巨大わらじが巨人の落としていったものだとしたら。現代に巨人を甦らせます。

2013/05/22
観光コースタイムアタック
観光ガイドが予想する所要時間を大幅に節約してみせたい。これはもはや競技である。

2013/05/08
穴が開いたけど空を舞ったジャンボこいのぼり
全長100mのこいのぼりが飛ぶというお祭り。間近で見た100mは笑えるでかさでした。

2013/04/24
高速塗り絵マシーン作ったら小麦粉を吹き飛ばしてた
鉛筆で広範囲を塗るとき、手を動かし続けるのが面倒臭い。あそこ機械化できないだろうか

2013/04/10
かなまら祭りでアレ以外に注目する
世界的に注目されるかなまら祭り。しかし載せられない部分が多いので徹底的に避けました。

2013/03/27
ガラスの地球でなんでもフリー素材
ガラスの地球を置いて写真を撮るとフリー素材っぽい。逆に台無しな写真は撮れないものか。

2013/03/13
外国人がいっぱいの高尾山と火渡り祭り
高尾山火渡り祭。みんな祭りに夢中でその日は山頂が空いているんじゃないか。チャンスだ。

2013/02/27
東京マラソンでマラソン以外を見る
ランナー以外に注目してマラソン大会を見に行った。ひと目に触れない部分が実は面白いぞ。

2013/02/13
口の形から作るキスチョコ
キスチョコの由来を自作で再現しました。ひょっとこの口からチョコ出します。

2013/01/31
薬のイラストで不健康キャラクター
薬のパッケージに描かれた調子が悪そうな人。彼らを集めて一つの体を作れないか。

2013/01/16
雪国では棒の先に手袋かぶせがち説
雪国でよく見られる棒に手袋がかぶせてある風景。その状況に至る経緯を分析した。

2012/12/26
ビッグサイトはどでかいパンティーだった
三角形にリボンをつけるとそれはパンティーだ。ということは巨大なビルでもありえるぞ。

2012/12/12
電柱のあの白い玉が食い込むのを見たい
ワイヤーが食い込む玉ガイシ。本当に食い込む素材で作って食い込ませてみた。

2012/11/28
障子を破り続けたい
次々と障子を破り続けたい。そんな衝動に駆られて専用の機械を作った。これで破り放題。

2012/11/14
でかいものを家に持ち込むともっとでかく感じる
近くで見るとでかいものを家に持って帰るとどうなるだろう。たとえば駅名表示の看板とか。

2012/10/31
ゴリラに似た人を手形から探す
ハイテクな方法を使ってゴリラに似た人を探します。あの大横綱も実はゴリラ似。

2012/10/17
ひとりぼっちの冷凍食品に愛を
冷凍食品を一つだけ温めるのは悲しい。この悲しみを乗り越えるために策を練った。

2012/10/03
キス直前のひょっとこお面
ひょっとこのお面の目を閉じさせたら、それはキス顔になるのではないか。自力で作ります。

2012/09/19
札幌にクマの剥製はいくつあるか
北海道土産といえば木彫りの熊、と同時に土産屋の店先に熊の剥製がよくあった気がする。

2012/09/05
コンビニのお菓子を東京土産と偽ってもバレないか
コンビニのお菓子でも東京土産らしい表紙を作れば東京土産として疑われないかもしれない。

2012/08/22
地獄極楽判決マシーン
閻魔様が突然振り向き、地獄行きか極楽行きかの判決を下す。そんなマシンを作りました。

2012/08/08
東京のポプラ並木巡り
幼い頃から北海道で見慣れていたポプラ並木。東京にもあるというので見に行った。

2012/07/25
北斎のイラスト入門本がむずかしい
文字を使うことで絵が苦手な人でも描けるという葛飾北斎の絵の指南書。読んで絵を描いた。

2012/07/11
子供のイラストが妙な表情してる遊び
子供の遊びを紹介した本に載っているイラストがおかしい。楽しいはずなのに、妙なのだ。

2012/06/27
壊れた傘を再利用したら鈴鳴りマシンになった
台風で壊れた傘を再利用したい。工夫した末たどり着いたのはかっこいいマシーンだった。

2012/06/13
新宿にナナフシはいる(と聞きました)
ナナフシが新宿にいるらしい。確かな情報を得て探しました。いるのか、枝みたいな虫。

2012/05/30
肌色のベルトはTバックに見える
肌色のベルトをした人を後ろから見るとTバックみたいに見える。はじめから説明したい。

2012/05/16
ザ・ドラマチックマシーン
派手な効果音で突然振り向くとなんでも劇的な感じになる。この説を自作マシンで証明する。

2012/04/25
見た目がかっこいいだけ工作
機能を求めず見た目だけかっこいい工作を作ってみた。子どもに見せて反応をうかがおう。

2012/04/14
男前なヒゲ剃りの男たち
シェービングクリームのパッケージの男性はたいていダンディーだ。うまく活用できないか。

2012/03/28
中学生が考案したレシピたち
中学生ががんばって作ったレシピが味わい深い。実際に作ってみて記憶に刻み込もう。

2012/03/14
画竜点睛を欠いたり足したりしてみる
黒目で印象はどのくらい変わるものなのか。街に出て黒目を取ったり付けたりしてみた。

2012/02/29
いつでも万歳アタッチメント
常に万歳しているように見える道具があればハイテンションを保てるはずだ。開発した。

2012/02/15
巻貝をドリルとして使う
巻貝の形はドリルに似ている。実際にドリルとして使ってみてその性能を確かめたい。

2012/02/01
お母さんのおにぎり見せて
その家庭によってお母さんのおにぎりには違いがあると思うのだ。現役お母さんに聞いた。