特集 2013年9月11日

都庁の隙間に顔を挟みたい

!
都庁に頭を挟みたい。

いきなり謎の発言してすみません。 だが、隙間があったらそこになにか入れてみたくなる衝動は、誰にでもあるはず。

都庁のツインタワーの間も、かなり広いが隙間と言えるだろう。 だから、あの間になにかを挟んでみたい、もしくは挟まれたい。 そういう欲求が生まれても自然なことだと思うのだ。

でも実際にするのはムリだ。なら都庁の方を小さくして実現しよう。
1985年生まれ札幌市出身。髪がとても硬いため寝癖がなかなか直りにくい体質。そのためよく帽子をかぶっています。

前の記事:とんがりコーンは集中線になるか

> 個人サイト こざとへんなところ+++

魅惑の隙間

働き先が西新宿なため都庁をほぼ毎日見ていた。 最初は「でっかいなー」ぐらいの感想しかなかったけど、 何度も見ているうちにサイズ感覚が麻痺してきたのか、ツインタワーの間のスペースを「隙間」と認識するようになっていた。
間がスカスカじゃないですか!
間がスカスカじゃないですか!
そうなると、あのツインタワーの隙間になにか物を入れたい、挟みたいという欲求が 雪だるま式に膨らんでいく。

なにを挟みたいか、まず頭に浮かんだのは手だった。
「スッ」
「スッ」
うん、しっくりくる。 これで都庁の間に赤外線認識みたいなのがあって、 手を通すと「ピッ」と鳴ったらもっとステキだ。なにも識別してなくていいから。

手の想像で満足すると、次に浮かんだのはウインナーだった。
ウインナー置き場としての都庁。
ウインナー置き場としての都庁。
飛来したウインナーが通り抜けるのも良い。
飛来したウインナーが通り抜けるのも良い。
「隙間を埋めたすっきり感&おいしそう」の二刀流。これもかなりいい。

ただどうしても全ての隙間をぴったり埋めることが出来てないのが気になる。 もっと全部の隙間を埋められて、かつ自分自身もちょっと楽しいものがいい。
これだ!
これだ!
左右をガードするツインタワー、あごを載せてくださいと言わんばかりの中央部分。 都庁は顔置き場と言っていい程のしっくり具合。映画シャイニングのドアから顔を出すジャックニコルソン風でもある。

CGの合成でもかなりスッキリする気持ちよさ。 これは実際にやってみると相当に楽しいだろう。

顔挟み都庁プロジェクト

ということで顔サイズの都庁を作って挟まりたい。

しかしそういった衝動のままなにも考えず作りだして、結果的にゴミを生み出す失敗は何度も経験している。

ただでさえ伝わりにくいことをしようとしてるのに、そんなことになったらどうしようもない。計画的に作っていかねば。
まずモデルを作った。
まずモデルを作った。
ビルを建てるときに小さな模型を作って色々確かめたりするだろう。 それと同じようにまず3Dで都庁を作り、どのように作っていけばいいか検証してみよう。
顔モデルを隙間に当ててみる。
顔モデルを隙間に当ててみる。
あ、入らない…。
あ、入らない…。

そのままの比率だと入らない

ほぼ実寸の頭サイズで作った自分の顔モデルを、高さ30cmぐらいにした都庁モデルに当ててみたところ、ちっとも顔が入らないことが分かった。

これを解消するには超小顔になるか、作る都庁のサイズをかなり大きくしないといけない。 それはどっちも難しい。

悩んだ結果、都庁をこうすることにした。
横長都庁。
横長都庁。
これなら顔が入る。
これなら顔が入る。
都庁と言うよりどこか地方都市の駅にも見えるが、 こうすることで顔は入るようになった。 とりあえず都庁のツインタワーに挟まれてみたいのが主目的なので、 本来の都庁の形から多少離れても構わない。
▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓