特集 2020年9月22日

大人のはしゃぎ方を考える

社会人になって外で遊ぶことが減った。酒を飲んだときくらいしかはしゃいでいない。もっと大きな声を出したり走り回ったり笑ったりしたほうがいい。はしゃぐと楽しいしとても元気になる。きっとそれが健康の秘訣なんだと思う。

記事のコンテスト、デイリーポータルZ新人賞2020の優秀作品を掲載しています。 受賞作品一覧はこちらから↓↓↓

前の記事:タイ旅行する人にサーモン寿司デリバリーを勧めたい!

> 個人サイト デイリーポータルZ新人賞2020 結果発表

本記事は、デイリーポータルZ新人賞2020の「記事部門 優秀賞」受賞作品です。オリジナルはこちらです↓
大人のはしゃぎかたを考える」(受賞者:さかもツインねねさん)

  とある歩道橋で写真を撮ってもらった。

001.jpg

このときの私はとても調子に乗っていたと思う。

002.jpg

地べたに這いつくばってみたら楽しくて、このポーズが自分の写真のなかで1番よかった。

003.jpg

当時好きだった男にこの写真かわいいねと言われてうかれた。もっと地べたに這いつくばっていこうと思った。

 

 海でも地べたに這いつくばった。

004.jpg

普通に波にのまれた。

005.jpg

でもそれがなんか楽しかった。

006.jpg

失敗といえば失敗で、職場ならアクシデントレポート出さないといけないレベルだがここは遊びに来た海。失敗すら最高の気分で笑う。こんなにはしゃいだの何年ぶりだろう。ひとしきり笑ったあとコンビニで下着を買って着替えた。帰りの新幹線では私から磯臭が漂っていた。臭くて笑った。

 

 その3年後も同じ事をした。

007.jpg

2回目ともなると波をキャッチしてから逃げるまでスムーズにできる。

008.jpg

学生時代50m12秒台の栄光は波より遅いダッシュとして今も私のなかに輝き続ける。

009.jpg

靴とタイツだけダメになったのでタイツは履き替えた。帰りの特急電車は少しだけ磯臭くて笑った。

 

 春の岩場はほのかに暖かくて

010.jpg

 

夏のコンクリートは焼けるように熱いから日が落ちたら這いつくばる。

011.jpg

 

秋の落葉は服に絡み付いてなかなかとれない。

012.jpg

 

冬の路地裏は誰もいなくて寒くてさみしい。

013.jpg

014.jpg

015.jpg

季節の移ろいを肌で感じるには地べたに這いつくばるのが1番。

 

雪に刺さろうとしてはしゃいで

016.jpg

ジタバタするのもいい。

017.jpg

 

雪原に穴をあけて

018.jpg

そこに体を突っ込んで

019.jpg

ひっくり返ってみる。

020.jpg

私が転げて笑える年頃。

 

 水中の某映画のSキヨさんのようになってみる。

021.jpg

それまでに何度もNGがあった。

022.jpg

NG含めて楽しいって最高!

023.jpg

 

 このはしゃぐ活動を 「火曜サスペンスごっこ」と呼んで5年目。

024.jpg

・社会人こそこういうはしゃぎが必要

・職場で嫌なことがあってもいい気分転換になる

・次はどこに行こうかと余暇のモチベーションが上がる

・自分の写真で自分が笑う。

・地べたに這いつくばって起き上がる動作がいい運動になる

などのメリットがある。

 

デメリットは

・服が汚れる

・人に見られるとちょっと恥ずかしい

くらいなので気にしなければなんとかなる。


最近笑ってないな、はしゃいでないなというかたはぜひ地べたに這いつくばってみてほしい。わざわざどこかへ行かなくてもどこでもできる、いわばコスパの良いはしゃぎなのだ。

 近所の地べたに飽きたら海でも山でもどこか遠くへ。大人だからどこでも行ける。温泉なんか立ち寄ってもいいかな。

空がいつもより広くて眩しく感じるはず。いつもと強制的に視点を変えてリフレッシュしてみてはいかが?

▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ