特集 2024年1月13日

目指せホームラン!30歳はじめてのバッティングセンター

野球になじみがない。社会に出ると、なぜだかみんな野球を知っている前提で話をしてくる人が多くて困る。ついこの間まで球団がいくつあるのかも知らなかった。

見ることもないので自分がプレーすることもない。体育の授業でソフトボールをやったことはあるが、キックベースの方が記憶に残っている。多分打てたことがないのだろう。

この年になって新しいことをチャレンジしてみたい。そうだ、バッティングセンターに行こう。

1993年東京都生まれ。与太郎という柴犬と生きている普通の会社員。お昼休み時間に事務員さんがDPZを見ているのを目にしてしまい、身元がバレないかハラハラしている。

前の記事:やよい軒の肉1.5倍のステーキ定食はごはんが進みすぎる


なぜかバ行が多い、はじめてのスポーツ

これまでボルダリングボウリングの初体験をレポートしてきた。両方とも楽しかったのに、まだ2回目に行けていない。今回はバッティングセンターだ。なぜかバ行ばかりである。

今回は安藤さんと江ノ島さんに来てもらった。なんだかチャーハンを食べないといけない予感がする。3人ともチャーハン部部員だから。 

安藤さんは大学受験のセンター試験1日目で大コケし、憂さ晴らしのためにバッティングセンターへ行ったという思い出を語ってくれた。

IMG_7303.jpg
センター試験ぶりだ~と笑う安藤さん。
IMG_3611.jpg
これが、バッティングセンター……

網だらけだ。でもドラマで見たことがあるので特に新鮮みはない。

でもストラックアウトを見るのは初めてなのでわくわくした。今はなき筋肉番付が生み出したあのゲームが、バッティングセンターのゲームとして生きている。これには少し感動を覚えるぞ。

DSC06736.jpg
まずは専用のカードを発行する。

3プレイ1100円からチャージ可能らしい。1プレイってなんだ。

見てみると1プレイで20球打てるらしい。20球て。

DSC06731.jpg
多すぎてウケちゃう。

20回バットを振り続けるだけでめちゃくちゃ疲れそうだ。みんなこれを何ゲームも楽しむっていうのか。あまりにも健康すぎる。

DSC06743.jpg
ちゃんとカキーンと打っている人たちがいてテンションが上がる。

安藤さんも江ノ島さんも特に野球部に所属していた経歴はないとのことだ。しかしその話しぶりから、経験ほぼゼロの筆者に比べるとあきらかに慣れてそうなので先に打ってもらうことにした。

いったん広告です

片手で打ち、デッドボールを食らう男、江ノ島茂道

まずは江ノ島さんから。打つのが怖いと不安げな安藤さんに江ノ島さんは「人じゃないですから。機械だから顔に向かって投げられて怪我することはないです」と励ましていた。そうだよな、機械だもんな。頼もしい。

IMG_3637.jpg
打席に入る前に構えを見せてくれた。かっこいい!
IMG_3645.jpg
バッドを選んでいる。短い方を選んでいた。​​​​​​
IMG_7318.jpg
機械のボタンを押して、スタート!
IMG_7322.jpg
始まったのに安藤さんが近いし、江ノ島さんの様子がおかしい。
IMG_3655.jpg
ボタンが引っかかってる!

予期せぬアクシデントに笑いながらも必死でほどいてあげている安藤さん。そしてその間江の島さんは片手で80キロに立ち向かう。 

IMG_7326.jpg
ただのハプニングなのに、背中が異様にかっこいい。

3球目あたりで無事ほどけ、しっかりと両手で打ち始める。

IMG_3675.jpg
腰の使い方が大事っぽいな、と後ろ姿で学ぶ。

ちゃんと打ち返していてすごい。安藤さんが「江ノ島くんが持つとバットが小さく見えるね」と呟く。たしかに子供用のおもちゃに見えなくもない。

突然「イテッ!!!」という叫びとともに、江ノ島さんの打つ腕が止まった。どうしたんですか?

IMG_3685.jpg
右手をぶらぶらさせている。
IMG_3686.jpg
「デッドボールです」

笑顔に見えるが、かなり痛そうだ。その後、先ほどよりも弱々しいフォームで打ち続け、なんとかゲームを終えた。

IMG_3760.jpg
江ノ島さん。故障者リスト入りです。

機械はミスをしないんじゃないかったのか、と喉まで出かかったが痛がる姿があまりにかわいそうでぐっと堪えた。ケガ、したくないな。

⏩ 1ゲームの長さがのしかかる!

▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

banner.jpg

 

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←
ひと段落(広告)

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

バックナンバー

バックナンバー

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ