特集 2020年12月29日

2020年のデイリーポータルZによく出てきた単語は「自分」~テキスト分析で見る総集編

年末総集編ウィーク、今日は記事中でよくつかわれた単語がわかる、ワードクラウドで振り返ります!

ワードクラウドというのは、テキスト中に頻出した単語を並べて、特に多く出てきた単語を大きく描いた図のこと。

今年一年の記事をライターのほりさんが分析して、ワードクラウドにしてくれました。サイトの傾向からライターごとの個性、それから時期別の分析など、興味深いデータとともに2020年の記事を振り返っていきます!

インターネットにラブとコメディを振りまく、たのしいよみものサイトです。

前の記事:今年撮った動物の写真みせて!

> 個人サイト デイリーポータルZ

この記事に出てくる人 

20.jpg
ほり
デイリーポータルZ・ライター。技術に強い。ワードクラウドを作ってくれました。
haya.jpg
林雄司
デイリーポータルZ編集長。デイリーポータルZのことを知り尽くしているぞ。
184.jpg
石川大樹
デイリーポータルZ編集部。この記事を編集しました。足の指が長い。

陰と陽の二人を「酒」がつなぐ

石川:
今回はどこまで解析対象になってるんでしたっけ、記事のタイトルと

ほり:
記事のタイトルとリード文ですね

koko.jpg
集計対象はここ!(PC版トップページのキャプチャです)


石川:
わかりました。ではさっそく、ほりさんが見て一番面白かったのからいっちゃいましょうか

ほり:
はい。最初はライター別の集計から、これです

extracted_writer_酒の穴(パリッコ・スズキナオ).png

林:
これは……酒の穴ですよね

石川:
超わかりやすい。真ん中に堂々の「酒」で、南極と北極があって。

894e2013647977364940abd19d0e5115.jpg

東京と大阪に住むライターふたりがそれぞれに同時刻スタートで北極南極を徒歩で目指す。制限時間は5時間、ルールは「無理をしない」! こちらは南極編です。

02a0b99dff2d6eb2c387c93bbf17ac81.jpg

東京と大阪に住むライターふたりがそれぞれに同時刻スタートで北極南極を徒歩で目指す。制限時間は5時間、ルールは「無理をしない」! こちらは北極編です。

ほり:
それにしても「酒」がでかい

石川:
まあ、名前が酒の穴ですからね
でもペンネームは今回集計してないんでしたっけ?

ほり:
見てないんですが、酒の穴は、たとえばこれ

 

011e2d4ef3fc26050721ab4b3ca87435.jpg

1月末に降るも東京都内ではまたたく間に溶けて消えてしまった雪。埼玉の奥へと探し求め、なんとかして「雪見」を成立させようと試みた旅の記録です。

ほり:
タイトルに3つも酒が入ってます

石川:
押しが強すぎる

林:
酒の穴のふたり、ソロになると酒が出てこないんですよ。
これナオさん。

extracted_writer_スズキナオ.png

石川:
「なん」

林:
これパリッコさん

extracted_writer_パリッコ.png

石川:
パリッコさんの「あれこれ」、声出して笑ってしまいました。完全によく見ますね。

71acf05e83f49d6c391f29ed526cba7f.jpg

羽つき餃子を水溶き小麦粉で作る要領で、いろんな食べ物を羽つきにしてみました。

e1ec7b14dbb195044eb0338455c53e8a.jpg

しょっぱいもので作るパフェ、しょっパフェ。その始祖として昨今の「すりきりパフェ」にも目を向けておきたい。あれこれ作ってみました。

1a84535074c99971b4f53a3ee00232b5.jpg

もっとフリースタイルなコールスローサラダを! あれこれ加えて9種類ためしてみました。

 石川:
デイリーのライター、地理の人とか工作の人とかいますけど、パリッコさんは「あれこれ」の人だったんですね

林:
パリッコさんはすぐあれこれする

石川:
ナオさんの「なん」って何でしょう

 

小学生の感じている重さのランドセルを背負う

424ab7b02b627e06cf172080faca1772.jpg

小学生の背負うランドセルの重さ、大人の私に置き換えたらどれぐらいなんだろうか、ランドセルを大人向けに重たくして背負ってみた。
わたしたちの7月20日 ~なんでもない日の夕飯の記録~

8f07e0fdf68a1fcd82ce607b8008de8d.jpg

特定の日にちを決め、たくさんの人が残したその日の記録を集めたら、なんでもない一日のぼんやりした立体像みたいなものが浮かび上がってくるんじゃないだろうか。

林:
「なんだろうか」「なんじゃないか」とか

石川:
疑問に思いがちということですかね

林:
すごくスズキナオさんっぽいですね。ふと思う感じが

ほり:
癖がでますねえ

石川:
疑問に思ってから動き始めるスズキナオさんと、あれこれしました!っていって報告から始めるパリッコさんと

林:
陰と陽ですね

石川:
その二人を「酒」がつないだユニットが、酒の穴

林:
すると北極と南極が出てきてしまう。

石川:
なんか降霊術みたいですね。

 

 

ひらきがちな人、概念の人

ほり:
ライターによってキャラが出ますね。これとか

extracted_writer_三土たつお.png

石川:
三土さんですね。三土さんが名前を追い求めた一年でした

 

4d403e8bac4dfff21d21cbb28247f531.jpg

写真に映っているものの名前をなんでもお教えてください、と呼びかけたところ、あらゆる分野の人からものすごい量の情報が寄せられ、写真がたちまち名前で埋め尽くされる、という経験をした。顛末を紹介します。

ほり:
この記事圧巻でしたね。インターネット集合知の強さ。
で、シリーズ的に何回かあったので、「名前」が頻出したんだと思います

 

5ada1a5647316cc38dc4377c6238c8e7.jpg

街にあるものは名前を知らないものばかりだが、みんなで見れば分かることがある。たとえば工事現場の風景。クレーンがいるな、トラックがいるなくらいしか普通は分からないものだが、みんなで見るとどうだろうか。

石川:
シリーズになると強い。
三土さんが名前とか地図とか街とか好きだなーっていうのはぱっと読み取れるのですが、もっと細かいところ見ていくと別の面白さがあって

extracted_writer_三土たつお2.jpg

石川:
「どうし」ってひらがなで書いてあるのが、三土さんそういうのひらがなで書くなーとか。「みんな」っていうのもあって、三土さん「みんな」って言いそう!みたいな

林:
「ふだん」も三土さんっぽい。
ひらくんですよ。三土さんと大山さん。

石川:
文体の癖も出ますね。
リード文は編集部で作ってるんですけど、だいたい記事の中からそれっぽいところを抜き出して作るので、書いた人の文体が出ます。

ほり:
書き方が出るんですね。盲点でした
編集部ならではの視点です。

extracted_writer_トルー.png

林:
これはトルー。脳内っぽさがすごい

ほり:
メタ的な言葉が多い

石川:
概念ですね

林:
物の名前がほとんどない。「しめじ」だけ。

ほり:
突然のしめじ

石川:
あはは、しめじ

 

9dd2f1434958dbb95a4c28b971baf888.jpg

整理しなくていいものを整理して、そこにあるのはシンプルな楽しさだけを楽しみたい。しめじを背の順に並べることにした。

ほり:
ありましたね

石川:
トルーが興味を示した唯一の物質、しめじ

林:
宇宙人なのかな

石川:
これはこれで、しめじを抽象的に扱って概念側に引っ張り込もうとしている記事ですよね。
トルーにかかわると全部抽象概念にされてしまう。
「お前も抽象概念にしてやろうか!」ですよ

ほり:
トルーさんの企画に参加して寿司屋に行ったら「好き」とはなにかをひたすら考えさせられたことあります

石川:
あはは、引きずり込まれてる

ほり:
抽象概念にされかけました。あぶない

いったん広告です

企画のパターンがばれる 

extracted_writer_こーだい.png

ほり:
こーだいさんですね。「ショウリョウバッタ」「醤油入れ」でわかりました

 

47fedb3c38d5318f6fb21236cda05cc7.jpg

彼らは捕まると口から黒っぽい汁を出す。ささやかな抵抗である。黒い液体つながりでショウリョウバッタ型の醤油入れを作ってみた。

石川:
さっきの抽象概念じゃないですけど、「いろいろ」がこれだけでかいのもすごくないですか

林:
VariousArtistの棚がいちばん大きいレコード屋のよう

石川:
「クワイ」の具体的さと「いろいろ」のぼんやりさのギャップにしびれました

林:
具体的になると急に狭くなる。クワイ

石川:
一文字で目立たないけど蘇もでかいですね。そして狭い

ほり:
いろいろな粉を味噌汁にしたり、いろいろな乳で蘇をつくったり、いろいろなグミもつくってますね

 

味噌汁に合う粉を探していたら、カレーに行きついた

2ae526a72d03789804a49902af05086a.jpg

チリパウダーを味噌汁に振って飲んでみたら、とても美味しかった。家にあるいろいろな粉を味噌汁に振りかけてみた。
いろいろな乳で蘇を作る

71d04987d3a368a9f45a18e9c4974d12.jpg

新型コロナウイルスの流行で学校が休みになり、行き場を失くした給食用の牛乳を消費するべく蘇を作る人が増えているという。約1000年ぶりに起こった蘇ブームにのっかるべく、いろいろな乳を使って蘇を作ってみた。
すべてがグミになる、コーンスターチの型で

415626f3fa1b5428fef954dc6b7410af.jpg

自由自在にいろいろな形のグミを作る方法を試してみた。しかも必要な道具はただ一つ、コーンスターチだけだ。

石川:
総当たり系が多いんですね

ほり:
企画のパターンがばれる

林:
蘇もクワイも一生にいちどあるかないかの単語なのに

おせち料理の定番野菜、クワイの謎に迫る
870d998d41674de837799f7da2f1ae8b.jpg
お正月料理以外では見たことのない食べ物、クワイ。大阪の吹田には,「吹田クワイ」なるクワイの中でも輪をかけて希少なクワイが存在するという。

ほり:
人生で一度も「クワイ」を言わずに死ぬ人、多いでしょうね

林:
これ読んでる人は言っておいたほうがいいですね。「クワイ」。

石川:
声に出して

林:
さん、はい

一同:
『クワイ』

林:
ハワイの言葉のように思えてきました

ほり:
クア・アイナ

林:
ただのハンバーガー屋でした

「犬」

extracted_writer_ヨシダプロ.png

林:
これも笑った

ほり:
麒麟をうわまわる、犬

石川:
ヨシダプロです。こんなデカい字、ほかの人のワードクラウドにはないですよ

林:
アレ、キャラ、メディア。
ヨシダプロ、よく「アレ」って言いますよね。

石川:
言いますね。あと、「ッ」。
「○○してみたいと思うッ!」っていうやつですよ。

 

犬が本当にGoToしたい所とは!?

f6b326278f2848db895feb0e792cf6e1.jpg

ふと思ったのだが、犬もGoToしたい所ってあるのであろうか。犬が本当にGoToしたい所はどこなのか、明らかにしてみたいと思う!!
桜を見る代わりに「佐倉を見る会」が開催!

9ddfcaffe88a60684bb4b02477e555a8.jpg

「桜を見る会」という会が、良くも悪くも話題だったが、ちなみに千葉県には、佐倉という市がある。今回は、桜の代わりに「佐倉を見る会」を開催してみたいと思う!!

ほり:
語尾にツがくることが多いですね。力強い感じで

石川:
ヨシダプロってなにやっても、その企画っていうよりヨシダプロじゃないですか。
それが完全にワードクラウドに出たなと思いました。ヨシダプロの本質が。

林:
ほりさん、これランダムに繋げたらヨシダプロジェネレーターができるんじゃないですか。

ほり:
誰でもヨシダプロに……

林:
「今回は、犬をメディアで話題のアレにしてみたいと思うッ!」

石川:
ヨシダプロの本質をつかんでしまいましたね

林:
メカヨシダプロ

石川:
本物と対決するやつだ

林:
平坂さんのも

extracted_writer_平坂 寛.png

林:
寿司屋の湯飲みか。
寿司屋の湯飲み、ワードクラウドだったのかもしれないですね

石川:
あはは。

林:
それから、安全、が入っているんですよ

ほり:
真逆のイメージでした

石川:
あ、安全が魚の中に入っていますね

林:
新しい漢字みたいだ
魚に安全と書いてヒラサカ

ほり:
ちなみに、「安全」はフグを食べたときのくだりですね

有毒?無毒?深海の怪フグ『ウチワフグ』を食べる(※肝も)

6ee692d8d00fa050f85f47d09aeb48b4.jpg

深海にはウチワのように広がる腹部を持つ「ウチワフグ」という奇妙なフグの仲間が生息している。このたび入手できたので食べてみることにした。とりあえず安全そうな筋肉と…一番やばそうだが気になる部位である肝臓を。

林:
フグ食べておいてなにを

石川:
平坂さんは危険がデフォルトで、ここだけは特別に安全っていう。
デフォルトが安全な人は安全って書かないですもんね。

林:
ランチパック食べ比べとかで安全って書かないですからね

ほり:
確かに。

石川:
あともういっこ思ったのが、鯛の上にタイってあるんですけど、これどっちも単語としては鯛ですよね。種名とかでカタカナ表記になってる時のタイ。
だから実際はもっと魚の圧が高いのではないかと思いました。魚圧が。

 

これ全部「○○」!一番タイっぽくないタイはどれだ!?

395b33191b36e7c66bc7b132a449167a.jpg

世の中には名前に「タイ)」とつく魚がたくさん存在する。今日はいろんな「~~ダイ()」を羅列し、として認定されるための境界を探ってみタイ

ほり:
この記事の魚圧すごいですね

林:
思いのほかダジャレでしたね。「探ってみタイ」。

石川:
平坂さんが冒頭に書いてるダジャレを、担当編集の藤原さんがちゃんと拾ってリードに入れてるんですよ

ほり:
連携プレーがうまくいってるということなんですね

林:
あー、おれけっこう書き換えちゃうな。

石川:
僕もヨシダプロの「思うッ!」をけっこう生かしてます。文自体は要約してても語尾だけそれにしたりとか

ほり:
担当編集の差もでるのか。

石川:
あとは、與座さんがすごい與座さんっぽいなと思って

extracted_writer_與座ひかる.png

ほり:
リモート、実験。

リモートでかくれんぼはできるのか

350f6e9b17246386bea382660589ba54.jpg

仕事ができるなら、遊びもできるのではと考えた。リモートでどこまで遊べるかを実験しました。

石川:
長所、相談、とかも。

 

人の長所を100個あげるのは可能か

24a65a8ab5eb276a854958c2a17c0149.jpg

人の長所を100個言うと辛いのかやってみたい。3人で100個長所をほめ合ったら、みんな褒められていい気分になった。

林:
これもけっこうトルー系じゃないですか?概念が多くて、物質の名前が…トイレだけ?

石川:
それが一概には言えないと思ってて、ここでライターで絞らずデイリー全体で集計したものと比べたいんですけど

extracted_all.png
サイト全体で集計したもの

石川:
サイト全体のは、一番デカいのが「自分」なんですよ。
だから他のライターは全員自分の話しかしてないんですけど、與座さんは「相談」とか「長所」とか、人との関係性があるなと思って。

ほり:
ソーシャル

石川:
そう。自分か魚の話しかしないから、ほかの人は。
概念っていう意味ではトルーっぽさあるけど、トルーは「自分」派の急先鋒なので、その点では真逆。

ほり:
そうなんですよね

林:
二人とも脳内なんだけど、與座さんは他人が出てくるから一般性があるんだよなー

ほり:
なるほど、だから與座さんの記事は共感を得られやすいんですね

石川:
トルーはアニメでいうとセカイ系。

林:
與座さんの記事は、わかる~って言う人が中にいるんですよね。
読者が記事のなかにいる。
トルーのはいないから、わかりみがあるときだけ跳ねる。

石川:
トルーの撮影日程聞いて、わかるーって言いに行きますか

林:
行くけど、どうしてもわかれない企画だと最高ですね。
困るギャラリー。

石川:
こういうの。

棒グラフに使える野菜調べ

bd97bf023601bffe71f0004c19bc3d99.jpg

『棒グラフを作りたいのに手元にちょうどいい棒がない』そんな時は、棒の代わりに野菜を使ってみるのはどうだろうか。野菜なら、スーパーに行けば売っているし使い終わったら食べられる。栄養も満点だ。

ほり:
これとか

ビルの稜線で何とかして楽しみたい

03201930b82ca66334531eea0acab296.jpg

都市部で空を見上げると、空と地上との境目には「ビルの稜線」がある。この稜線をただ景色としてではなく、線単体で何かに見立てて楽しんでみたい。

林:
「………」「……(石川いえよ…)」とヒソヒソ。

石川:
わ、わかるー(棒読み&泳ぐ目)

ほり:
かえってやりにくいやつだ

林:
スマホ見はじめて。
こういう感じで。

156.jpg

石川:
あはは
これ何ですか?

林:
この記事のこのシーンが妙に記憶に残ってて

石川:
あー、あった…!

林:
ギャラリーつき記事、いいですね。やろう。

石川:
筆者に全然共感できなかった場合、読者は困ってるギャラリー役の人に共感できますからね。どっちに転んでも共感得られるきがします

ほり:
テレビのワイプと同じ構造なんですかね

林:
ちょっと!ヒットのコツ掴んじゃったんじゃない?!
……だいたいこういう「いける!」→「だめか…」の2サイクルエンジンで続いてます

ほり:
PDCAがはやい

林:
DA。
Do, あきらめ

石川:
結末見えてますね

いったん広告です

コロナ Before / After

ほり:
コロナ前後の比較で見てみましょうか。Beforeは1, 2月、Afterは5, 6月のデータを使っています。
世の中の流行がDPZに反映されるのに1か月ぐらい誤差があるかなと思って。

林:
注目したところに丸してます。

131341781_1722850077884979_776160363955532966_n.png
Beforeコロナ
131612334_1076779806083605_2226344706857728915_n.png
Afterコロナ

林:
コロナ前は「寿司」「牛」「海鮮」などだったのが、コロナ後は「食パン」

ほり:
質素だ

石川:
あはは、食パン!
安くて日持ちのする食生活に

林:
コロナ後の食の貧しさ。
あと海苔。

ほり:
海苔と食パン、合うんですかね

石川:
やっぱ日持ちですよ。ウィズコロナは保存食の時代

林:
それが2020年後半のデイリーポータルZの食。
戦時中みたいになってたのか……

石川:
あと、Afterの方で、「自分」の上に「気分」があるじゃないですか。
これって代替というか、食パン食べて牛肉の気分に…みたいな話かなと思って

林:
思い込みVR

石川:
こんなのがありました

 

銀色の服で宇宙人気分を味わう

alien_01.jpg

銀色の服が好きで集めていたら全身銀になることができた。これで宇宙人気分を味わおう。
ホタテの殻を開けた気分になる

8c49b57cd3b47b2a51cc2fd5f3399540.jpg

家にあるものでホタテの殻開けと同じ興奮が味わえます。
アルコールを嗅ぎながらウーロン茶を飲んでウーロンハイ気分になる

31840c9362651cc10fcaade49aefbaaa.jpg

ウーロンハイはおいしい。しかし、おいしすぎて飲みすぎてしまう。飲みすぎないためにはどうしたらいいだろう。今回はその疑問を解決してみたい。

林:
けっこう思い込みだ

ほり:
もう家から出れないからバーチャルなんですね

林:
オキュラスいらず

石川:
VR未満の自己暗示という感じですね。

石川:
これがホタテの中身

009.jpg

林:
「うわーおもしれー」のよこにオキュラスの広告

131623383_440311280320555_2826370094816735902_n.jpg

石川:
泣いてしまいそう

林:
オキュラスがないとこうなるぞ、という脅し広告

ほり:
しかし、コロナとか在宅勤務とか出てこないですよね。こんなポータルサイトなかなかないと思います

石川:
ほりさんの言うとおり、直球の在宅勤務みたいなのがこう見ると意外とないですね。
リモート、オンラインがあるけどまだ小さいんです

ほり:
基本、世の潮流に流されず、自分のやりたいことをやるサイトなんですかね

石川:
そうですね、さっきも出したサイト全体の集計を見ても、もうちょっとコロナ感出るかと思ったら、結局自分の話をしているという

extracted_all.png
サイト全体の集計。再掲です

ほり:
自分語り大好きポータルサイト

林:
自分がでかいですね。
もっと世界を語っているのかと思ったら、「街」も「世界」も小さい

石川:
インナーワールドですね。
ここで満を持して林さんの個人の見てもいいですか。

extracted_writer_林雄司.png
圧倒的な「自分」

林:
まったくもっと外に目を向けるべきですね

石川:
これぞまさに編集長と思いました。

ほり:
Big Face Boxとかも自分の顔ですからね

林:
ことし結構記事書いてるんですよ。

リモート会議で自分の顔を増やす

5254c7190806c7d266d64ea0fbe09189.jpg

分身の術のように自分の顔を増やして相手を惑わせてやろう

石川:
自分の「自」のなかに「あなた」がはいってるのおもしろくないですか

林:
うっかり世界観があらわれた

林:
自分のなかに、あなたと地図、そしてお湯割り

ほり:
脳内メーカー的な

林:
そうだ、おれの脳内メーカーじゃん

石川:
古代インドの世界観で、カメの上に象が乗って世界を支えているやつみたいですね。
「あなた」の上に地図とお湯割りが乗って、自分ができている。

林:
その亀の下には練馬

石川:
古代インド人が考えた林雄司

林:
ツイッターのアイコンこれだからね

131424875_673949293279280_9157984388684331757_n.png

石川:
あはは、そういう伏線だったとは。

林:
次、ほりさんですよ

 

extracted_writer_ほり.png

ほり:
ゲームとマスク

石川:
人生最高って書いてありますね

ほり:
最高の人生ゲームという記事を書きましたからね

最高人生ゲームで最高人生を送りたい

fb51db79b03c00f7537a4c3fd0845a89.jpg

すごろくの中で山あり谷ありの人生を体験できる人生ゲーム。しかしせめてゲームの中ぐらい、宝くじで10億円をあてて南の島で暮らしたい。自分の考える最高人生ゲームを作って遊んでみた。

石川:
あーあれか

ほり:
人生最高です

林:
最高、人生、酒、妖怪、謎。
たぬきに騙されてるっぽい

石川:
最高から始まってだんだん不穏になってきますね

ほり:
たぬきにだまされた2020年

石川:
マスクネタは確かに多かったんですよね。AIと、マスクをいたわるやつがあったので

マスクの下に隠れた顔をAIで補完する

8ea9bd4fafefcba66bb180f5b2af0d22.png

今やマスクは欠かせないが、顔の上半分だけしか見えないのは何だかちょっとさみしい。AIを使って、マスクの下に隠れた顔の下半分を補完することにした。
マスクをもてなす

1b491a7fbb31837a12e94ecc864bcfb9.png

新型コロナウイルスにより、もはや必需品となったマスク。今日はそんなマスクに日頃の感謝を込めて精いっぱいのおもてなしをする。

ほり:
マスクはいじりがいがあったんです。
みんなマスクつけるようになったの、純粋に面白かったですね。2020年。私もつけてますが

いったん広告です

だいたいわかりやすい人たち

林:
分かりやすい人たちを並べてもいいですか。

131472138_379714319994617_4311080155868950716_n.png

林:
北村さん

extracted_writer_きだてたく2.jpg

石川:
ペンはきだてさんです

extracted_writer_木村岳人.png

林:
木村さん

131431079_303384124378965_7717947459342989469_n.png

林:
古賀さん、パッケージの話が多い

ほり:
たしかに

林:
「枚」「切り」

石川:
コロナ後に食パンの記事増やした犯人がわかった!

ついに3枚切りの食パンを買う(かとおもいきや)

eac70b52a94a7b5ad4d942232786fbc9.jpg

4枚切り、5枚切り、6枚切りに8枚切り……日頃から食パンの切り枚数に心をゆらしていたところ、超熟の3枚切りという商品を発見した、が。


 

extracted_writer_さくらいみか.png

林:
さくらいさん

石川:
汁?

甘いを吸う

5824be1149c60eb091087a1a014d35b8.jpg

「甘いを吸う」とは「他人を利用して、自分は苦労せずに利益を得る」ということだ。実際に甘いを飲んで、少しでも利益を得た気分になってやろう。

林:
べつやくさん。

extracted_writer_べつやく れい.png

林:
「コブラ」

石川:
「のり」でかいなー

のり巻きにのりを巻こう

nori.jpg

のり巻きにのりを巻いて食べると、のりの存在感がすごい。パリッとしたのりの食感のあとにまた海苔がやってくる。

林:
江ノ島、連載タイトルがそのまま出てて笑いました

extracted_writer_江ノ島茂道.png

おれはテイクアウトなら無限に食べられる~東急沿線さんぽ

5c3cf4684ce31886c81dce3946b307fb.jpg

昨今の情勢下、人気なのはテイクアウトと聞く。持ち帰りならば無限に食べられるからだろう。
おれはカレーライスなら無限に食べられる~東急沿線さんぽ

8603c20532bc8bd5d6e5306fd09e178a.jpg

東急沿線の魅力を伝える企画。カレーなら無限に食べられるというライターが挑みました。

ほり:
江ノ島さんはほぼ食べ物

林:
ほんとだ。
物質ばかり

石川:
食べ物に紛れて「無限」と「放題」

林:
沿線と食べ物とエターナル

ほり:
天国だ

林:
人生もう達成しちゃってますね

extracted_writer_石川大樹.png

ほり:
石川さん!

林:
ロボット

石川:
きれいにど真ん中に

ヘボコン・オンライン6/7(日)開催!出場者募集中

b5d256e694f3a1ceeb0f022295f3cd64.jpg

ロボットなんて作れない人たちが、自作の「自称・ロボット」を持ち寄り無理やりロボットバトルをするイベント、「技術力の低い人限定ロボコン(通称:ヘボコン)」。今回はゲームを使ってオンラインでやります!

石川:
県境、西村さんです

extracted_writer_西村まさゆき.png

千葉の県境を一周して実物大のチーバくんをえがく

3c51e89dd6182d4bbe3d703dfbd0018c.jpg

GPSログをとりながら県境と海岸線に沿って千葉県を一周すれば、GPSで実物大のチーバくんを地図上にえがくことができるのではないか。

 

SNSで好かれる記事は?

ほり:
最後にSNSごとの人気記事の違いを見てください。

extracted_SNS_Twitter.png
Twitter
extracted_SNS_Facebook.png
Facebook

 

extracted_SNS_Hatena.png
はてなブックマーク

ほり:
Twitter、Facebook、はてなブックマークです。
各SNSでウケた記事だけを使って作ったワードクラウドです。
Facebookはこの三つだとクローズドなSNSなので全然毛色が違いますね。

石川:
そうですね。他のに比べて突出してるものも少なくてまんべんない気が。
比較するとはてなの「料理」「写真」のでかさ。ノウハウ系が強いんですかね。

ほり:
そうですね

石川:
Twitterはゲームがウケてますね。「ゲーム」と、「話」。
体験談みたいなのが好まれる場なんでしょうか。「話」は。

ほり:
「話を聞いてみた」とかもありますね。インタビュー系

林:
ツイッターのゲームの記事、ゲームそのものじゃなくて、ゲームのように、みたいなパターンがありますね

日常をゲームの攻略本のようにしてワクワクする

59f91c4795c9a97a3ec4734b3b10f85c.jpg


ゲームの攻略本ってワクワクする。少し閉鎖的な日常も、楽しく見えてくるんじゃないだろうか。
もしも『半沢直樹』がファミコンゲーム化されたら

d474e270afb8a86143f6e48e255d27b7.jpg


ファミコンが流行っていた時期は、特に雑なタレントゲーム、映画原作ゲームなどがバンバン出ていた。『半沢直樹』がファミコン時代にゲーム化されていたらどんな感じのものになっていたのか妄想してみました。
ポケモンスナップを研究し続ける学会をきみは知っているか?

e133f0a1e12690547e7b320954dc53ec.jpg


『スクエアヘッド理論』『仲間ニャース』『β世界線』。20年前に発売されたゲーム、ポケモンスナップを今でも研究し続けている人たちに聞く、同じゲームをやりつづけたからこそ見えてきた新しい世界。

林:
ゲームはすでにあって、それをまねたり、語ったり
ゲームの二次創作的な扱いの記事が

ほり:
キャッチーなやつだ!キャッチーなやつがうけるんだ!!ぐおお

石川:
ほりさんが急に

林:
どうした

ほり:
1ライターとしてはあんまりバズとか気にせずに書いていきたいです……

石川:
冷静を取り戻した

林:
デイリーのほかの記事は、現実世界を探ったりしているけど、このあたりの記事はそのモチーフがゲームなんですね。

石川:
だからゲームといってもあんまりバーチャルな話ではないんですよね。
逆にバーチャルな記事というと、さっきみたいな、銀色の服で宇宙人になったり、ガムテープのホタテの殻開けたり、アルコールを嗅ぎながらウーロン茶を飲んでウーロンハイ気分になったり…

林:
日常→バーチャルか、ゲーム(バーチャル)→日常 、か

林:
日常を日常にするというのは? 「食パンを焼く」

ほり:
生活だ

林:
ていねいな生活。Vlogだ

ほり:
江ノ島さんの生活みてみたいですけどね

林:
見たい…

石川:
VR江ノ島、いいですね
VRで一人称視点で無限に食べてたら爽快かも

林:
食いしん坊体験。あれだけ食べられたら快感じゃないかな。
お店の人がびっくりするのも見える

石川:
これすぐ作った方がいいですね。
2000円で売れるコンテンツですよ。

林:
リアリティのある値段

ほり:
買います

石川:
では来年はVR江ノ島が出ますということで

林:
VRゴーグルを外すと目の前に江ノ島が……


時代より性格がみえてしまった

なにぶんいろいろあった2020年である。テキストを解析することで世相がありありと見えてくるのではないか…と期待したのだけど、結局みえてきたのは「デイリーポータルZは自分大好き」という事実であった。

ちょっと思ったのと違う。ちがう……んだけど、全く否定できない事実である。

オレオレ読み物サイト、デイリーポータルZを来年もよろしくおねがいいたします。

▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ