特集 2020年2月18日

しめじを背の順に並べて癒される

しめじを背の順に並べることにしました。

整理をする楽しさや気持ちよさって確実にあると思うのだが、それが面倒に感じるのはやらなければいけない整理だからだろう。「宿題やりなさい」と言われるとやりたくなくなるアレだ。

ならば整理しなくていいものを整理すれば、そこにあるのはシンプルな楽しさだけだ。

そういうわけで、しめじを背の順に並べることにした。

1987年東京出身。会社員。ハンバーグやカレーやチキンライスなどが好物なので、舌が子供すぎやしないかと心配になるときがある。だがコーヒーはブラックでも飲める。動画インタビュー

前の記事:土曜のお便り 〜チンアナゴは地中の体が大きいので窮屈で大変


映画を選んで悩むくらいだったらしめじを背の順に並べていればよかった

この間、時間が空いたので映画でも見ようと思ったのだが、動画配信サービスでレビューを読んだり予告を見たりしている間に時間が経ってしまい、結局何も見れずにせっかくの空き時間が終わった。

こんなことならしめじを背の順に並べていた方が良かったのだ。

001.jpg
しめじ。色んな大きさがぎゅっと固まっていてすごい。

映画というものは常にたくさんの評価に晒されている。すると次第にその映画を選ぶ自分自身も評価されているような気持ちになってくる。無難に評価が高いものを見て安心するか、敢えて評価が低いものを見てそこから楽しさを見出すのか、という風に。

しかし、しめじを背の順に並べることにはまだ何もない。思ったより楽しかったか、思ったよりつまらなかったか、それしかないのだ。そこには自分しかいない。だから気楽だ。

やはりしめじを背の順に並べるべきだったのだ。

しめじを背の順に並べる

再度時間を空けて、買っておいたしめじを見る。

002.jpg
小さいしめじがこんなにあったんだな、と思う。これも並べてやるからな。
003.jpg
まずバラバラにする。
004.jpg
こんなにいたのか。
005.jpg
そして一つずつ手に取ってなんとなく背の順に配置していく。

誰もいない部屋で好きなラジオをつけて黙々と並べた。これはジグソーパズルをやっている感覚に近い。考え事をしたりラジオを聞いたりしながらでもできる、ちょうどいい負担の作業である。

006.jpg
楽しい…
007.jpg
曲がっているしめじは、曲がった状態での背の高さで並べています。

しめじのカサの部分が取れそうだったのでそっと並べた。それ以外は順調だった。着々としめじが背の順に並べられていった。

しかし本当にリラックスできて良い。今僕は、癒されているなと思う。しめじを背の順に並べて癒されている。

008.jpg
ちょうど一時間でできました。
009.jpg
すごい達成感。

すごくなだらかな、きれいな背の順になった。「あの房に、こんなにしめじがあったのか!」と期待通り驚いている。やってやった、という感慨もある。

009a.jpg
整然と並んでいてすごい。自分にもこんなことができるんだな、と思う。
010.jpg
一番大きいしめじが、この右下のやつだった。

「君がリーダーだったのか!」と思う。しめじ1本1本に、背、という個性が与えられて感情移入がしやすくなっている。あのギュッとなっていたしめじの房の一体感は、このリーダーの働きによるものだろう。立派である。偉い。

011.jpg
しめじを背の順に並べて分かったことです。

背の順に並べる、という作業が楽しい。他のものでもやってみよう。

いったん広告です

フライドポテトを背の順に並べる

しめじを背の順に並べ終え、自転車に乗って近くのマクドナルドに行き、ポテトのMを買ってきた。

012.jpg
しめじを並べ終え、ポテトを買いに走った。
013.jpg
おいしそう。
014.jpg
またラジオをつけて並べていく。

しめじよりまっすぐで、数が少なくて並べやすい。ピースの少ないジグソーパズルだ。達成感はそこそこだが、その分やりやすくてストレスもない。

015.jpg
15分ほどでできた。

15分である。朝のちょっとした時間でもできる。ポテトをこんなにきれいに並べられた日は仕事も捗るだろう。そういう朝活はどうか。どうだろうか。そういう朝活は。

016.jpg
ポテトのレーンができた。ここに寝転びたいですね。

ポテトはこの後、小さい方から食べた。食べ進めるうちに食べ応えが出てきておもしろかった。

016a.jpg
ちょうど100本ぐらいなのも何だかおもしろかった。

スティック状のパンを背の順に並べる

日を改めて今度はスティック状のパンを背の順に並べてみる。

017.jpg
この日は雨で、屋内でしっとりと、物を背の順に並べるのにちょうどいい日だった。
018.jpg
すぐ終わった。

これは良くなかった。背の違いがはっきり分からないからだ。なんか見る角度によって背が違う。それくらい微妙な差しかない。この時はこう並べてみたけど、もう一度やったら違う順で並べるだろう。

正しいかどうか分からないまま、ことを進めていくのは辛い。

019.jpg
チョコチップが入ってるものを選んでしまって、そのツブツブもなんか怖い。

こういうパンって焼かれる時に大きさの差とか出るのかなと思ったのだが、ほとんど出ないんですね。

019a.jpg
いったん広告です

おっとっとを背の順に並べる

もっとはっきり個体差があるものがいい。

020.jpg
おっとっとはどうか。
021.jpg
深海生物も入っているシリーズを買ってしまったみたいで、分からない魚がたくさんいる。
022.jpg
左はいつものマグロなんだけど、右はオニキンメ。
023.jpg
できた。
023a.jpg
何が何か調べながら並べると楽しい。
024a.jpg
小袋によって入ってる生き物が全然違うみたいなのでもう一袋やった。

上段左から5つ目、アノマロカリスはシークレットの生物だった。嬉しい。

おっとっとの普通の楽しみ方をしてしまっている気もするが、これはもう2回やってしまう楽しさがあった。

025.jpg
アプリを入れてパッケージのマーカーを読み込むと、リアルなミドリフサアンコウが現れるというお楽しみ要素もあった。

これ、頭に乗せたらさかなクンみたいになれるだろうか。

026.jpg
惜しいところまでいったんだけど、難しかった。
027.jpg
なんかかっこいいの撮れた。
027a.jpg
色んな遊び方ができて楽しい。
いったん広告です

もやしを背の順に並べる

前の晩、妻に「今僕はしめじを背の順に並べているんだ」という話をしたら、それを聞いてちょっと笑った後「もやしは?」とこともなげに言った。

あー、いや、そうか。うん…、いいね。いいよな。もやしね。

と返した。内心、なんで大変そうだけど頑張ればできそうでしかも楽しそうなラインを絶妙についてくるんだ、と大変狼狽した。

028.jpg
もやしを買ってきた。

冒頭で人から言われてやる整理は楽しくないような感じのことを書いたけど、まさにそんな状況になってしまった。でも楽しそうだからやる。一番好きなラジオをつけた。

029.jpg
袋から出す。多いな…。
030.jpg
山から1本ずつ取って並べていく。

取っても取ってももやしの山が小さくならない。こういうもやしが全然減らないラーメンってあるな。

031.jpg
しめじの時同様、曲がったものは曲がった状態での背を見ていく。
032.jpg
すごい長いやつあった。リーダー格。

「こんなに曲がってるのがあるんだなー」とか「長いやつはすごい長いなー」とか、地味な発見が続く。

033.jpg
15分で下に敷いていた紙がいっぱいになった。新しい紙を出してまた並べる。
034.jpg
それを繰り返して5グループできた。最後に一緒にしよう。

たくさんあって大変そうに思われたもやしだが、1時間15分ほどで並べ終えた。やはり妻の提案は正しかった。

035.jpg
壮観…!
036.jpg
この達成感だ。やってよかった…。
036a.jpg
300本ぐらいだった。

しばらくこの状態のまま部屋をうろうろしていた。ジグソーパズルみたいに糊で固めて額に入れたいと思った。

映画より良い時もある

大変そうな背の順でもだいたい2時間しないで終わる。並べている間はリラックスして癒され、並べ終えると達成感がある。馴染みのある物の普段見られない姿を見て、見識を広めた、と思うこともできるだろう。

ちなみに並べたもやしの写真を妻に見せたら「うわー…!」と言っていた。ちょっと引いていた。なんか思っていたより迫力があったらしい。


えのきはやらなかった

しめじの作業量から鑑みて、えのきを背の順に並べるのはやめた。僕は苦行をすすんでやっているわけではない。ただ癒されたいだけなのだ。

037.jpg
買ったけどやらなかった。鍋に入れた。
▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ