特集 2020年10月26日

徒歩で5時間「北極」を追いつめる旅

例えば私が、100km先にいるあなたのもとに向かって5時間歩く。当然、あなたのもとにはたどり着かないだろう。それでも、確実に、じわじわと、5時間ぶん、あなたのことを追いつめたことにはならないだろうか? いや、「なる」と断言できる。

人は誰しも、地道な努力のぶんだけ目標を追いつめることができるのだ。

今回はそのことを検証&実証するため、酒の穴のふたりがそれぞれ「北極」と「南極」を徒歩で5時間ぶん追いつめてみることにする。

ルールはたったひとつ、「無理はしない」だ。

日常的な生活の中にぽっかりと現れる「今ここで乾杯できたらどんなに幸せだろう」と思うような場を探求するユニット。なんでもない空き地とか、川沿いの原っぱとか、公園の売店だとか、そういったところに極上の酒の場があるのではないかと活動中。

前の記事:「天国酒場」の魅力を語り合う


編集部より:
今月の「酒の穴」はパリッコさんが北極を、ナオさんが南極を追い詰める2本立てでお送りします。こちらは北極編。
冒頭は同一、【1時間目】から極を追い詰める様子をお送りします!

お互いの距離を縮める企画のはずが……

パリ :「酒の穴」なんてユニットを名乗ってデイリーポータルZに定期的に記事を書かせてもらってますが、コロナ以降、実際には一度も会えてないじゃないですか?

ナオ :そうですね。常にお互い東京と大阪からリモートで。

01.jpg
こういう絵ばっかり

パリ :なのでいい加減、実際には会わないまでも、物理的にお互いの距離を縮めてみたら、記事の空気感も少しは変わらないかなと思って。

ナオ :なるほど。

パリ :例えば、お互いの家の最寄駅を同時にスタートして、5時間歩いたらどれだけ近づけるのか? とか。

ナオ :いいですね! ただ歩くという。どのくらい近づけるんだろう? それでいうと例えば、「エジプトに近づく」みたいなこともできますね。

パリ :わはは! どっちがよりエジプトに近づいたか。無意味で最高。

ナオ :エジプトを追いつめる。

パリ :ふたりして別の位置からエジプトにプレッシャーをかけていく。なんか気味悪い。

ナオ :はは。いよいよ妄言という。基本、西に向かう事になるのかな? 東? それすらわからない。

パリ :あ、それなら北極とか南極もわかりやすくないですか?

ナオ :いいですね!

パリ :そうだ、ふたりの位置関係から、僕が東京から北極を追いつめ、ナオさんが大阪から南極を追いつめるのはどうでしょう? どっちが「極」にプレッシャーを与えられるか勝負だ!

ナオ :「この先に南極はある!」

パリ :「少し肌寒くなってきた!」

ナオ :俺なんか南ですもんね。1回あったかくなってから。

パリ :ははは。

と、話はあらぬ方向に展開し、パリッコ、スズキナオのふたりはそれぞれ、自宅の最寄駅である西武池袋線「石神井公園」駅と、大阪環状線「桜ノ宮」駅から、徒歩で5時間、北極および南極を追いつめることになった。

【1時間目】清掃工場の煙突の衝撃とあぶらあげ

パリ :10時スタートにしようと話してたんですが、僕がちょっと遅刻してしまったりして、ふたり同時にスタートできたのが10時20分でしたね。どちらも天気良くてよかった。

02.jpg
追いつめ日和
03.jpg
ひたすら赤い針の指すほうへ

パリ :石神井公園駅から北方面って、普段あまり行かないエリアなので、15分くらいでもうぜんぜん知らない街って感じでした。

04.jpg
ここ、ほんとに近所?

ナオ :北極を目指したのは初めてだったんですね。

パリ :そうなんですよ。で、北極を目指しているとは思えないほど暑くて、15分でもう上着脱いでTシャツに。

ナオ :暑かったですね!

パリ :そうこうしていると、歩きだして約20分でいきなり大興奮する店見つけてしまって。

05.jpg
変な居酒屋か?
06.jpg
いや、リサイクルショップだ!

パリ :どうやら飲食店の廃品ばかりを扱っているお店で、店頭がコラージュみたいになってる。

ナオ :はは。やばいですね。マリオもいたり、立体コラージュって感じだ。

パリ :ただ、商品に値段がひとつも貼ってなくて、どういうお店かいまいちわからないんですよね。

ナオ :なかには入ったんですか?

パリ :いや、そもそも裏口みたいのしかなくて、一般販売されてるかもわからず。

ナオ :あー、そうか。業者用のお店かもしれないか。

パリ :それとこの時はまだ、「今日はガンガに北極を追いつめてやるぞ!」とやる気まんまんだったので、先を急いじゃったんです。家から歩いて行ける場所にあるわけだし、こんどじっくり行ってみようと思って。

ナオ :これはちょっと、じっくり見ないといけないですね

パリ :うん。というかもう、あわよくば取材させてもらえないかなとか。

ナオ :はは。一石二鳥。

パリ :そして次なるトピックなんですけど、個人的に衝撃の事実が判明しまして。

ナオ :ほう。

パリ :練馬区って、光が丘という街にある清掃工場のでっかい煙突がどこからも見えるランドマークみたいになってるんですよ。

ナオ :ほほう。

パリ :当然、2年以上住んでいるうちのマンションからも見えて……と、ずっと思いこんでいた。いつも「あの煙突のあたりが光が丘だな〜」って眺めてて。そしたら今回、北を目指して歩いてたらこんな施設の下を通りがかったんです。

07.jpg
巨大な煙突

パリ :「あ! 煙突だ! 初めて真下から見た!」って興奮して。

ナオ :おお。

パリ :けどなんか、間近でみるとどうも記憶のなかの光が丘の煙突と印象が違うんですよね。

「光が丘 煙突」画像検索結果

ナオ :円柱じゃないですね。ちょっとカクカクッとしてる。

パリ :で、看板見たらこれ、「練馬清掃工場」という施設の煙突で、つまり、ずっとうちから見えてたの、光が丘じゃなかったんです。

ナオ :あ、すでにそこから違ったんですね! 割と近所の別の塔を見ていたと。

パリ :そうそう。ちょっと小さめの。今回北極を追い詰めなければ、きっと一生勘違いしたままでした。

ナオ :危ない危ない。

08.jpg
練馬清掃工場付近から見えた、本物の光が丘の煙突
09.jpg
それにしても良き中華屋がザクザク見つかる

パリ :そして次が、1時間目のトピックとしては最後なんですが。

10.jpg
ここは……豆腐屋か

パリ :さらに歩いてたらこんな豆腐屋あって。気になるっしょ?

ナオ :気になる! 美味しそうな気配。

パリ :表のメニュー見たら豆乳があって、飲んでいこう! と入ってみたら、かわいい〜おばあちゃんがひとりのマダムを接客してたんです。

ナオ :これから長く歩くし、豆乳を飲んだら元気が出そうです。

パリ :ね! で、マダムがちょうどお会計するとこで「おいくらですか?」って聞いたらおばあちゃんが「そっちに貼ってあっから」って、壁のメニューを指差して、マダムは豆腐2丁、あぶらあげ5枚を買ってたんですけど、「私、計算ができないのよ!」ってテンパりだしちゃって。だから、僕が声をかけてスマホの電卓で計算してあげたんですよ。

ナオ :ほのぼのとしたシーンだ。

パリ :そんでマダムが「580円だそうです」って伝えたら、おばあちゃん、開けっぱなしのお金ボックスを指差して「そこから勝手にお釣りとって」って。とにかく接客が雑なんすよ。

ナオ :ははは。本当に令和ですか。パリッコさんのスマホだけが現代。

パリ :オーパーツ。そんでマダムは「お兄さんありがとうね。あ、お兄さん自炊する? ここのあぶらあげ、炙ってお醤油かけるだけでものすごく美味しいのよ!」って言いながら帰っていったんです。で、並んでるの見てみたら、確かにあぶらあげがぶ厚くて超〜うまそうなの!

ナオ :あ、マダムは常連さんなんですね。いつもはどうしてるんだろう?

パリ :たぶんなんですが、息子さんが店主で、おばあちゃんはお手伝いされてるだけっぽいんですよね。

ナオ :なるほど。

パリ :というのも、おばあちゃんに「こんど買いに来たいと思っているので、そこに並んでいるあぶらあげの写真だけ撮らせてもらえませんか?」って聞いたら、「え? 何? なんだって?」「戻ってないからわかんないわかんない!」みたいな返答で。

ナオ :本当に、そこにいるだけのおばあちゃんなんだ。

パリ :だからさ、ナオさんにも、今この記事を読んでくれている方にも、どうしても見せてあげたいそのあぶらあげ、「買う」という選択肢以外にないじゃないですか?

ナオ :はは。確かに。

パリ :自分でも「いつどこで食べるんだ?」と思いつつ、しょうがないから買いましたよ。しかも、手持ちの小銭でお釣りが出ないよう、2枚。

11.jpg
このあぶらあげが1枚なんと60円

ナオ :まだ旅が始まったばかりなのに「あぶらあげ×2」というアイテムを手に入れたんですね。

パリ :軽いけど重い荷物をしょいこんでしまって。で、とりあえず、店の裏にちょうどいい公園があったんで、そこで豆乳飲んだんですが、すっきりかつ濃厚で超うまい。

12.jpg
1時間よけいに歩けそう

ナオ :いいな〜! これは元気が出そうです。

パリ :あ、そうそう。この店、絶対また買い物に来たいと思って、どこにも店名が書いてないので、最後におばあちゃんに「ここはなんていうお店ですか?」と聞いてみたんす。

ナオ :はい。

パリ :そしたら、「え? しらねしらね!」って言われました。

ナオ :ははは! いいですね。でも確かに、店の名前なんて必ずあるとは限らないですからね。

パリ :そういうもんかな? まぁでも、「駅から北に30分歩いたとこのお豆腐屋さん」で事足りるか。

13.jpg
その頃のナオさん
14.jpg
さっそく疲れているのが
15.jpg
印象的だった
いったん広告です

【2時間目】満洲の餃子定食食べたいな〜と思いつつ

パリ :2時間目はうってかわって特に何も起こらず。練馬区から埼玉県に向かってるんで、ただただのんびりした景色を堪能しながら歩きました。

16.jpg
給水所

ナオ :いいですねー!

17.jpg
たまらない店
18.jpg
かつてのコンビニ的な

ナオ :なんでも相談に乗ってくれそうな。検索とかない時代はまずここですよね。

パリ :ですねー。今でも近所のご老人とかに頼りにされてるんでしょう。「家の片付草取り」もすごい。

ナオ :そこまでやってくれるんだ。

パリ :近所にほしい。

19.jpg
どうやら埼玉県に入ったようだ
20.jpg
何もない道がしばらく続く

パリ :さらにどんどんストイックな道をひたすら歩き、しばらくして、なんか繁華街っぽい雰囲気になってきたな〜と思ったところが、

21.jpg
東武東上線の「和光市」駅

ナオ :石神井から北極の方に向かうと和光市に着くんですね。

パリ :そうなんす。それがちょうど昼時だったので、

22.jpg
満洲の餃子定食食べたいな〜と思いつつ
23.jpg
なんか、ベンチしかない公園で
24.jpg
イトーヨカードーで買った白飯と醤油と
25.jpg
手持ちのあぶらあげを合体させせて
26.jpg
あぶらあげ丼を食べました

ナオ :はは! 最高です。スーパーの人も、白飯と醤油を買っていった客を見てまさかあぶらあげ丼を食べるとは見抜けまい。

パリ :してやったりですよ。そして信じられないことに、2時間みっちり歩いたあとだったからこれが死ぬほどうまくて!

ナオ :うん。うまそうです。というか、パリッコさんがWEBに記録をつけている「枯れごはん」みたいな丼ですよね。

パリ :はは。そうか。いつも通りの食事なだけだった。ちなみに、ここでゴミ袋がないことに気づき、考えをめぐらせた結果、さっき豆乳が入ってたコップがきっちりフタが閉まるタイプだったので、公園の水道ですすいで、一応持ってたんです。

27.jpg
そこにIN

パリ :そこにこのように、残った2枚目のあぶらあげを移し、あぶらあげが入ってたビニール袋をゴミ袋にしてことなきをえました。

ナオ :はは。カップにつまった油揚げ、アートの気配がただよっている。

パリ :台湾とかの最新ファーストフードっぽくもある。

28.jpg
その頃のナオさんは、なんだか楽しそうだった

【3時間目】荒川を越えただけ

パリ :そして歩き出したのですが、そっからはさらになんもなく。

ナオ :なんもなくなるゾーンってありますよね。

パリ :帰れるのか不安になるゾーン。

29.jpg
どうも景色のスケールが大きくなってきたなと思っていたら
30.jpg
荒川を越えることに
31.jpg
抜けの良すぎる景色

ナオ :川幅がすごいな。

パリ :で、荒川のすぐ横にさらにこんな湖があるんですね。

32.jpg
「彩湖」

ナオ :へー、知らなかったなー。

パリ :その彩湖沿いが公園になってるみたいなのと、

33.jpg
ちょうどそっちのほうが北

パリ :らしく、さらにその先に街のようなものが見える。この公園を突っ切ってみることにしました。

【4時間目】相当がんばれば手を使わずに食べられる「カップ IN あぶらあげ」

パリ :次の1時間は、主に「彩湖道満グリーンパーク」で過ごした感じですね。とにかくのんびりしただだっ広い公園で。で、荒川を渡る寸前にコンビニがあったんで、缶チューハイ1本買っておいたんです。

34.jpg
本日初の酒補給

パリ :雰囲気のいいテーブルで休憩しつつ、今日初めての酒! 最高でした。

ナオ :この写真だけ見たら、いつものパリッコさんとまったく同じ。

パリ :わはは。普段どおり。足が棒なことを除けば。

35.jpg
こんなだけど、本当に足は棒なんです

パリ :ちなみに、つまみはもちろんあぶらあげ。

ナオ :ははは! あぶらあげが1日のあちこちに登場してくる。

パリ :ただ、こここそみなさんにお伝えしたいポイントなんですけど、

36.jpg
このカップ入りあぶらあげ

パリ :醤油適量をたらしてフタを閉め、よ〜く振ると……

37.jpg
しっとり

パリ :いい感じにおあげにいきわたりまして。

ナオ :シャカシャカポテトの要領で。

パリ :これで箸を使わなくてもあぶらあげが食べられるんですよ!

ナオ :はは。でもここからどうやって口に入れるんですか?

パリ :いやもう、スナック菓子の最後みたいな感じでザーッと。

ナオ :飲むように食べるんだ。

パリ :そう。だから正確には「箸を使わなくても(相当がんばれば)あぶらあげが食べられる!」なんですが。

ナオ :よくがんばりましたね。

パリ :すごく大変だったけど美味しかったです。その後、少し残ったチューハイを片手に歩きだし、

38.jpg
バーベキューエリアからただよってくる煙をつまみに飲んだり

ナオ :最初からここでゆっくり楽したいような場所だ。

パリ :いいですよね。さらに、

39.jpg
突然のコスモス畑になごみ

ナオ :景色がどんどん天国っぽくなってきてますね

パリ :そうそう! そこで、

40.jpg
ん? 飲める店?

パリ :天国酒場的な店がこんなところに!? と思ったら、金魚とヘラブナの釣り堀でした。

ナオ :あー売店や休憩所でもなく。

パリ :残念。そのあとはさらにずっとこんなですよ。

41.jpg
死後の世界?

パリ :これ見てください。セルフタイマーで土手でのんびりしてる自分を撮ろうと思ったら、

42.jpg
埋まっちゃった人

ナオ :はは。バグみたいな。

パリ :ゲームのバグでここにハマって、向きしか変わらないやつ。

ナオ :ね。こうなっちゃったら電源切るしかないやつ。

いったん広告です

【5時間目】ラストに待ちかまえていたのは……

パリ :公園を抜けて街っぽいところに出てみると、どうやら浦和あたりらしくて。

43.jpg
間違いない

ナオ :はは。私のワールド。

パリ :スズキの世界。の、浦和店。

ナオ :それにしてもすごいなー。石神井から徒歩で浦和まで行けるんだなー。

パリ :長年練馬区に住んでますが、想像したこともありませんでしたね。歩いて浦和。

44.jpg
珍しい、むいてないタイプの猫よけペットボトル

ナオ :iPhone新しいの出るときみたいな。

パリ :そして国道沿いに見つけたんです!

45.jpg
「山田うどん」

ナオ :おお!

パリ :埼玉県民のソウルフード!

ナオ :一度行ってみたい店だ。

パリ :噂には聞いていて、これが! とテンション上がって入ってみました。

46.jpg
最高

ナオ :煮込み? こんなおつまみもあるんですね。

パリ :煮込みです。山田うどんではなぜか「パンチ」というメニュー名で、それのハーフと缶チューハイ。

ナオ :へー! 美味しそう

パリ :これが、こってりとうまくて疲れた体に染みすぎた!

ナオ :山田うどん、こういう組み合わせで飲みスポットとして利用する手もあるんですね。

パリ :うどんを食べなくて申し訳なかったんすが、でもお腹はそんな減ってないし、1杯と1品いただいてサクッと失礼しました。「補給!」って感じで。っていうか、酒のつまみ系もいろいろあるんですよ。そして安い!

「山田うどん食堂」サイドメニュー

ナオ :こんないろいろあるんだなー。最高ですね。

パリ :パンチ、濃いめの味で、汁にモツやら野菜やらの旨味がとろっと溶けてて最高でした。なんかね、メンマが入ってるんすよ。その食感とか塩気もちょうどよくて。今度あらためて山田うどん飲みしたいなと。

ナオ :いいですね! 今後の目標がいろいろできる旅だ。

パリ :そして、ラスト10分くらいの時点で西浦和駅にたどりつきました。

47.jpg
たどり着いた地

パリ :もはや酒場見つけて飲んでもいいでしょ? ここから無理に追いつめなくても。

ナオ :ですね。もうじゅうぶんでしょう。ごほうびタイムで。

パリ :でも、駅前で飲めそうな店が見当たらず。

48.jpg
こんな看板を発見

パリ :すぐ近くの団地に商店街があるらしいので行ってみたんです。

49.jpg
昔ながらの団地商店街
50.jpg
興味深いがちょうど定休日

ナオ :おもしろそう。

パリ :でも飲めそうな店はないんですよねー。で、スーパーが1軒あったので、そこで酒とお惣菜でも買って打ち上げするかな〜と歩いていくと、団地の商店街から道を挟んだ正面にこんな店が!

51.jpg
「トーフラーメン 幸楊」

ナオ :トーフラーメン! なんか美味しそう!

パリ :ゾクっとしました。というのもね、「トーフラーメン」という響きだけで、めちゃくちゃ気になるじゃないですか? 実はこの店のこと、前に雑誌かなんかで見て、すぐにスマホの「いつか行きたい店リスト」にメモっといたんです。場所とかあんまり深く考えず。そしたら、今回の旅の5時間めのゴールに突然現れた。

ナオ :最後の最後で。

パリ :食わない方がおかしいでしょう?

52.jpg
着丼

ナオ :はは! さっきうどん食べなかったけどラーメン食べた!

53.jpg
時刻を見てください

パリ :10時20分にスタートした今回の旅、ぴったり5時間後の15時19分にトーフラーメン着丼。そしてフィニッシュへ。

ナオ :素晴らしいゴール! というか、豆乳、あぶらあげ、トーフラーメンって。実は1日かけて大豆を追いつめてた?

パリ :わはは。むしろ大豆に追いつめられた旅。だってこの「幸楊」、酒類が一切ないんですよ。つまり、ストイックに大ボリュームのラーメンをすするしかない。

ナオ :なるほど。それもまた良しですけどね。

パリ :本当はちょっとした「刺身三点盛り」かなんかでホッピーでも飲みたい気分だったのに、なぜか無心で大盛りラーメンをすすって終了。ただ、まずベースの醤油ラーメンがめちゃくちゃうまくて、そこに、辛くない麻婆豆腐というのかな? 豆腐とひき肉たっぷりのあんがかけてある。はっきり言って、信じられないくらいうまいんです。

ナオ :うまそう!

パリ :ただ、あんがめちゃくちゃ熱くて、ボリュームもすさまじくて、豆腐もたっぷりで、40代の自分にとって、5時間歩くよりこのトーフラーメンを食べきるほうが断然体力的にきついなと。食べるならコンディション整えて臨まないと。

ナオ :リベンジしないとですね。

パリ :ただ、本当にちょっと感動しちゃうくらいうまいので、ぜひナオさんにもぜひ食べてほしいな〜。

ナオ :食べたいです! 絶対に!

54.jpg
これで700円というのもすごい

パリ :行きましょう!

ナオ :電車で行きましょう!

パリ :はは。何も歩いて行かなくても。


最終的に「西浦和」という自分とは一切縁のない駅にたどり着いた僕でしたが、帰りの電車の路線を調べると、たった1回の乗り換えで帰れることが判明。所要時間は40分弱。

あの苦労は一体なんだったんだと虚しくなりつつも、徒歩移動でしか見つけられなかったであろうおもしろいお店や良き大豆料理との出会いもあり、ふりかえれば充実の「追いつめ旅」になりました。北極&南極のお二方、今回は無闇に追いつめてしまって大変失礼しました!

さて、次回はどの地点から、どこを追いつめてやろうかな〜?


▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ