デイリー棒タルZ 2020年10月7日

棒グラフに使える野菜調べ

棒グラフに使える野菜調べです。

『棒グラフを作りたいのに手元にちょうどいい棒がない』

そんな時は、棒の代わりに野菜を使ってみるのはどうだろうか。野菜なら、スーパーに行けば売っているし使い終わったら食べられる。栄養も満点だ。

『でも、どんな野菜を使っていいか分からない』

そんな方のために、棒グラフに使える野菜を調べてみた。

1987年東京出身。会社員。ハンバーグやカレーやチキンライスなどが好物なので、舌が子供すぎやしないかと心配になるときがある。だがコーヒーはブラックでも飲める。動画インタビュー

前の記事:高級ホテルのテレワークプランは楽しいので仕事が捗らない


8種類の野菜を調べた

調べた野菜はこちらの8種類である。

  • タマネギ
  • ニンジン
  • じゃがいも
  • ピーマン
  • 小松菜
  • アスパラ
  • きゅうり
  • 長ネギ

棒状のものを中心に、且つ幅広い野菜を集めた。棒グラフに向いている野菜が必ずしも棒状であるとは限らないと思ったからだ。外見だけじゃ分からないことがたくさんある。それを僕は知っている。

それでは、棒グラフ度が低いものから順に紹介します。

棒グラフ度 20点

DSCN4610.jpg
タマネギだ。

あんな前置きをしておいて結局丸い野菜が最下位にきた。

DSCN4614.jpg
こうして、
アートボード 1 のコピー.jpg
こうしてみる。

棒グラフの様に配置して棒グラフの要素を加えてみたが、全然棒グラフじゃない。まず数値がどこなのかよく分からない。丸いからだ。置き方によって数値が変わりそうなのも見ていてモヤモヤする。納得の最下位である。

(以下、こんな感じで野菜が棒グラフになるか見ていきます。グラフのタイトルに『世界の人口』と入れていますが、野菜が示す値は正しくないのでお気をつけください。正しくは2020年が77億9,500万人、2019年77億1,300万人、2018年76億3,100万人だそうです。総務省統計局『世界の統計2020』より)

棒グラフ度 30点

そして僅差で最下位を免れたのはじゃがいもである。

DSCN4620.jpg
ちょっと角張っていていいかなと思ってメークインを買った。
DSCN4621.jpg
上に隠れた英語は何かな、と思って見たら『POTATO』と書いてあった。…優雅な時間だ。
DSCN4626.jpg
並べる。
DSCN4625.jpg
あ、倒れた。
DSCN4624.jpg
倒れたな…、うふふ…。

じゃがいもを背の順に並べる時間のなんと贅沢なことかと思う。窓から入ってくる秋の風が心地よかった。

アートボード 1 のコピー 2.jpg
倒れたじゃがいもを直し、目盛りを入れるとこう。

タマネギよりいくらか棒グラフらしい。何もなかったら最悪、棒グラフに使えないこともないな、とも思う。

しかし使う際は倒れやすいので注意が必要だ。

棒グラフ度 40点

DSCN4657.jpg
次はピーマンである。ピーマンをモチーフにした竜みたいなキャラクターがかわいい。鶏肉とか好きそう。
DSCN4662.jpg
ピーマンは、この光沢から棒グラフ的な要素を感じる。

この光沢は良い。「僕は情報を伝えるためだけのただの棒ですよ」という、棒グラフの持つクールなスタンスを完璧に再現している。やはり棒状であれば何でもいい、というわけではないのだ。

アートボード 1 のコピー 6.jpg
しかしグラフとしてはすごく見づらい。

質感はとてもいいだけに歯がゆい気持ちになる。やる気はあるし真面目そうなのに、家がものすごく遠い大学生がバイトの面接に来た感じだ。素質はあるのでうまく自分の道を見つけられるように頑張ってほしい。

そして同じく40点なのが小松菜である。

アートボード 1 のコピー 4.jpg
小松菜。

下半分はすごく棒グラフっぽいのに上の葉っぱの部分が全然棒グラフじゃない。どうした、と思う。下半分のまっすぐ「ニョキ」っとした感じのまま、行ってくれよ。「ワサワサー」じゃないんだよ。

これもすごく歯がゆい。いいものを持っているだけに、どうしてそうなってしまったんだ、という憤りがある。しかしピーマンも小松菜も、こうなるだけの理由がそれぞれあるのだろう。みんながみんな、棒グラフになるために生まれてきたわけではないのだ。

棒グラフ度 60点

そして、次に来るのはなんと長ネギである。

DSCN4632.jpg
優勝候補だったが、60点と奮わず。

いまいちだった理由は、並べて見ると分かると思う。

DSCN4637.jpg
長すぎるのだ。

さすが名前に「長」と付くだけある。細長すぎて棒グラフに見えないのだ。

アートボード 1 のコピー 3.jpg
値もよく分からない。

予めカットされているからか長さの違いもなく、意外と上の部分がワサワサしていてグラフとして見づらい。

完全に棒なのに、棒過ぎるがために60点という結果に落ち着いた。棒は棒でも棒グラフにちょうど良い棒というものがあるのだ。長ネギには指し棒とかつっかえ棒とか、そういう長めの棒としての活躍を期待したい。

棒グラフ度 90点

6つ目。ここからはかなり棒グラフだった野菜である。

DSCN4648.jpg
アスパラ。

並べずとも分かる棒グラフっぽさ。

アートボード 1 のコピー 5.jpg
ほら!

しっかり棒状であること、そして値の見やすさに加えて「上昇感」のある野菜だなと思う。アスパラが発する「上に向かって伸びてます」というメッセージが棒グラフにぴったりなのだ。前向きな気持ちになる棒グラフを作れる。

ただ1点だけ注文をつけるとするなら、細過ぎる、という点だろうか。個人的にはもう少し棒1本1本に存在感が欲しい。遠くから見ても分かる棒グラフであって欲しいのだ。

DSCN4654.jpg
遠目からだと少し頼りなさげ。

重箱の隅をつつく様な指摘になってしまったが、ほぼ完璧な棒グラフだった。皆さんも、安心して棒グラフとして使っていただいて構わないと思う。

棒グラフ度 95点

今回、二つの野菜が同率で一位となった。

DSCN4663.jpg
まずきゅうりである。
アートボード 1 のコピー 7.jpg
ほぼ棒グラフ。

棒グラフとして完璧で、アスパラに足りなかった存在感も併せ持っていたことから一位となった。

アートボード 1 のコピー 7a.jpg
ぼかしたら棒グラフにしか見えない。
DSCN4666.jpg
引きで見ても堂々としてる。

不安な点があるとしたら、曲がったきゅうりがもしあったらそれは棒グラフには向かなさそうだ、ということぐらいだ。それ以外は棒グラフとして本当に完璧な野菜である。

DSCN4604.jpg
そしてダークホースだったのがニンジンである。

アスパラに勝るほど、そしてきゅうりと並ぶほど棒グラフだろうか、と思ったかもしれない。しかし見ていただきたい。

DSCN4608.jpg
この堂々たる佇まいを。
アートボード 1.jpg
ほら…! ほらー!

「棒グラフっぽい野菜だな」ではなく「良い棒グラフだな」と思う。本当に歌が上手い人には「良い歌声だな」ではなくて「良い歌だな」という感想を持つものだが、それと同じことが起きた。

まっすぐであること、存在感があること、そしてこの鮮やかさが棒グラフとしてすごく良いのだ。見やすくて明るい気持ちになる。ちょっと錐状になったこの形も安心感があって良い。

完全な「棒」でなくても良い棒グラフになるのだ、という新しい価値観に気づかせてくれたことに感謝したい。

DSCN4606.jpg
ありがとう。

まとめ

以上が今回調べた野菜である。棒グラフ度をまとめると以下の様になる。

棒グラフ度

20点 … タマネギ

30点 … じゃがいも(メークイン)

40点 … ピーマン、小松菜

60点 … 長ネギ

90点 … アスパラ

95点 … きゅうり、ニンジン

長ネギが意外と低かったり、ニンジンが意外と高かったりと、個人的には意外でスリリングな結果となった。

棒グラフを作りたいのに手元にちょうどいい棒がないという方は、是非参考にしていただきたい。


一番かわいいのはじゃがいもだった

今回の8種類の中で一番棒グラフなのはきゅうりとニンジン、一番かわいいのはじゃがいもだった。

DSCN4626a.jpg
ひな鳥っぽさ。
▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ