特集 2020年9月30日

もしも『半沢直樹』がファミコンゲーム化されたら

令和のヒットドラマ『半沢直樹』がファミコンゲームになったら……!?

第1シリーズに続き、第2シリーズもメチャクチャ面白く、盛り上がった『半沢直樹』。もはや国民的人気ドラマといっていい存在です。

しかし残念なのは、横展開の少なさ。これだけ人気があれば、昭和の時代だったら「半沢直樹ボードゲーム」とか「半沢直樹ふりかけ」「半沢直樹カレー」とか色々出ていてもおかしくないのに!?

特に雑なタレントゲーム、映画原作ゲームなどがバンバン出ていたファミコンだったら、確実にゲーム化されていたことでしょう。

……ということで、『半沢直樹』がファミコン時代にゲーム化されていたらどんな感じのものになっていたのか妄想してみました。

1975年群馬生まれ。ライター&イラストレーター。
犯罪者からアイドルちゃんまで興味の幅は広範囲。仕事のジャンルも幅が広過ぎて、他人に何の仕事をしている人なのか説明するのが非常に苦痛です。変なスポット、変なおっちゃんなど、どーしてこんなことに……というようなものに関する記事をよく書きます。(動画インタビュー)

前の記事:検証! エコバッグなしでどのくらい持ち帰れるのか!?

> 個人サイト Web人生

2009_ファミコン半沢直樹イラスト_001_01.jpg

2009_ファミコン半沢直樹イラスト_001_02.jpg

 

000.gif
タイトル画面はまあ。こんな感じなんじゃないでしょうか

「2人プレイ」にすると、半沢の同期・渡真利が操作できたりするのか? それとも単に色違いの半沢が出てくるだけなのか? はたまた半沢の妻・花ちゃん(上戸彩)が使えるというのもいいな……。

こんなことを考えるのも、妄想ファミコンゲーム化の楽しみです。

001.gif
ストーリーの導入部分
002.gif
お馴染みの決めゼリフからスタートです

 ……たぶんこの上司、裏技的にぶん殴ることができるな。

さて、肝心のゲーム本編ですが、心理戦とか金融ゲームとか、そういうのはファミコンユーザーにはちとハードルが高いので……。

003.gif
結局、敵を殴って倒すとか、そういう内容になるんだろうな……

不朽の名作漫画『タッチ』も、ファミコン版ではボールを投げてガイコツや戦車といった敵を倒すという意味が分からないゲームになってたし……。

『半沢直樹』は、第1シリーズで宇梶剛士演じる悪徳社長相手にバトルしてたので、『タッチ』よりは全然マシなゲーム化といえるでしょう!?

いったん広告です
004.gif
敵を倒すと「倍玉」が出て
005.gif
ゲットすると「●倍返し」が増える……とか、そういう雑な要素もありそうです

一応、原作にあった要素をゲームにも取り入れたつもりなんだろうけど、そういうことじゃないよ! ……ということ、よくあります。

たとえば原作『忍者ハットリくん』だと、ハットリくんの飼い犬・獅子丸がチクワ好きという設定があるんですが、ファミコン版『忍者ハットリくん』では、ハットリくんに向かって親父がチクワと鉄アレイをバンバン投げてくるという「違う、チクワが好きなのはハットリくんじゃない! 獅子丸! あとその鉄アレイは何よ!?」と叫びたくなる要素がありました。

006.gif
銀行員の天敵・金融庁検査官がやって来た!
007.gif
〝疎開資料〟を金融庁検査官に見つからないように持って逃げようステージ
009.gif
これもあるな。唐突にはじまる剣道ステージ
008.gif
アドベンチャーステージ。たぶん、こいつが黒幕

こういう、メインのステージとは違ったゲーム性を持ったステージが入ってるとお得な感じがしました。『ポートピア連続殺人事件』の3D迷路ステージとか……。いや、アレは面倒くさいだけだったな。

010.gif
さて、なんだかんだで最大の悪者とご対面
011.gif
あ、やっぱり殴る蹴るで決着つけるんだ。下段キックを繰り返してると……
012.gif
はい、土下座

やっぱり『半沢直樹』をゲーム化するなら土下座は必須の要素ですよね。

他のゲーム性はまったく記憶に残ってないけど、とりあえず敵の身体がバラバラになって吹っ飛ぶ演出だけは気合いが入っていたファミコン版『北斗の拳』みたいなもんです。

013.gif
土下座を強要する上司と、それに抗う半沢

土下座といえば、このシーンも再現して欲しい。

おそらくボーナスステージ的な存在で、一生懸命ボタンを連打すると上司をはねのけ、連打が遅いと土下座させられちゃう……みたいなステージなのでしょう。


雑な原作付きゲームが好きです

どこまで原作を理解しているのか分からない雑なゲーム、やっぱり好きです。

PS5あたりになるとゲーム製作費も莫大にかかってくるので、雑なゲームは作りづらいのでしょう。そういう意味でもファミコンってテキトーなタレントゲームや映画原作ゲームを作るのにちょうどいいプラットフォームだったんでしょうね。

『半沢直樹』はもちろん、羽生くんのスケートゲームとか、藤井くんの将棋ゲームとか、バンバン出ていたと思いますよ。

▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ